「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ecuador( 13 )

さよなら、キト・エクアドル

約2週間滞在したキト。
スペイン語学校がメインで、結局大した観光はできなかったけれど
なかなかの充実振りでした。

学校も終了し、ほんのちょっとだけ理解し(結局私たちのレベルが低すぎて
時間が足りず、過去形まで習えなかった…ここからは個人的にがんばります)
チケット購入や宿の空き部屋を聞くときに、片言のスペイン語がなんとか
使えるようになったかなぁといった感じ!
それだけでも行った価値があったかなぁと思っています。

南米で会う旅人はなかなかのつわものというか、個性豊かで
また長期やリピーターがとても多く、いろいろな話を聞くことができて
本当に楽しかった。
ご飯はレパートリーが少なく正直飽きちゃったけれど
果物はおいしかったなぁ!

そんなキトにさよならして次はあっつあつのお湯だと噂のバーニョスヘ。
キトから3時間半ほどの場所にあります。

盗難が多いとの噂のバスを無事にやり過ごし、宿を押さえてすぐに温泉へ!
バーニョスは山に囲まれた小さな町でこれまたのんびりした感じ。
温泉からは滝を眺められ、お湯も熱々で大変気持ちがよろしかったです。

のんびりしていたいところですが、気がついたらエクアドル滞在もすでに
一ヶ月近くになってる!そろそろ高速移動しなければなりません。

「体を念入りに洗って、化粧はしないように」と夫が言うので何事かと思ったら
「はい、今からぶっ通しでペルーのリマまで戻りますのでがんばってください」

!!リマまでいったい何時間かかるんだろう…丸2日くらい?
山越えのバスは揺れるからバス酔いも怖いし、しんどいなぁ。
わたしは中継地で一泊ずつしたいんだけどなぁ!

で、途中でバスがぶっ壊れて2時間以上真っ暗な山の中で震えたりといった
ちょっとしたハプニングがあったり、そのせいで乗り継ぎに失敗して
何にもないピウラで予定外の一泊をしたりと思い通りには行かなかったけど
無事、ペルーのリマに到着しました!

一ヶ月振りのリマは、ずいぶんと暖かくなってる!
今回は旅人に聞いた宿にチェックイン。
コロニアルな建物で雰囲気は最高。
以前は学校だったとかお金持ちの邸宅だったとか噂は聞いたものの真相はわからず。
ダブルのトイレバス共同の部屋で一泊約1400円くらいです。
のんびりしたいところですが、ここは少し急いで明日の飛行機でクスコへ行くことにしました。

日本人があこがれる世界遺産第一位に輝いたマチュピチュはもうすぐです!
[PR]
by nakashik3 | 2008-11-18 01:15 | ecuador | Comments(2)

カラフル!お土産天国

スペイン語教室もお休みにして、毎週土曜日に催されるマーケットへ行きました。
バスに揺られて2時間。オタバロという街に到着です。

エクアドルでは週末にインディヘナによるマーケットがいくつかあり
彼女らの手作りの民芸品を手に入れることが出来るのですが
ここオタバロの民芸品は、とってもカラフルらしい。

ずーっと買い物は控えてきたけれど、ここらでいくつか欲しいものを買って
日本へ送ってしまおうと、とても楽しみにしていました。
エクアドルと、ボリビアは安くてかわいいものが沢山あるっていうからね!

着いてみたら、あるある。
ここは編み物・織物が沢山!そして本当にカラフル!
ニットキャップ、セーター、手袋、靴下、タペストリー、クッションカバー…
本当にカラフルでかわいいものがいっぱい!
特に民族系のものに興味のない私でも、久々に買い物魂に火が…

私が買ったのはほとんどが子供用のもの。
甥っ子が帰国時には1歳のかわいい盛りなので、ついつい。
だって、手編みの子供用セーターが5ドルなんだよ。いいの?
あとは友達の子にお土産として、小さなリュックとか。
おばあちゃんが編んでいた大人用のニットキャップも2ドルと格安でお買い上げ。
うれしいなぁ、いっぱい買っても50ドルくらいなんだもん。

