「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:異国料理を作る( 95 )

巻いていただきます

今日のお昼ごはん。
a0107982_1494598.jpg

まずは蛋餅皮を焼きます。
これは台湾風クレープ、もしくは台湾風ガレットとでも言えばいいのでしょうか・・・
小麦粉を水で溶いて少し寝かせたのちに、フライパンで薄く焼いたものです。
もちもちしていて美味しいです。

次にフライパンで薄い卵焼きを作って、固まってしまう前に作っておいた皮を乗せます。
火からおろしてぱたんぱたんと巻いたら出来上がり!蛋餅(ダンピン)です。
台湾で朝食としてよく食されるメニューです。

お供にはこちらも朝食でよく食べられる事の多い鹹豆漿。豆乳のスープです。
台湾では揚げパンのような油條と一緒に食べることも多いのですが、
さすがに揚げ物をする気になれなかったので、車麩でそれっぽくしてみました。
どちらも優しい味わいです。
自宅にあるもので簡単に作れるので、どちらも一人御飯によく登場します。
でも、今日はパクチーがなかった!残念・・・早く庭のパクチー、芽を出さないかなぁ!

おやつは、余った皮に、刻んだ落花生と黒砂糖を乗せて巻いたもの。
甘くって美味しいですよ。苦いコーヒーが欲しくなります。
a0107982_14101833.jpg
a0107982_1410732.jpg


これにアイスクリームとパクチーを乗せて巻いたら「花生捲冰淇淋」ですね。
夜市などで、四角いでっかいピーナッツを飴で固めた塊(花生糖)を削いで作るアレです。
妹と一緒に初めて台湾に行ったときに食べた記憶があります。もう10年以上前・・・
あの時はパクチー、入れたんだったっけ?抜いてもらったんだっけ?
台湾は落花生を使うデザートが豊富ですよね。豆好きには嬉しい限りです。

パグの胴体もピーナツ巻きみたい!
a0107982_14105455.jpg

でも匂いは犬臭い!
[PR]
by nakashik3 | 2014-06-16 14:13 | 異国料理を作る | Comments(0)

グリーンカレー

久し振りにグリーンカレーで晩御飯。
a0107982_20551113.jpg

グリーンカレーペーストを使った簡単レシピです。
具材は鶏モモ肉、ナス、タケノコ、しめじ。パプリカ入れるの忘れちゃった!
お米は、タイの香り米を使いました。やはり粘りのないお米の方が合いますね。

今更ながら夫がハマっているPV。

仲川希良ちゃん可愛い❤

パグは今日も芋虫みたいに寝ています。
a0107982_217306.jpg

[PR]
by nakashik3 | 2014-06-15 21:07 | 異国料理を作る | Comments(0)

強化月間

最近作った台湾料理。今月は強化月間!

椎茸とたまごと干しエビのお粥にトッピングいろいろ。
a0107982_21483345.jpg

実は少し前に、水の量を間違えてご飯を炊いてしまって、
柔らかすぎるご飯を小分けにして冷凍してあります。
それを消費すべく、私一人のお昼ごはんは、しばらくお粥が続きます・・・肉鬆があってよかった!
日本のお粥は苦手なのですが、中華系のお粥は大好きです。


おやつにはトマト飴を。夜市の屋台でおなじみですね。
トマトに飴を絡めて冷やすだけ。トマトの酸味がアクセントになってとてもおいしいです。
よーく冷やすとおいしい!見た目の可愛さもいいです。
a0107982_22151269.jpg



葱油餅は、何度も何度も作って、ようやく納得のレシピにたどり着きました。
サクッと中が層になってるのが好みなのです。
a0107982_21575149.jpg

少し甘い醤油ベースのたれを塗って食べるとおいしい。次回は玉子&バジルをサンドしたい。

酸辣湯は夫の好物なので時々作りますが、台湾版はあまり辛くなく、好みでラー油を足します。
a0107982_21581558.jpg

酸辣湯、粉物に良く合いますね。


豚の軟骨をたくさん入手したので、滷味(スパイスしょうゆ煮込み)にしました。
a0107982_21582873.jpg

a0107982_21584137.jpg


茶色ばかりで非常に地味です。でも私は大好き!
a0107982_220882.jpg



小豆と緑豆も甘く煮て、芋圓に乗せて食後のデザート。(どう考えても食べ過ぎ!)
a0107982_2291022.jpg

これも夫の大好物なので、最近では定期的に作ってストックしてあります。
食べたい時にさっとゆでて、氷水で良く冷やして頂きます。もっちもちで美味しい。

一度夢中になるとしつこい私ですが、まだまだ台湾小吃、飽きません。
海外サイトや台湾の方のお料理ブログなどをチェックして、これからもいろいろ試したいです。
楽しくって止まらない!

