カテゴリ:argentina( 9 )

さよなら、南米大陸

約4ヵ月半の南米大陸滞在。
とうとうここともさよならです。あああ寂しい。
日本の裏っ側にあるんだもの、
なかなか気軽に来れないと思うと、寂しさも倍増。

ペルー・リマからスタートして上がったり下がったり
予定していたルートをいろいろ変更しながら
毎日楽しく素晴らしい体験をしました。

素晴らしい大自然、馴染みのなかった数々の美味しいもの、
美しい民族衣装、陽気なラティーノ&ラティーナ、数々のアート。
ほんっとに凄く楽しかった!

またこちらで出会った旅人は、本当に個性豊かで
(年齢層もアジアやヨーロッパに比べて高めだった気がする)
随分色々なことを新しく知った気がします。
日本では知り合えないような、たくさんの人々との出会いに
本当に感謝しています。

素晴らしい国は今まで滞在した国でも沢山あったけれど
大陸としては、初めてだったせいも手伝って、南米が一番楽しかった。
広い大陸なので、諦めざるを得なかった国もあったけど
いつかきっと、北米大陸から順に降りて行く旅をしたいなぁ。

旅もあとはオーストラリアだけとなりました。
最近、旅の終わりをひしひしと感じ寂しい限りです。
(そして日本の不景気っぷりにいまさらながらドキドキしております…)
[PR]
by nakashik3 | 2009-02-26 09:52 | argentina | Comments(0)

またもブエノスに! で、未知の世界を覗く

サンチャゴからオーストラリアへ飛ぶ飛行機が
結局ずーっと満席で空かず、仕方なくブエノスアイレス発にしたため
またまた戻ってきました。

このまえ夫との待ち合わせに使ったルートの逆バージョン。
22時間の夜行バス移動です。
バスは何社か出ているのですが中堅クラスのCATAという会社のバスを利用。
機内食のような夕飯がつくセミカマシートで、一人US70ドル弱です。


わたし、ブエノスは今回の旅でもう3度目!
でもここはなんと言っても宿が綺麗で安い上に(個室2人/1500円弱)
すごく快適なので、とてもありがたい。
今までも何度かご馳走になってるんだけど
今回も到着日に、管理人さんがニョッキを振舞ってくれました。
嬉しいなぁ!美味しくてもりもり食べてしまった。ありがとう、ルイサ!
a0107982_9464347.jpg


さて、本当は一泊でオーストラリアへ移動する予定だったのですが
夫がどうしても週末にサッカー観戦をしたいと言うので
LANのオフィスへ行って、フライトを変更しました。

夫は張り切って2日間連続でサッカー観戦へ。
こちらのサポーターのサッカー熱は、予想通り、
日本のそれとは比にならないくらいの熱狂振りで
観戦していて凄く面白いそうです。
よかったねぇ、スペインでは観戦できなかったから。
a0107982_9442386.jpg
a0107982_9444551.jpg


その間私は何してようかなぁ、と思っていたところ
「男性ストリップに行きませんか?」とのお誘いが。
3度のブエノス滞在中、毎回誘ってくれる方々がいたのですが
(どうやら観光スポットの一つらしい)
いままで乗り気になれなくて、辞退してました。
でも南米の旅ももうすぐおしまい。
せっかくなので未知の世界を覗いてみよう!と行ってみました。

お店の名前はGOLDEN。女性しか入場できません。
入場料は前売りで25ペソ(750円くらい!)でピザが食べ放題。
ドリンクは別で、コーラで8ペソ。やはり外の世界より割高です。
会場は日本のクラブ(踊る方のね!)のフロアに客席があるかんじ。
DJブース横に小さなステージがあります。
a0107982_9474184.jpg


ショーは・・・まぁ、大方が想像するとおりです。
ムッキムッキの甘いマスクを持ったメンズが踊ったり演じたりします。
(ダンスや演出のレベルはそれほど…見せ場はそこじゃないのでそれでいいんでしょう)

体を張ってサービスする彼らには申し訳ないけど、
マッチョにも男性ヌードにも興味のない私は、
彼らよりもアルゼンチン女子の狂喜乱舞ぶりに釘付け!!

狂ってらっしゃる!!