この女の子のお店では子供用ニットキャップを3つお買い上げ!
a0107982_4532868.jpg


ここでは化粧品ポーチを。
a0107982_4534984.jpg


ここは子供用のニットジャケットを。フードが着いててかわいい!
a0107982_4541127.jpg


エクアドルのマーケットは帽子が豊富。ここにもパナマ帽がたくさんありました。
a0107982_4542965.jpg


路上でパフォーマンスする家族。小さな女の子のリズム感に呆然。
子供のころから踊れるのね。さすがラテンの血。
a0107982_4544619.jpg


サンポーニャをはじめ民族楽器もちらほら。
a0107982_455531.jpg


このでっかい羽、映画の世界です!背負って踊るのだろうか??
a0107982_4552885.jpg


毛糸と糸の間くらいの太さの糸束が。半端ない大きさです。欲しいかも・・・
ミサンガとか刺繍用なのかな。
a0107982_4554965.jpg


真ん中の太陽がアップリケしてあるのが子供用リュック。カラフルでかわいいでしょ。
a0107982_4561135.jpg


お天気もよく、活気があり(おいしいものも!)とても楽しかった!
まだまだ南米には楽しいマーケットが盛りだくさん。
お土産探しが楽しみです!
[PR]
by nakashik3 | 2008-11-10 05:09 | ecuador | Comments(2)

スペイン語は習いやすい?

苦戦中のスペイン語。
毎日教室に通って、図書館で復習して、部屋では夫と質問の出し合い。
本日までに100くらいの単語と数字、時計の読み方、
知っている単語で簡単な肯定&疑問文を作れるようになりました。

スペイン語は、代名詞によって動詞の後ろがそれぞれ変形し
それによって主語が分かるので省かれ、最初はそれに混乱。
英語のBE動詞にあたるものが二つあったり、
単語に男性形・女性形があって、それにつく定冠詞・不定冠詞がそれぞれ違ったりと、
なんだか覚えることが沢山。ああ、一回読んだら頭に入る天才がうらやましい…
基礎を学びたいなら、やはり最初はひたすらこれらの法則を暗記するしかありません。

それでも日本人にとって、スペイン語は習得しやすい言語らしい。
まず発音が近いことが挙げられる理由みたい!
ロシア語はもっと発音しやすいらしいけど、文字がキリル文字なのでそこがネックらしい。
うーん、英語ってこんなに難しかったっけ??
私の脳みそが退化してるから??

せめて過去形くらいまではなんとか頑張って習得したいです。

観光は全く出来ないけど、宿の屋上からパネシージョの丘が見えます。
しばしこれで慰めを。

小柄な女性が私たちの先生、マルタ。優しくていい先生です。
a0107982_335049.jpg



今日は久しぶりに晴れて観光日和…
a0107982_335248.jpg



宿屋上からの眺め。
a0107982_3355140.jpg

[PR]
by nakashik3 | 2008-11-07 03:37 | ecuador | Comments(2)

ス、スペイン語~!!

さて先日お伝えしましたとおり、スペイン語学校へ入校しました。

キトは南米でもスペイン語の発音が綺麗らしく、沢山の語学学校があります。
少し値引き交渉をして、二人で一人の先生についてもらい一日3時間を一週間で
2万円弱でした。

エクアドルは物価がとても安いので、安宿に泊まって、3食を安食堂で済ませて
毎日お茶して、ちょっとした観光をしても一日二人で3000円を超えません。
バスなども国内路線はめちゃくちゃ安い。
この国での2万円は相当大きな金額ですが(今の宿に、二人で50日宿泊できる!)
日本のそれに比べたらかなりの格安感がありますねー。
という訳で、焼け石に水かもしれないけど久しぶりにお金を出して学ぶことにしました。


でね、昨日今日と行って来たんだけど・・・

激ムズ!!

