<< 今年も 先週の出来事 >>

強くなります

我が家のパグさんが、一番なって欲しくない病気になってしまいました。

癌です。
「肥満細胞腫」という。

私たちの元にやって来てまだったったの一月と半分。
外耳炎やアカラスに罹って、命にかかわらないとは言え、
かわいそうだなぁと思っていたのですが
こんなものまで患わせるなんて…

肥満細胞腫は主に皮膚に現われます。
おできのようだったり、にきびのようだったり、大きくなったり
そして時には小さくなったりもするようです。
そこからヒスタミンを放出し、胃に穴を開けたり、内臓に
転移をして悪さをする悪性腫瘍です。

パグさんを迎える前に、パグの罹りやすい疾患についても
ひととおり目を通していたのですが
肥満細胞腫は平均8~9歳で発症するということだったので
しばらくは無いかなと、それほど気にしていませんでした。

でも肛門の横に小さなおできが出来て、それが少しずつ大きくなって
なんだか嫌な予感がするので病理検査をお願いしました。

そして嫌な予感は的中して、悪性腫瘍という結果が出ました。
6ヶ月の子犬が発病するのはやはりめずらしいようです。
先生もそうおっしゃっていました。

パグさんの肥満細胞腫宣告をされたときの私といったら
もうボロボロで、病院内では何とかこらえたものの
駐車場で嗚咽を漏らして泣いてしまいました。
私の可愛いパグさんが、癌になってしまった。
私の可愛いパグさんが死んでしまう。

だって、まだ6ヶ月のこどもなんだよ。あんまりだよ。
ようやく家が自分の安心できる場所と認識して、
来客にいっちょまえに吠えてみたり
トイレも失敗無くできるようになったばかりなのに。

家に戻ってネットで色々調べても、目に入るのは怖いことばかり。

肛門周辺にできるのは悪性度が高く予後が非常に悪い、とか
多発性は何度もおできが繰り返し出来て、そのたびに手術になる、とか
肥満細胞腫に決め手となる抗がん剤はない、とか
足にできたときは断脚もありうる、とか
放射線治療は愛知県内では出来ないので
三重県まで週に何度も通わないといけない、
そのたびに全身麻酔が必要で、犬にも負担が大きい、とか
そしてそれらがん治療の費用は非常に高額で、
飼い主は精神的にも金銭的にも負担が多いとか・・・

何の自覚症状もなく元気にラグの上でおもちゃにじゃれている
小さなパグさんを眺めては私はメソメソしていました。
若い分、進行が早いのかな、かわいそうだな。

もう、どう考えても月齢とか出来た場所とか不利な条件が重なっているので
いくら前向きになろうとしても嫌なことばかりが頭に浮かんで、
普段はどんなに体調が悪くても食欲を失うことのない私が
すっかり参ってしまい、一週間で4キロも痩せました。

そして、おしりの腫瘍を摘出する手術を受ける事になりました。
パグは短頭種なので、麻酔に不安がつきものということでも有名です。
血液検査やエコー検査をし、肥満度も低く若いので大丈夫でしょう、と
先生がおっしゃったので、全面的にお任せしました。
私では、どうしてやることも出来ない。

手術の前夜は八時から断食断水でした。
パグさんが、普段水を飲んでいる場所に何度も行き、
ウロウロして悲しい声で鳴くのを見てまた私はメソメソ。
パグさんを横に全く眠れないまま、手術の日を迎えました。

腫瘍を根こそぎ取るには、マージン(病変の周りの余分)が必要なので
腫瘍の大きさよりも広く深く摘出することになります。(プラス3センチとか)
パグさんの腫瘍は肛門の横なのでギリギリまでとるものの
ウンコが自分で出来るように機能を残さなければならないので
どうしても一般的なマージンよりも狭くなります。
よって病変の取り残しの可能性も出てきます。

切り取った腫瘍は専門機関で再度病理診断をし、
その悪性度や取り残しの有無、脈官内浸潤を調べられます。
悪性度はグレードⅠ~Ⅲまであり、数字が大きくなるほど予後が悪くなります。

手術は外科手術なので日帰りです。朝9時半に預け、夜8時前にお迎えです。
病院へ夫と迎えに行くと、グッタリしてるんじゃないかという
私たちの心配をよそに、パグさんはとても元気でした。
シッポをブンブン振って飛びついて、興奮気味に夫の顔をペロペロ。
その姿にどんなにホッとさせられたか。
このときに、結果がどうなるにしても、もう泣くのは辞めようと決めました。