大方みな若くってとっても可愛いのですが、コスプレをして来るのです。
バニーガールのような耳をつけていたり、ナースの格好をしていたり。
メイクも衣装もバッチリ、とってもセクシーにキメています。
贔屓のストリッパーが脱ぎ始めると、もう大歓声&大興奮!
さわりまくり、お札をねじ込みまくり、黄色い声が飛び交います。
あんたら、親が見たら泣くよ…(あ、日本じゃないからそうでもないのか)
a0107982_9482977.jpg
a0107982_9485378.jpg


ちなみにこちらでもハニカミ系顔の男子が人気のようです・・・
失神するんじゃないかという勢いの女子も多し。
なんかアイドルグループのコンサートみたいだよ。
演出のクサい感じとか彼女達の壊れっぷりとかで
かなり笑わせてもらいました。

しっかり3時間でこのお値段なら一度は行ってみてもいいかも。
わたしは一回で充分。これも良い社会勉強になりました、たぶん。
[PR]
by nakashik3 | 2009-02-26 09:50 | argentina | Comments(0)

夫・旅写真

私がメキシコを周遊している間
夫はパタゴニア方面に出掛けました。
彼はブエノスの年越しで一緒だった、けんちゃん&あっちゃんと
一緒に旅立ち、私と落ち合うまでけんちゃんといたそう。
とっても楽しかったようで、彼の撮った写真を見ると
ああ、こっちにも行きたかったなぁと欲が出てしまいます。

以下、夫の旅行写真!


パタゴニアはすごい!
パタゴニアとはアルゼンチンとチリの南部のこと。
とにかく大自然!
山あり、氷河あり、世界最南端の町があり、
この旅で一番良かった。ただ移動費が高い。


まずは、カラファテ
氷河のスケールが違う。
氷河の上を歩くツアーに参加。
でも歩くだけで200ドル。高すぎる。
a0107982_9552853.jpg
a0107982_9554674.jpg
a0107982_956262.jpg


ウイスキーをロックで。
a0107982_9562823.jpg




プンタ アレーナス
ペンギンが奈良の鹿状態。うじゃうじゃ。
a0107982_1004786.jpg
a0107982_1042069.jpg
a0107982_1012556.jpg
a0107982_104564.jpg


仲良し!
a0107982_1015750.jpg

a0107982_1031694.jpg
a0107982_1034040.jpg


エル チャルテン
アウトドアのメーカーのロゴになっただけある。
a0107982_1055614.jpg


ひたすらトレッキング。
ハイキングコースみたいなところから
こんな道まで・・・
a0107982_10153382.jpg
a0107982_10194262.jpg
a0107982_10162954.jpg
a0107982_10165679.jpg


死ぬかと思ったけど景色は抜群!

2へ続く!
[PR]
by nakashik3 | 2009-02-17 10:21 | argentina | Comments(0)

ちょっと停滞

気が付いたら1週間もブログ更新してませんでした!
写真の編集が出来ないせいなのですが、
取り急ぎ元気でやっていることをご報告します!

先日はタンゴを見に行きました。
基本的に貧乏旅行なので久しぶりのゴージャス感に
少々緊張してしまいました。
ショーはタンゴだけでなく、エンターテイメントとしても素晴らしく
まったく飽きませんでした。歌あり、民族楽器の演奏あり!
夫もワインがうめぇ、と満足な様子で楽しんでました。

後日近日中に取った写真などをまとめてアップしま-す。

すばらしかったタンゴ!la ventana にて!
a0107982_8433063.jpg
a0107982_844378.jpg


世界一ゴージャスといわれる本屋。さすが、元劇場。
本は買わなかったけど、一時間ぐらいウロウロしてしまった。
a0107982_846015.jpg
a0107982_8462791.jpg


私たちが「お金持ち通り」と呼んでいたあたりにはこんな風景も。
a0107982_8473392.jpg


最近、あまり写真を撮らなくなってしまいました…
長期旅行者に聞くとわりと皆そうなるみたい。
でも帰ってからいろいろ思い出したいからまた沢山シャッターを押そうと思います!
[PR]
by nakashik3 | 2009-01-14 08:06 | argentina | Comments(5)