30過ぎてほんっとに、物覚えが悪くなってる!!
単語を暗記をするのも、文法を理解するもにすごく時間がかかるし、
なんといっても赤ん坊と同じくらい何も知らないから先生も大変!
辞書も持ってきていない!
アルファベットが30あって英語とはぜんぜん違うことも知らんかった!
rrの発音なんて、そばにいた人が笑い出すくらいに酷い出来栄え・・・
当たり前だけど復習をしなくちゃ、何にも覚えられないし次の授業が全く分からなくなりそう。

おかげさまでこの一週間は、観光もなしでひたすら基礎を叩き込む勉強週間です。
午後からは観光に・・・などと思っていたのですが、甘かったなぁ。

でもきっと、これはいい機会なんだろうな。面白いなと思う部分もあるし。
緩みまくった脳みそに少しは喝を入れるのもいいでしょう。
勉学から離れてもう10年以上経つので、コツもすっかり忘れててわれながら情けない。
でも先生の「ポコポコ=少しずつ」を励みに頑張ります!

ああ、なんだか痩せそうだわよー。
[PR]
by nakashik3 | 2008-11-05 04:41 | ecuador | Comments(2)

首都キトへ

リオバンバからバスで3時間半ほどかけてエクアドルの首都、キトへ到着しました。

最近、南米周遊は一都市の滞在が長くなるような気がしています。
ヨーロッパはなんと言っても宿代が高かったので、何もせずにのんびりということが
なかなか出来なかったのですが、南米は宿代が安いので、暮らしを楽しむくらいの
感覚もいいかなぁと思います。

さてキトの宿ですが、これまた超有名日本人宿。
二人でトイレ、シャワー共同のダブルの個室4ドルという安さ。
キッチンも情報ノートもあり、洗濯も屋上で出来ます。
お客はほぼ日本人。おじいちゃんのような方から若い人までさまざまです。
これだけ安くても、我慢できないほどの汚さはなし。
夜、少し賑やかなのと、シャワーのお湯が冷たいときがあるのが玉に瑕ですが
私たちは快適に過ごせそうです。

宿代がこれだけ節約できるので、しばらく滞在し、スペイン語教室に通うことにしました。
超入門コースに10日くらい通おうかなぁと思っています。
久しぶりに勉強用のノートとシャープペンシルを買いました。
新しいことが簡単に覚えられなくなってきている最近ですががんばります!
5ヶ月ほど南米にいるので、少しは話せるようになるかなぁ?

さて、今日は死者のお祭りがありました。
由縁などは全く分からないのですが、日本のお盆みたいなものなのかな?
バスを乗り継いで1時間ほどのカルデロンという街を訪れました。
期待したパレードとか、そういったものはなかったけれど、縁日みたいに
通りに出店や屋台が沢山並んでいたので、ひたすら食べていました。
墓地では沢山の人が、お墓を花や装飾品で飾ったりしていて
日本では見られない文化を垣間見れてうれしかったです。
広場ではメキシコの“老人ダンス”が催されていて、今回メキシコに行けない
私たちはこれもうれしかったです。

a0107982_6545420.jpg


a0107982_6551698.jpg

何度も言うけどジャガイモが本当においしいのです!
ハツの炒め物と一緒に。美味い!
a0107982_6553374.jpg


老人ダンス。コミカルで面白い!
a0107982_656362.jpg
a0107982_6562277.jpg



キトは到着してからずっとへんてこな天気で曇りがち。で篭もりがち。
まだまだ観光できていないので、午前中スペイン語、午後観光で行こうと思います!
[PR]
by nakashik3 | 2008-11-03 06:59 | ecuador | Comments(3)

ハプニング列車

クエンカからバスで5時間半。
あいにくの雨模様のリオバンバへ到着しました。

バスを降り、旅人に教わった宿へ。ここも一人5ドル。安くて助かるよー。
鉄道駅から数分の好立地で、トイレ・シャワー共同です。
部屋はそこそこきれいでクラシカルなTVもあり。屋上で洗濯も出来ます。
キッチンはないけれど、夜には駅周辺に屋台が並ぶので食事にも困りません。
同じ宿に、私たちの両親と同じ世代のご夫婦が宿泊されていて
旦那様の10年掛けての世界旅行のお話がとても興味深かったです。

