<< クラゲのような一品 色々壊れたけど色々直した! >>

自転車の鍵だってなんとかした!

まだ「自分でどうにかしたしたシリーズ」が続きます。


私の移動手段は9割が車。車がないと暮らせない三河地方出身だからでしょうか・・・
近所のスーパーへの買い物は荷物が多くなければ歩いていきます。

パート先へは秋から春までは歩いていきます。これは運動不足解消のためです。
でもさすがに夏場はキツイので自転車で出勤します。歩いて行ったら滝汗ですから。

私の自転車は、夫がお客様の息子さんが乗っていたものを処分するということで頂いてきたものです。
ちょうど私がそのころに働き始めて、自転車があったらなぁと思っていたので、
運良くといったところでした。お洒落さも全くないし、あちこち錆びていたけど、
5分程度の通勤にしか使わないのだからそれで全然構いませんでした。走ればいいんです。

夫が篭をステンレスのものに交換してくれて、私の20年ぶりの自転車ライフが始まったのですが
今年の秋に鍵を無くすという大失態を・・・どうしよう、スペアなんてないよ・・・

幸い今日まで歩いて仕事に行ける季節だったので放置していたのですが
年によっては5月には暑い日もちらほら出てくるので、そろそろどうにかしないとなぁと気になっていました。


と、前置きが長くなりましたが、これもどうにかしてみよう、と自分で鍵を壊すことに。
夫は「車に積んで、自転車屋さんに持っていけばいいんじゃないの?」と言いましたが
なんとかなりそうな気がしたので。

最初、家にある工具で触ってみたけど、ビクともしない。トンカチで叩いてみたりもしたけどダメ。
そりゃそうだよね、そんな事ですぐに外せるようでは、鍵の意味がないものね。


それでは、と「廃品を小さくする鋸」という商品をホームセンターで購入。1000円ほど。
金属を切るための鋸もついてます。これなら今後利用する機会もありそうなので。
a0107982_1650380.jpg


これで後輪をガッチリロックしている鍵のリング部分をぶった切ってやろうというわけです。

混み入った場所なだけに、20分ほど苦戦しましたが、切断できた!!
a0107982_16504866.jpg


この自転車の鍵、後輪部分をロックすると、自動的に前輪もロックするタイプ。
もう一か所もワイヤーを食いきりでぶった切って、分解して外せました。
a0107982_1651696.jpg

日本を代表するメーカー、パナソニック製とあってか、思いのほか頑丈でした。疲れました。

ついでに死んでいた変速機も外して、私の通勤自転車、無事、復活!!
a0107982_16513360.jpg


やったよ、私。頑張った!

でも手はボロボロになったよ・・・でも達成感で胸いっぱいだよ(大袈裟)。
a0107982_16515243.jpg



今回も何とかなりました。新たな鍵は、バックパッカー時代に使っていたワイヤー鍵を使うことにします。

パグもおむつ姿で応援してくれました。多分。
a0107982_16521453.jpg


無事終わったから、遊ぼうね!
a0107982_16525189.jpg

[PR]
by nakashik3 | 2014-03-04 16:57 | 日々あれこれ | Comments(2)
Commented by しかちゃん at 2014-03-07 14:16 x
DIYづいてるね!
がんばった手が痛々しいけど、自転車かっこいいね。
北欧とかDIYで家の改築とか自分の好みに出来ちゃうのって憧れるよ〜。
お家とかもこれからどんどん素敵になりそうだね!
ふすまも昭和レトロから現代モダンになってGOODだね^^
ちなみにうちの父は内装屋さんです。
ちょっとココ張り替えてっていうとやってくれます(*^^)v
Commented by nakashik3 at 2014-03-07 22:08
★しかちゃん
わが家は手の付けられない(手に負えない)レベルの傷みが多くて
途方に暮れることも多いんだけど、それでもちょっとずつ心地よくしたいと思ってるよ。
でもこれ以上はどうにもならん気が・・・いずれ引っ越すので家具も買いたくないしねぇ。
もうあとはグリーンとか絵とかそういったもので好みに仕上げていくしかないね。

私の理想は、晩年、田舎にデレクジャーマンのプロステクトコテージみたいな
小さな小さな平屋を建てて、本当に必要なものだけ揃えて暮らすこと。
そのころになれば、好みも定まっているだろうし、物欲もそれほどないだろうから
シンプルに無駄なく暮らせそうだよね。

その時までは試行錯誤しながら貧乏暮らしを楽しみます!

あ!うちの実家の父も建材系の会社だよ!貼ったりはできないんだけどね(笑)
<< クラゲのような一品 色々壊れたけど色々直した! >>