2009 ブエノスアイレス

さて2009年が明けてはや6日。
日本のお正月のよぅに食べたり飲んだりの一週間でした。

明けて2日はボカ地区へ。
アルゼンチンの強豪ボカジュニアーズのスタジアム。
周りはマラドーナがいっぱい。高原選手も何年か前にここにいたんだっけ?
a0107982_3563192.jpg
a0107982_3572323.jpg


歴代プレイヤーのプレート。一番上にマラドーナがいた!
a0107982_401144.jpg
a0107982_358496.jpg


そのままカミニートへ。
ここは道に並ぶ家々やテラスが大胆な原色で塗られていてとてもカラフル。
町全体が美術館みたい。観光地化されているので正月2日でも大賑わいでした。
あちこちのオープンテラスのレストランでタンゴが見られました。
a0107982_402312.jpg
a0107982_404758.jpg
a0107982_411530.jpg


可愛い!
a0107982_413528.jpg


か、かわいくない・・・なにこのポーズ、jojo?
a0107982_4152100.jpg


a0107982_44446.jpg
a0107982_4135933.jpg


チェ&エビータ?
a0107982_451977.jpg




4日には私一人で市内の動物園に行きました。
動物園は一人じゃないほうがいいね・・・ファミリーやカップルばかりでちょっと寂しかった。
でもアシカのショーが見られたり、楽しかった!

その足で国立美術館へも。
ここもとっても良かった。入場無料なんだけれど、見ごたえありました。
モネ、ゴーギャン、セザンヌ、ロートレック、シャガール、ピカソなど皆が知ってる
著名な画家の作品がたくさんあるうえ、上階ではアルゼンチンの画家の作品もたくさん並び
(1950~の作品が多かった)2時間ほどプラプラしても飽きませんでした。

その頃夫はなにしてたかと言うと、アルゼンチン&チリ・ダカールの会場に見学を。
私は興味がないのでよく解らないのだけれど車とかレースが好きな人には面白いのでしょうね。なかなか見られるものじゃないものね。
a0107982_454697.jpg
a0107982_462088.jpg
a0107982_473036.jpg


夫は他にも競馬に行ったりと、男性らしい(?)観光を楽しんだようです。
(競馬はやっぱり負けました。予想通り!惜しかったんだって言ってるけど)

で、翌日にまた少し離れた動物園へ。バスで1時間半くらいかな?
ここの動物園の最大の魅力は檻の中に入って触れる、ってことだったんだけど
凄く込んでて結局触らずじまい。おさるの檻に入りたかったんだけどな。
比較的空いていた山羊とポニーで、夫は随分長い間遊んでました。好きなんだね・・・
a0107982_483680.jpg
a0107982_49063.jpg
a0107982_491878.jpg



そうそう、話は変わってアルゼンチンは牛肉がもの凄く安い!
分厚いTボーンステーキもヒレステーキも、一枚100~200円くらいで買える!
鶏や豚肉のほうが高いです。
元肉業界&お肉大好きな夫は毎日毎日買ってきて、自分でせっせと焼いて
食べまくっております。
「こんなに安いなんて意味が解らーん!」といいながら嬉しそうです。
私は少々飽きてきてそろそろ魚が食べたい・・・野菜も不足気味。
ちなみにワインやビールも日本より格段に安いです!お酒好きは嬉しいだろうなぁ。

この宿も居心地がいいのでついついのんびりしてしまいがち。
ブエノスに到着してもう2週間。そろそろ動き始めましょうかねぇ。
[PR]
by nakashik3 | 2009-01-07 04:17 | argentina | Comments(4)

さよなら2008年

日本のみなさま、
あけましておめでとうございます!

2008年は大変お世話になりました。
ふらりと気ままに旅立ったわたしたち、お蔭様で大変充実した一年でした。
家族、友人、周りの方々すべてに感謝の気持ちでいっぱいです。
2009年、3月中には帰りますので、その後も変わりなくお付き合いくださいませ!

只今ブエノス・アイレスは大晦日。
毎日暑かったり暖かかったりなのでいまいち大晦日気分は盛り上がりませんが
(街もあまり一年の最終日の雰囲気を醸し出していません)
宿のみんなとカレーや鍋を作って年越ししています。
紅白や除夜の鐘はないけれど、みんな気持ちのいい人ばかりなので、楽しく過ごしてます!

