「ほっ」と。キャンペーン
<< ディルがたわわ 久し振りにチャー・カー >>

おにぎりへの道は果てしなく遠い・・・

台湾おにぎり飯糰を作るべく、何日もかけて中の具材を用意しました。

菜脯(台湾風切り干し大根)は干す前に小さく切り過ぎちゃって、これでいいのか微妙・・・
油條(揚げパン)はあまり膨らまなくってブサイクで、これまた微妙・・・
肉鬆(肉でんぶ)は個人的には色々使えて、なかなかの出来だったけど
おにぎりの具にするにはもう少し濃いめの味付け方が良かったのかも・・・
玉子焼きは(お店によっては煮玉子)どんな味付けなのか記憶になく・・・
春菜みたいな野菜は、なんの野菜なのかも不明なうえ、
漬物なのか茹でたものなのかも分からないので省略してしまい・・・
そして何よりお米の割合(もち米・黒米・うるち米)がよくわからない!
a0107982_95717.jpg


でも、はやる気持ちを抑えきれずに、とりあえず作ってみた。

a0107982_944727.jpg

ラップにご飯を敷いて、具をのせて巻くだけ。

結果は・・・美味しくない(号泣)

まずおにぎりの命、お米が全然違う~!もち米を増やした方がいいのかなぁ。
握り方、力の入れ加減も甘かったかなぁ。
御飯と具材のバランスも悪すぎる!米、多すぎ!もっと薄くするべきでした。
全体的に、なんだかとってもぼやけた味のおにぎりになってしまって、
よほどのことがないと「不味い」と言わない夫も私も(私は不味いという言葉が好きでない)
「・・・おいしくない・・・っていうか不味いね・・・」
とこぼしてしまった。

初めての飯糰、大失敗です。もう、涙出そうよ~。
干したり焼いたり揚げたりいろいろやったのに~。

でも。
ローマは一日にしてならず。飯糰も一日にしてならず。
美味しいおにぎりへの道は遠いのです。
失敗は成功のもとと信じて、いつかきっと大満足の飯糰を作り上げるぞ!!
次回台湾へ行ったらじっくり見て食べて、しっかり脳に焼き付けたい。
こんな課題を持つことも、私の旅を楽しくしてくれます。

パグはテーブルの下で「美味しくないんなら、私が食べましょうか?」って言ってるみたいだった。
a0107982_97130.jpg

そうは問屋が卸さないのよ。
[PR]
by nakashik3 | 2014-05-15 09:13 | 異国料理を作る | Comments(0)
<< ディルがたわわ 久し振りにチャー・カー >>