<< 肉鬆(肉でんぶ)を作ってみた 5回目の台湾旅行⑤ >>

口の中に・・・

お久しぶりのパグヤマ、相変わらずの食欲で元気にしてます。
a0107982_15224464.jpg

なんなんだ、この生き物は・・


少し前に角膜に色素が沈着する、パグのような鼻ペチャ犬に多い目の病気がわかりましたが
これはヒアレイン点眼で様子を見ています。
眼圧検査等してもらいましたが異常はなく、目もちゃんと見えているようです。
心配ですが、この色素沈着が消えることはないようなので、進行させないように気を付け
何かおかしいことがあれば、病院へすっ飛んで行くようにしています。

皮膚や耳は今のところ良好。
この一年、皮膚はとても状態が良いので、維持できるといいなと思います。

でも、今、気になることが・・・

口の中、歯茎に3ミリくらいのプリンとした出来物が横並びで2つ出来ているんです・・・
本当に我が家のパグはイボ体質です・・・いつできたんだろう・・・

びっくり仰天して病院で相談したところ、とりあえずの所見では悪性ではなさそう。
ただ、そう見えて悪性でした、と言う例も少なくないので様子を見ていてくださいとのこと。
悪いものだと急激に大きくなったり形が変わったりするようなので
毎日唇をべろーんとめくり上げてチェックしてます。今のところ変化はなし。
色々調べてみると、エプリスってやつかなぁ。もちろん細胞診をしてみないとわかりませんが。
良性とはいっても、中にはあごの骨に浸潤するタイプもあるし、
そうでなくても大きくなりすぎると切除が必要です。また再発も多いみたい。

もう、全身麻酔の手術は避けたいなぁ。

パグには毎日「頑張って自己免疫でやっつけようね」と言っています。
(実際にそう言っていたら、顔と脇のパピローマは消滅した!)

思えば私も随分図太くなりました。
最初の肥満細胞腫が見つかった時などは、この世の終わりのような気分で
ちょっとのできものに狂ったように反応し青ざめ、あたふたしていました。

でも最近はパグの生命力を信じています。
もちろん過信は良くないけれど、とりあえずお医者さんに相談したら
必要以上の余計な心配はなるべくしないように心掛けています。
きっとパグは大丈夫。
もしまた手術になるのなら、その時に大いに心配することにします。

だって、せっかくパグが楽しそうにしてるのに
飼い主が先案じして暗い毎日を送ったって、良くなるわけじゃないもの。
犬の命はそれほど長くありません。なるべく毎日をともに笑って過ごしたいのです。

当のパグさんは、私が口の出来物に仰天したことも知らず
芋園をくれくれと泣きおどしまでしています。芋とパンは我慢が出来ないのです。
a0107982_15195743.jpg

a0107982_15201641.jpg

腹が膨れると眠り、起きると人形を私にこすり付け「遊べ」と訴えます。

ベッドに入る前には夫に全身を拭かれますが、それでも起きません。
a0107982_15222283.jpg

a0107982_1522737.jpg


こんな、しょうもないけど平和な毎日が、一日でも長く続きますようにといつも思っています。
[PR]
by nakashik3 | 2014-04-28 15:31 | パグさん | Comments(4)
Commented by ひろせんせ at 2014-05-01 06:29 x
ぐうたら人生ですね。おっと、ぐうたら犬生ですね。でも、なんだかうらやましい・・・。
Commented by nakashik3 at 2014-05-01 15:26
★ひろせんせ
そうなんです、基本的にぐうたらなんです。
でも食べ物が絡むと猛烈にアグレッシブパグになります。たまに怖い。
Commented by ahi at 2014-05-09 09:16 x
遅くなりましたが、台湾のディープな旅行の記事、すごく楽しませてもらいました♪どれもこれも美味しそうで、旅行熱が沸々しました!

それにしても、このパグさんの表情!! 極楽~って感じで身をゆだねてるの、可愛い★
Commented by nakashik3 at 2014-05-10 07:47
★ahiさん
台湾、もうすでに行きたくなっています。食べ忘れたものが多くって・・・
毎度毎度、屋台料理に惹かれます。

三重や石川の棚田とか、高松のうどん巡りとか、国内にも行きたいところだらけ!
わがままパグも連れて日本一周もいいなぁ。
<< 肉鬆(肉でんぶ)を作ってみた 5回目の台湾旅行⑤ >>