<< 今日はチュニジアンブリック 悪いパグ >>

家紋

先日、着物を誂える母について地元の呉服屋さんへ行きました。
(昼から暴風雨で大変な一日になりました)


この呉服屋さんは母方の祖母からのお付き合いのようで
私の振り袖や訪問着、小紋、夏着物、色無地、嫁入り道具もここで揃えました。


私の母は着物の仕立て屋(和裁士)で、私たち姉妹の着物はすべて
母が仕立ててくれました。

普段は質素倹約暮らしを望み、贅沢を嫌がる母ですが、
着物は4姉妹にそれぞれ揃えてくれました。

着物の色や帯の色、草履やバッグも、それぞれ顔の違う(あまり似ていない)
四人の娘に似合うものを吟味してくれて、仕立ててくれた。
とても贅沢なことで、大人になった今、本当に感謝しています。
もう、振袖を着られないのが本当に残念。ゴージャスで大好きなのにな。
(ちなみに振袖、私は赤の紅型。次女は山吹色で三女は紺。四女は茄子紺)
でも友達や親戚がたくさん着てくれるのがとっても嬉しい!!
どんどん着てほしいよ。着物は着てこそ、だと思うから。


着物が好きで、結婚してからも時々着物を楽しみ、
お正月には夫とともに着物で新年のあいさつをしていたけれど
パグが仲間入りしてからは、結婚式でしか着ていません。
だって、どうにも派手に汚してしまいそうでしょ・・・
でもできればまた楽しみたいから、カジュアルな洗える着物や
木綿の着物がほしいなぁと最近思います。


さて、その呉服屋さんで、購入した母の着物に家紋を入れてもらうのですが
紋帖で確認をします。
a0107982_20195964.jpg

家紋って、本当にたくさんありますよね!


私の実家の家紋は「丸に違い丁子」という紋なのですが、
a0107982_19473927.jpg
これが大根みたいで、若い頃はいまいちカッコよくないなぁと思っていました。
でも年を取って、嫁に行って実家を離れると愛着みたいなものが涌いてきました。

しかもこれ、ずっと大根?だと思っていたら、
丁子ってスパイスのクローブのことなんだって。
ごめんなさい、御先祖様。大根や人参じゃないのね。
由来や意味を調べるとなかなか面白いです。

新家は本家の家紋を少し変形させたりする事も多いそう。
家系やルーツをたどったり、新たに自分の家紋を作るなら、と
想像するのも楽しそうです。


パグに紋を作るなら・・・・
a0107982_2013616.jpg

やっぱり「丸にパ」だな。
a0107982_20123453.jpg

相変わらず私より先に布団に入り、私の枕を独占します。
パァちゃんは人間じゃなくて、犬なんだからね!
[PR]
by nakashik3 | 2012-04-04 20:26 | 日々あれこれ | Comments(2)
Commented by さとみ at 2012-04-05 09:41 x
最近、パグさんが・・・

小さなおっさんに見えて仕方がありません。

気のせいでしょうか?

以前はもう少し犬の要素があったように思うのですが・・・
Commented by nakashik3 at 2012-04-05 17:48
★さとみさん

時々顔をペロペロされるんだけど、耳が後ろに倒れて
ますます丸顔のおっさんに見えて、思わず顔をそむけちゃった事が・・・
なんか、ハァハァ息も荒いし興奮しすぎるんだもん。

行動も犬じゃない・・・と思うこともしばしばだよ。
寝姿はほんと、おっさん。酔っ払い。
夜中に旦那と、布団をはいでゲラゲラ笑っちゃうこともあるほどだよ~。
<< 今日はチュニジアンブリック 悪いパグ >>