さて、ここでの目的は、世界唯一の屋根に乗って崖っぷちを走る観光列車に乗ること。
列車上からの景色は素晴らしいそうで、期待も膨らみます。

列車は朝7時半の出発。
でも眺めのいい進行方向右側のスペースは、とても人気があるので遅くとも
5時45分には駅に向かったほうがいいらしい。
夜半から土砂降りの雨が続き、これはむりかなぁと思っていたのですが
宿を出る時に奇跡的に止み、傘もポンチョも使わずに済みました。

早速列車に乗り込み、ベストポジションを確保!
早起きしてよかったねぇ、などと盛り上がっていました。周りの乗客も同様。
a0107982_984391.jpg
a0107982_985953.jpg


そしていよいよ出発です!
少し寒いけど、気持ちの良い朝の風を切って列車はグングン進みます。
a0107982_993973.jpg


市内を走り、ユーカリの林を抜け、丘で草を食む牛や羊を眺め、気分も高まってきたその時!

ガガガドゴドゴーと列車が揺れ、大きな音がしました。
乗客がふざけ半分ではあるけれど、ソコーロー!(助けて!)と叫び、列車は急停止。

脱線です!!

私は脱線など初めての経験なのでびっくり。
後で知ったんだけど、この列車、脱線は日常茶飯事らしい・・・
a0107982_910946.jpg
a0107982_9102412.jpg


一時間ほど掛けて復旧し、乗客はみな拍手喝采!
また素晴らしい景色を眺め、山岳民族の子供たちに手を振り続け、楽しいー♪
a0107982_9111534.jpg
a0107982_9113355.jpg


と思った矢先に!

また脱線!!

その後、トータル4回脱線し、結局後ろ3両を切り離し最寄り駅で終了。

ガーン!!ここからが見所だって言うのに!朝早くがんばって起きたのにー!
鉄道スタッフの説明がスペイン語なのでちんぷんかんぷんで
この先どうしたらいいのかさっぱり分からず途方にくれました。

仕方ないのでリオバンバに戻ろうと思い、そこへ向かうバスに乗ろうとしたら
同じ車両にいたスペイン人乗客が、それに乗らずにこれに乗れ!と何度も英語で言うので
よく分からないままアラウシという、当初この列車で向かうはずだった街へ行くバスに
まさに飛び込むように乗りました。

一時弱でアラウシに着いたら、ここからまた列車に乗れるというではないですか!!
ハイライトのアンデスの崖っぷちと「悪魔の鼻」と呼ばれる山が見れる~!
何人かいた日本人乗客の大半は、よく分からないまま帰ってしまったので
結局このルートまでこられたのは私たちを含め5人だけでした。
なんだか彼らに申し訳ない気持ちになりました。
せめてやっぱり基本だけでもスペイン語が分かったほうがいいなぁと痛感。

ここからはコンパクトなバスのような列車でした。
屋根にも乗れるつくりになっているのですが、雨が降ってきたので日本人は車内席へ。
欧米人は激しい雨の中でも率先して屋根に上り、やはりたくましい。風邪引くよ…
a0107982_912555.jpg

a0107982_9124236.jpg


ここからの風景は苔生した山々が連なり、さすがといった感じ。
少し雲がかかっていたけど悪魔の鼻もばっちり見られました。

崖っぷちもかなりギリギリな場所が多く、車内からでもどきどき。
屋根はさぞかし恐ろしかろう…
a0107982_9132379.jpg
a0107982_9134821.jpg


余談ですが、車内に相当な電車オタクと思われる西洋人がいて
運転手さんにかなりしつこくあれこれ質問していて笑えました。
私は運転手さんが運転に集中してくれないと、また脱線するんじゃないかと
ちょっとハラハラ。降りてから聞いてください!と念じましたが無駄でした。

今回はさすがに脱線もなく、とても素晴らしい体験が出来ました。
結局予定を半日オーバーして終了となったので、キト行きを諦め
バスに乗ってまたリオバンバに戻ってきました。

なんだか朝から晩まで!!!やら???やらの連続で大変でしたが
これもまた楽しいたびの思い出のひとつとなりそうです。
[PR]
by nakashik3 | 2008-11-01 09:15 | ecuador | Comments(2)