そして今日、切り取った腫瘍の診断結果が出ました。

グレードはⅠ。マージンは確保。明らかな脈官内浸潤もなし。
この腫瘍においての1500日生存率は、83%。

かなりの覚悟で病院へ行きましたが、この癌の中では一番マシな結果です。
ほんとうによかった。ようやくひと段落しました。

ひと段落、と完全に安心できないのは、この癌は多発することが多いから。

すでに手術後に、二つ気になるおできが見つかってます。
まだとても小さなものですが、これも肥満細胞腫の可能性があります。
すぐに手術するわけにもいかないので、経過観察中です。

もしこれがまた癌で、グレードが悪いものだったとしても
わたしはもう泣かないように強くなりたいです。

物が言えないパグさんに代わって
私たちができる限りの治療をよーく考え選択して、
パグさんがなるべく苦しまないように、
犬らしい充実した日を過ごせるように手伝うつもりです。
それでもこの先、彼の寿命が平均よりもずっと短いものになるのだったら
それはきっと神様が決めたものでしょうから悲しくても受け入れようと思います。

そう心に決めたら、もの凄くお腹が空いてきました。
もう、少し前までの落ち込みようが嘘のように食べられます。
パグさん、心配してないわけじゃないのよ。
今回のことについて、少し強くなっただけなのよ。

暗い内容の日記なので悩みましたが
もしまた悪魔の肥満細胞腫が現われて落ち込んだら
この気持ちを思い出して乗り切ろうと考え、残すことにしました。

読んで下さった方、ありがとうございました。
[PR]
by nakashik3 | 2010-06-18 14:06 | パグさん | Comments(12)
Commented by ハルタ at 2010-06-18 17:11 x
びっくり・・・私も親戚のおばちゃん気分なのですごく辛いです。読んでて胃が痛くなりました。
ホント、親(飼い主)は強くならなきゃダメだよね。
一番大変なのは本人だもんね。
Commented by お亀 at 2010-06-18 20:13 x
辛かったね、病気って最初ガーンってものすごい衝撃だよね。
そしてそれを噛んで噛んで噛み砕いてやっと消化できるというか
受け入れるというか。。。なってしまったものはしょうがない!
と臨むというか。。。

特に小さいものや弱いものが痛い目にあっていると
自分が変わってやりたいと思うくらい辛い!悲痛!

うちの姉の犬も心臓病が発見されたときはどうなることかと
思いましたがそれでも5年ほど経過しました。
毎日お薬だし、外出できないし、1日中寝てますが
それでもやはり姉といるときが至福のようです!

手術よく頑張ったね!パグさん!

パグさんが心配するから泣かないようにしないとね!
Commented at 2010-06-18 21:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by しゃう at 2010-06-18 22:01 x
胸が苦しいよ・・・ホント言葉が見つかりません。
ゆうまに伝えたら『寂しいねぇ』と悲しそうな顔をしていたけど
小さな体で頑張って手術を受けた話をしたら『パグさんスゴイスゴイ!』と飛び上がっていました。
飛び上がるなんてオーバーリアクションをしたのは、私が悲しんでいたからだと思います。
『大丈夫だよ、ママ』って一生懸命なぐさめてくれるの。
きっとワンコも子供も場の空気をすごい読むんだよね。
辛くて悲しいけれど、やっぱりパグさんの為に!
現実を受け入れ覚悟を決めて強くなったまっちょこ、素晴らしいです。

Commented by しかちゃん at 2010-06-18 22:04 x
元気いっぱいのパグさんの写真を見ていたから、信じられないです。涙
ペットっていっても、愛情をそそいで一緒に暮らすっていうことは家族そのものだもん、つらいですよね。
文章を読んでいて、nakashik3さんのやさしい人柄を感じました。
一日でも長い日を、一緒に楽しく過ごしてあげることがパグさんにとって幸せなことだと思います。
きっと「僕はここの家にきて、おふたりに愛されてとっても幸せだな~」と思ってると思いますよ!私の勝手な想像ですが・・・。^^;
だからもう泣かないでくださいね。
Commented by nakashik3 at 2010-06-19 16:36
★ハルタさん
胃腸風邪で痛めたばかりの胃にストレスを与えちゃってごめんね。
世の中のお母さんたちはきっと、子供が体調を崩したり
怪我をするたびに、こんな胸の締め付けられる思いをしてるんだろうね。
わたしも負けないように、しっかりしないと!
パグさんはアカラスでハゲがでっかくなっちゃったけど元気だよ。
抜糸が終わったら、またそっちのほうまで散歩に行くね!