あと数時間で、あけましておめでとう!です!
アディオス!2008!
a0107982_745330.jpg

[PR]
by nakashik3 | 2009-01-01 07:46 | argentina | Comments(9)

ブエノスでの日々

ブエノス・アイレスでのお出掛けは・・・

まずは27日に,
地下鉄・電車・バスと乗り継いで一時間半くらいの離れた町で開かれた
「沖縄祭り」へ。
詳しいことは勉強不足で解らないのですが、移民100周年みたいなかんじでした。
a0107982_7231132.jpg

思ったよりも大規模で、屋台や出し物も盛りだくさん。
冷やし麺やおにぎりなど恋しかったものをたらふく食らい、
a0107982_7234282.jpg
a0107982_724614.jpg


盆踊りや琉球相撲を楽しみました。
a0107982_7243589.jpg
a0107982_7245842.jpg


つかの間の夕日。とても美しかった。
a0107982_7252524.jpg



先日はアンティークマーケットへ。
お買い物は女同士で行くのが一番でしょ、と宿の可愛い女子と連れ添って出掛けました。
そそられるものもいくつかあったけれど、お値段は高め。
近くにアンティークショップや古着屋さんもいくつかあり、カバンを一つ買いました。
とても楽しかった!
a0107982_729138.jpg
a0107982_7255419.jpg
a0107982_7261634.jpg


さすがタンゴの国!路上でも。
a0107982_7292443.jpg


日本庭園があると聞いたのでここへも。
庭園も綺麗でしたが、併設の小さな図書館にアルゼンチンへの
日本人移民についての本があり、それにすこしだけ目を通せたのがよかった。
ほんと、私って知らないことばかりだなぁ。
a0107982_7295181.jpg

日本に帰っても様々なジャンルに目を向けようと思いました。


そして、エビータことエヴァ・ペロンの眠るお墓のある墓地へも。
この墓地はもう、墓地のレベルじゃなかった!
なんだか小さな教会みたいなつくりのお墓とかゴージャスなのがいっぱいで圧倒されました。
ものっすごいお金が掛かりそうだ・・・
a0107982_730191.jpg
a0107982_7304567.jpg
a0107982_731635.jpg


あと一週間ほど滞在予定なので、年明けには動物園や近郊にでも出掛けてきまーす。
[PR]
by nakashik3 | 2009-01-01 07:42 | argentina | Comments(0)

ブエノス・アイレス

アルゼン、チンブエノ・スアイレスに27日、無事到着しました

アルゼンチンのバスは、今までの国よりずっと値段が高くなるのですが噂どおりの快適さ。
シートもフカフカ、清潔そのもの、食事も最高!
(ちなみにプエルト・イグアスからここもま20時間くらいで、ひとり52ドルくらい)

ブエノスアイレスは、超都会!南米のパリ、といわれるのも納得。
街は整備されているし、何でもあるし、ぐっと垢抜けてるし、ヨーロッパの大都市そのもの。
少し田舎くらいのほうが落ち着く私たちですが、久し振りの都市もたのしい。
街には色々なものが溢れているので、物欲も湧いてきてしまいます。

ブエノスアイレスには、年末年始を挟んで2週間ほど滞在しようかなと考え中。
エクアドル、ペルー、ボリビアと下ってくるとぐっと物価が上がり
何もかもが割高に感じてしまうのが少々玉に瑕(それでも日本よりは随分安いと思う)ですが
便利なこの地で、日本人旅行者みなさまと一緒にお正月を過ごそうと思います。

ブエノスアイレスには、非常に評判のいいドミトリーの日本人宿があるのですが
どうやら大人気で、ここのところずっと満室らしいと聞いていたので
最近株を上げているもう一つの宿へチェックイン。
ここもかなり快適で、居心地は抜群です。
ダブルの個室で一人20ペソ(600円くらい)。トイレ・シャワーは共同で
各階に簡易キッチンもあり、洗濯もできます。屋上でWIFIも利用可。情報ノートもあり。
オーナーのかわいいおばちゃんがピザを焼いてくれて振舞ってくれたりします。
中心地からは少し離れているけれど、地下鉄の駅もすぐそばなので
特に不便はありません。とてもいい宿です。

