<< 思い出の味をもう一度 最近の日々 >>

忙しいけど充実

さて、帰国して一ヶ月以上がたつのですが・・・

なんかね、もう、“旅してたのが幻だった”ような感じ。
長期旅行を経験し帰国た方のブログで、そんな感想を述べる方々を
時々見かけて、そんなもんなのかなぁなんて思っていたけど
ほーんと、そうなんです。あっという間に、脱・旅人!
毎日、「日本での生活」を実感しています。
働きに出ていない私ですらそうなんだから
夫などは私の比でないかもしれません。

頻繁に旅できる、うらやましい生き方をしている方はそんな感想を持たないかもしれませんが
私たちにとって世界一周は、一生に一度の人生の楽しみを前倒しにしたようなものだったので、
「さぁ、一年やりたいことだけをやってきたんだから
 これからは旅に出る前以上に頑張って、みんなを安心させられるような生活をするぞ。」
みたいな気分なのかもしれません。
まだ、帰国後のバタバタが続いているので、振り返る余裕がないだけかもしれませんが・・・
生活が落ち着いたら、ゆっくりと旅の思い出を回想したいです。
 
まだ引越しも済んでいないので、新生活が始まったとは
言い切れないのですが、いろいろなことが少しずつ動いています。

まず、家のリフォームが始まりました。
古い壁や床、天井が綺麗になると部屋が一気に明るくなり、新生活が楽しみです。
庭も、自分で手を入れようと思っていたのですが
プロの業者さんに入ってもらって、一通り綺麗にしてもらいました。
ガーデニング・・・なんて一瞬思ったけれど、実用的な葱とか植えちゃいそう。
食いしん坊にはもってこいのプチ菜園になりそうですわよ。
まったく、色気がないのは旅に出ても変わっていないようですな。

今は、私が学生時代から父と9年過ごしたアパートで仮住まいしています。
ここは、私が出た後も父と妹たちが代わる代わる住んでいたので
約16年借りていることになるのですが、今月いっぱいで引き払うことに。
そのためここも大掃除。
ものすごく懐かしいものや恥ずかしい写真などが出てきて笑えます。
こけしみたいな髪型や、とんちんかんな洋服を着ている自分の写真がでてきて、
なんだか若かりしころの過ちを見たような気分に・・・

アパートは桜並木沿いにあるため、部屋からすばらしい花見ができました。
青春の思い出がぎっしり詰まったこのアパートでの最後に、美しい桜を見られて良かった。
桜の散った枝から、若い新芽が勢いよく芽吹いているように
私たちの新生活も力強く生き生きとしたものにできたらなぁと思っています。
[PR]
by nakashik3 | 2009-04-15 16:13 | 日々あれこれ | Comments(4)
Commented by ahiahi3 at 2009-04-16 05:36
はじめまして。 たまたま通りかかった者です。
私も海外旅行をしていて、ちょうど1年前に帰国し旅が幻だったような感覚で毎日を過ごしています。 
さっとブログを見させて頂きましたが、懐かしい風景や未知の国など興味深かったので、これからゆっくりと読ませてもらおうと思います^^    よろしくお願いします♪
Commented by syau at 2009-04-16 19:41 x
あの私にとっても青春ぎっしりのお部屋を引き払うなんて淋しいわ(:_;)
桜も見たかったなぁ・・・手に取れるように近くて素敵なんだよね。
全然違うかもだけど、育児も過ぎてしまうと1年前がすごくなつかしくてウソみたいなんだよ。
叫びながら走り回る我が子を見ていると、1年前のヨチヨチゆうまなんて思い出せない^^;
どんなこともその一瞬一瞬を思い切り満喫しないね!

・・・連絡まっているよぉぉぉ。
Commented by nakashik3 at 2009-04-16 21:43
★ahiahi3さま
コメントありがとうございます!
なんでこんなに幻みたいになっちゃうんでしょうね・・・
早く落ち着いて、のんびりあれこれ回想したいです。
私もブログ、拝見させていただきました!
手作り(サンプル)あり、美味しそうなものあり、大自然ありと、
とっても興味深いです!楽しい!これからも見たいです!
こちらこそよろしくお願いします!

Commented by nakashik3 at 2009-04-16 21:48
★しゃうっこさま
そうよあの、腐ったオレンジを片付けてもらったアパートよ。
思い出の片鱗がぽろぽろ出てきてて笑えます。
シンク下から1996年の調味料が出てきてびっくりしたよー。
今年もベランダや部屋から桜の枝に触れられるほど
接近して桜を鑑賞しました。
桜の木下までしゃうっこの車で迎えに来てもらって
スーパー銭湯やこってり中華チェーン店によく行ったね。
あれから10ウン年。そりゃぁ、おばさんになるはずよ~。
<< 思い出の味をもう一度 最近の日々 >>