クエンカで充電

当初2.3日かなぁなどと思いながら訪れたクエンカでしたが
気が付いたら一週間も滞在していました。

長居の一番の理由は宿の居心地のよさ。
オーナー夫婦がとても陽気でホスピタリティーに溢れ、うれしかったです。
周辺にはスーパーも食堂もネット屋もあり便利で
キッチンもあったので久しぶりに照り焼きチキンを作ってみたり
バルコニーで景色を眺めながらのんびりコーヒーを飲んだり、ゆっくり出来ました。
日本人観光客もちらほら滞在していて、情報交換も出来ました。
一人5ドルじゃ、なんだか申し訳ないような気分。
もしまたチャンスがあるならば、次回もここに宿泊したいです。
a0107982_8202658.jpg
a0107982_8205389.jpg


そして静かで程よく見所のある街が。私たちの今の気分に合ったのだと思います。
南米に入ってから夫婦ともに体調を崩し、小康状態がダラダラ続いていたのですが
2日ほどで高地にも慣れ、体調も絶好調!それも手伝ってとても楽しい滞在でした。

先日はバスで一時間ほどの場所にあるインディヘナ(原住民)の市へ行って来ました。
思ったほどの規模ではありませんでしたが、カラフルな民族衣装を纏った
インディヘナの女性が沢山いて、見ているだけで楽しかったです。
a0107982_8211221.jpg

バスターミナルにあった観覧車の速度は、係員の匙加減次第らしい。
a0107982_8212798.jpg



次は山に囲まれた小さな街、リオバンバへ向かいます。
世界で唯一屋根に乗って崖っぷちを走る観光列車に乗ってきます!

クエンカ最後のご飯はバスターミナルで。
ピラフみたいなものの上に焼きバナナが。生食のバナナとは違うもので
ホクホクとサツマイモの様。少し酸味があっておいしいです。
ジャガイモとバナナは種類も豊富でとてもおいしく、いろいろ試したくなります。
a0107982_8252715.jpg

[PR]
by nakashik3 | 2008-11-01 08:26 | ecuador | Comments(0)

湯に浸かりたい

旅に出て7ヶ月。

毎日楽しく色々学びながら&遊びながら過ごしているので不満などないのですが
やっぱり恋しくなるのがお風呂。湯船!

ハンガリーで温泉に行って以来、湯に浸かっていません。
各国の安宿で主流の、タンク式や電気式のシャワーは湯量も少ないし、
ちょっと欲求不満気味。
(もっと高い宿を選べば、そんなことないんだけどね)

なのでクエンカに温泉があると聞いてすぐに行こう!!と決めました。

外国の温泉は、日本の温泉を期待して行くと、大抵がっかりする様なのですが
この際、そんな贅沢なことは言いません。湯に浸かれればいい!!

水着を持ってバス(一人0.25ドル)に乗り込みました。ほんの数十分の道のりです。
途中、ガタゴトの未舗装道路になり可愛らしい街の様子が見えてきました。
a0107982_2572010.jpg


到着してみると、やはり日本の温泉とは異なって、プールタイプ。
洗い場はなく、個室シャワーと更衣室があるだけです。料金は2.5ドル。
a0107982_2575096.jpg
a0107982_2582732.jpg


お湯も日本よりずっとぬるめ。
でも各プールに一つずつ、あつーいお湯の出る給水口があるので
その周りにいると日本の温泉みたいにほっかほかです。
しばらくボッケーっと贅沢な時間を過ごしました。
夫は久しぶりに泳いだりもしました。(真剣に泳いでる人、多し!)

近くには観光客を見込んで作られたのか、ホテルや小さなバーなども。
食堂に入って牛肉煮込みのランチを取りました。これも2.5ドルと安い。
アボカドとお肉の相性がよかったです。でも、やっぱり量、多すぎだよ…
a0107982_2585985.jpg


この先滞在する、マチュピチュ近くの村にも温泉があるそうです。
あちこちチェックして、これからも湯に浸かる機会があるといいなと思います!
[PR]
by nakashik3 | 2008-10-26 02:59 | ecuador | Comments(4)