ここでも今までのルートで知り合った旅人の方々とうれしい再会続き。
いろいろな情報を頂いたり、いろいろな話題で盛り上がったりと濃い時間を過ごせそうです。

ブエノスはそれほど見所はないといわれているようですが
サンタクルスやイグアスほど暑くもなくいので、張り切って観光しようと思います!
[PR]
by nakashik3 | 2008-12-29 05:16 | argentina | Comments(4)

イグアスの滝

イグアス移住区からパラグアイ国境のシウダーデルエステまで行き、
出国手続きを済ませたらまたバスに乗って、ブラジルの街の中を抜け
アルゼンチンのプエルト・イグアスに到着しました。

私たちはブラジルのビザを持ってないので、このルートでブラジルを
通り抜けるのにちょっと心配だったのですが
バスは途中停車しないでそのまま、アルゼンチンの国境まで行くので
(ブラジルへは出入国をしない)全然問題なく、ほっとしました。
無事、アルゼンチン入国!

イグアスの滝はアルゼンチンとブラジルの国境にまたがっているので
アルゼンチン側とブラジル側から見ることが出来ます。
迫力ならアルゼンチン側、全景を見渡すならブラジル側、などと
それぞれに魅力があるようです。

アルゼンチン側から見る場合の拠点となる町がプエルト・イグアスです。
(ブラジル側はフォス・ド・イグアスという街が拠点になります。)

パラグアイ・イグアス移住区の宿の情報ノートでチェックしたホステルにチェックイン。
久々の2段ベッドのドミトリー!エアコン・トイレシャワー付きで一人25ペソ。
キッチンも広く、コモンスペースもあり。チェックアウト後の荷物預かりも無料。WIFIもあり。
レセプションのおじさんも愛想がよく、菓子パンの朝食付きでした。快適。
a0107982_2319432.jpg


翌日さっそくイグアスの滝へ。
バスで20分くらいで国立公園入り口へ。
ガイドブックには30ペソとあったけれど、実際の入場料は60ペソ。高いです。
滝の真下へスピードボートで連れて行ってもらうオプションナルツアーも75ペソ。(約15分)
(ボリビアやパラグアイといった物価の安い国から来ると、アルゼンチンは、
 バスも宿もなにもかも高く感じます。日本よりずっと安いのにね!)

園内はとても広いのですが、小さな列車が走っているのでこれで移動。
a0107982_23233456.jpg


一番最初にハイライトの「悪魔ののどぶえ」を見に行くことに。
近づくにつれ、轟音と水しぶきを感じられます。
a0107982_23273465.jpg


スッゲー!!でっかい!絶対に足を滑らせたくない!
水しぶきで顔や髪がしっとり。マイナスイオン・・・
a0107982_23455711.jpg


そのあとは公園を下って、滝を下から眺めました。

園内にはアナグマや美しい鳥、蝶々などめずらしい生き物がたくさんいました。
夫の腕に止まった、背番号88の蝶々。
a0107982_23342163.jpg


そしてアヴェントゥラ・ナウティカという滝の真下へボートで行くツアーに参加。
a0107982_2336224.jpg

これ、すごく面白かった。
滝を眺めることがろくに出来ないほどの水量を全身に浴びるので、
この暑い季節にはとても気持ちいい!高いけどお勧めです。
たった15分弱なのが残念。もっと乗っていたかったなぁ。

園内はとても広くすこしわかりにくいのがちょっと難点だったけれど
(かなり歩き回るので非常に疲れた)さすが世界遺産の迫力でした。


さて、今日はクリスマス。
どんなものかと興味津々でしたが、クリスマスイブの街は極めて静かでした。
自宅で家族みんなでお祝いするんですね。
夜12時にロケット花火や爆竹のような花火が鳴ったくらいの派手さ。
商店やレストランはすべて休業で旅行者にはちょっとつらい。
今日、昼過ぎに出る夜行バスでブエノスアイレスに向かうので
クリスマスはバスの中。微妙・・・まぁ、いいか。
[PR]
by nakashik3 | 2008-12-25 23:51 | argentina | Comments(2)