★お亀ちゃん
そう、最初の衝撃がすごい。先生は癌って言葉を使わなかったので
「これって、癌ですよね?私は覚悟をしたほうがいいですか?」
って聞いたんだけど、その声が震えちゃった。
お亀ちゃんの実家のワンちゃんも不自由ながらも頑張ってることだし
私も頑張らないと!パグさんのことはもちろん、ほったらかしの英語もね!
新しく発見されたイボが悪いものじゃないといいけど
悪いものだったとしても、まけるもんか!!

Commented by nakashik3 at 2010-06-19 16:49
★michicoちゃん
お友達、さぞかし心を痛めてることでしょうね・・・
一日も早く笑顔の毎日が送れるように願うばかりです。

ちょっとびっくりしたんだけど、わたしもmichicoちゃんと同じようなことを
最近ずっと考えてました。
ペットは飼い主に、学びを与えにやってくる、とか
家族の変わりに災いを受けてくれることもあるなんて聞いたから。
きっと今回のことで、私も何かを学んで、成長する必要があるんだろうね。
パグさんのためにも私たちのためにも、いろんな事を考えながら
強い気持ちで暮らして行こうと思ってます。

★しゃうちゃん
約4年間の生存率が83%。
もちろん今回取った腫瘍についてなので
今後多発したらこの先どうなるのかわからないけど
とりあえずこれをなんとかクリアしたいと思うよ。
とても厄介な病気、と聞いてたけどホントに憎たらしい!
体中のイボの元がぜーんぶ消えてくれたらどんなにいいか!!
飼い主が落ち込むと、犬にもそれが伝わるらしいので
パグさんを不安にさせないように明るく毎日を過ごします!
子供や犬みたいに小さな可愛い子たちに、気を使わせちゃイカンね!
Commented by nakashik3 at 2010-06-19 16:59
★しかちゃん
犬を飼うときに、いつか必ずお別れが来るってことは肝に銘じてたけど
さすがに6ヶ月で癌です、って言われちゃうとつらい。
でも、泣いてても癌は消えてくれないもんね。
世界ではもっと超悲惨な状況でも歯を食いしばってる人々が
たくさんいるもんね!!
しかちゃんの言う通り、この先パグさんに私たちのところに来て
よかったと感じてもらえるように暮らしていきます。
過保護にしすぎず、甘やかしすぎず、犬らしく楽しい暮らしをね!
Commented by マル子 at 2010-06-21 18:43 x
小さな体で一生懸命頑張ったね、パグさん。
グレード1と聞いてちょっと安心しました。
海も我が家へ来て1週間目に生死の境を彷徨ったので、自分自身が生きた心地がしなかったけど、あの時はなんだったんだろう・・・ってくらい今はめちゃめちゃ元気で我が家の太陽です。

わんこってなんでこんなに人間の気持ちがわかるんだろうってくらい読みとられているので、悲しんでばかりいたらパグさんも心配になっちゃうと思う。
やっぱりママは笑ってるママが一番だよね♪
うちは怒鳴ってばっかりだけど、それでも尻尾振って甘えてきてくれる、愛おしくてたまらないよ。

先週はなが9歳の誕生日を迎えました。一緒にいられる時間があとどのくらいかわからないけど、楽しい思い出をいっぱい作りたいです。
Commented by nakashik3 at 2010-06-21 21:34
★マル子ちゃん
海ちゃんも大変だったんだね~。
家に来て一週間じゃ、動揺しまくるだろうな。
また時間ができたら、色々勉強させてください!
私もかなりのパニックだったけど、ようやく冷静になりました。
グレードが低かったのも理由の一つだけど、腹を括ると落ち着くね。
パグさんは半分抜糸が終わって、元気いっぱい。いたずらもいっぱい。
今は新しいできものが消えてくれることを祈るのみです。
Commented by ahiahi3 at 2010-06-27 21:13
そうだったんですね、パグさんは大変な時間を過ごしていたんですね。
自分で訴えることのできないパグさんだけど、飼い主さんに愛されて、いつも幸せそうな表情で写真に写っているように見えます。
パグさん共々、頑張ってくださいね。
Commented by nakashik3 at 2010-06-28 09:06
★ahiahi3さん
ありがとうございます!頑張ります!
パグさんに自覚症状がなく、今回の腫瘍のグレードが低かったのが救いです。
今日もいっぱいです!
新たな腫瘍を見逃さないために、体中をチェックする習慣も
スキンシップの一つだと思うことにしてます。

しかし、ワンコの病院&薬、高額です~(笑)。
医療控除や飼育手当て、あったらいいのになー!
<< 今年も 先週の出来事 >>