クエンカの美術&博物館

クエンカには大きな美術館と小規模な美術館がいくつかあります。
入場料も欧米よりずっと安く、中南米のアーティストの作品が見られるので
何ヶ所か行ってみました。

有名どころでは中央銀行博物館。
ここで特に面白かったのは2階で、エクアドル各地に住む民族の生活の様子が
模型や実物で展示されていました。
カラフルな民族衣装や工芸品、首狩り族の干し首などが興味深かったです。
エクアドルって様々な民族がいるんですね。良い勉強になりました。
美術館の裏手は広い遺跡と、綺麗に整備された公園になっていて、
カラフルな鳥やリャマがいました。動物好きには嬉しいおまけです。
a0107982_2492326.jpg
a0107982_2495169.jpg
a0107982_2501913.jpg


もうひとつ楽しかったのが、帽子博物館。
ここエクアドルは、あのパナマ帽の発祥の地なんですね!知らんかった!
ここは販売もかねているのですが、入場無料で製作過程を見たり
上階のテラスに出てクエンカの景色を眺めたり、併設のカフェ(有料)でお茶もできます。
そしてなんといっても館内に沢山ある帽子がとても素敵でした。
パナマ帽はもちろんですが、同素材でできたハンチングタイプ、
ラフィアのような柔らかい帽子もシンプルなものからカラフルなものまで沢山揃い
ああ、これは友達の○○ちゃんに似合いそうだなぁとひたすら妄想してニヤニヤ。
嵩張らなければ、ほんとお土産に買っていきたかった!
私は今までの帽子を既に4つなくしたり壊したりしているので、
折りたためる柔らかい帽子をひとつ買いました。
恐ろしく帽子の似合わない私でも、パナマ帽はひとつ欲しかったです…
a0107982_2504734.jpg
a0107982_2511338.jpg
a0107982_2513859.jpg
a0107982_2515992.jpg

こんなものもあったのでつい・・・
a0107982_252498.jpg


徒歩圏内に近代美術館もあり覗いてみたのですが、ここは小規模。
エクアドルやプエルトリコ、メキシコ、ブラジル、コロンビアといった
中南米のアーティストの絵画や写真、オブジェ作品がありました。
中南米アートは普段あまりなじみがないので見られて嬉しかったです。
しかもここ、入場無料。
建物も可愛らしいので、時間があれば足を運んでもいいのではと思います。
a0107982_2532752.jpg

[PR]
by nakashik3 | 2008-10-26 02:54 | ecuador | Comments(0)

市場で

どの街に行っても、あればとりあえず足を運ぶ市場。
庶民の活気が溢れ、珍しいものも沢山あるので楽しいです。
ここクエンカでも日本のスーパーではなかなか見られないものがありました。

まずは二階の食堂街で見た豚の丸焼き!ちょっと残酷だけど超美味しそう。
a0107982_2375688.jpg


早速食べてみました。一皿2ドルくらい。
アンデス地方特産の、大粒の白いとうもろこしを茹でたものの上に
ジューシーな豚肉とポテト(エクアドルのジャガイモはとても美味しい!)、
オニオンスライスなどが乗っていました。ボリューム満点で満腹。
a0107982_2394995.jpg


フルーツもとても豊富で、イチゴを袋一杯買っても1ドル。
a0107982_2445545.jpg

宿にミキサーがあったのでジュースにしました。
りんごもオレンジも、とっても甘くて美味しいです
グラナディージャという、初めて見る可愛らしいフルーツを買ってみました。
a0107982_2403068.jpg


しかし中を開けてみると、
a0107982_2405560.jpg


グロっ!!でも種の周りの果肉は甘くてちょっと酸味があって美味しい。
見た目ほど食べるところはないね。ちなみに一個20円くらいです。

クエンカは人口に占めるインディヘナが多い街だそうで、
市場でも沢山の民族衣装のおばちゃんが売り子をしています。
そんな様子が見られるのも楽しいです。
a0107982_2414583.jpg
a0107982_242482.jpg



ちなみにスーパーでも珍しいものが見られますよ。
子豚の頭とか、鶏の頭やクズ肉のパック詰めとか…なかなかのインパクト!
a0107982_2425376.jpg

[PR]
by nakashik3 | 2008-10-26 02:45 | ecuador | Comments(0)