パグは骨に夢中。大型犬用でないと、すぐになくなってしまいます。
a0107982_22125762.jpg

[PR]
by nakashik3 | 2014-06-11 22:19 | 異国料理を作る | Comments(0)

菜脯蛋

飯糰のためにと作った菜脯(塩漬け切り干し大根)。
おにぎりは大失敗だったけれど、台湾風オムレツ「菜脯蛋」は大成功でした。

水で戻して塩抜きした菜脯を刻んで、ねぎと少しの調味料を加えた卵にあわせ、
フライパンで焼くだけです。
大根の歯ごたえがアクセントとなり、ほんのりとした甘みと旨味もとっても美味しいです。
夫もとても気に入ってくれたようです。
a0107982_22155150.jpg

手羽中を使って滷味も作った。滷味大好き!

自家製菜脯、まだまだたくさんあるので何度も作りたいです。
とても簡単でおまけに安上がりなのもいいですね。

いよいよ夫の仕事が忙しい季節になりました。
夏には仕事で必要な試験もあり、勉強もしなくちゃいけないようです。
休みもないのでなかなか一緒に出掛けたりはできませんが
家ではなるべくくつろげるようにサポート出来たらいいなと思います。

a0107982_22161539.jpg

パグも応援してると思います、たぶん。
[PR]
by nakashik3 | 2014-05-20 22:17 | 異国料理を作る | Comments(0)

ディルがたわわ

庭の鉢に植えたディルがたわわです。

すべてをフレッシュで頂くことは無理そうなので
もう少ししたら刻んで冷凍したり、ハーブオイルにして保存しようと思っています。

a0107982_21451912.jpg

今日は刻んでポテトサラダに。
a0107982_21453822.jpg

いつものメニューもちょっとよそいきな感じになりました。

ヨーグルトソースやオムレツも作ろう。

相変わらず魯肉飯も作り続けています。
a0107982_21471317.jpg



最近、仕事帰りの夫と食事に行くことになって、
待ち合わせ場所にやって来た夫の車に乗り込んだら
「Kちゃん、八角のにおいがする!」と言われました。
その日は台湾料理を食べてもいないし、八角を使った料理も作っていないのですが・・・

翌朝、おやつ&コーヒーをタンブラーに淹れて仕事へ行く夫に渡したら、
これまた帰って来るなり「八角のにおいがした!」と。

私には八角(五香粉)の香りが染みついているんでしょうか??
a0107982_2201068.jpg

顔は四角(エラ張ってますので)、匂いは八角だね!!って、上手いこと言うね!

直接お付き合いのある友人の皆さん、私から八角香が漂っていたら指摘してください・・・


パグはものすごく食い意地が張っていますが、マテは出来ます。
a0107982_2147522.jpg


マテが長すぎて横座りになってるよ。
a0107982_2148107.jpg

[PR]
by nakashik3 | 2014-05-18 22:02 | 異国料理を作る | Comments(0)

おにぎりへの道は果てしなく遠い・・・

台湾おにぎり飯糰を作るべく、何日もかけて中の具材を用意しました。

菜脯(台湾風切り干し大根)は干す前に小さく切り過ぎちゃって、これでいいのか微妙・・・
油條(揚げパン)はあまり膨らまなくってブサイクで、これまた微妙・・・
肉鬆(肉でんぶ)は個人的には色々使えて、なかなかの出来だったけど
おにぎりの具にするにはもう少し濃いめの味付け方が良かったのかも・・・
玉子焼きは(お店によっては煮玉子)どんな味付けなのか記憶になく・・・
春菜みたいな野菜は、なんの野菜なのかも不明なうえ、
漬物なのか茹でたものなのかも分からないので省略してしまい・・・
そして何よりお米の割合(もち米・黒米・うるち米)がよくわからない!
a0107982_95717.jpg


でも、はやる気持ちを抑えきれずに、とりあえず作ってみた。

a0107982_944727.jpg

ラップにご飯を敷いて、具をのせて巻くだけ。

結果は・・・美味しくない(号泣)

まずおにぎりの命、お米が全然違う~!もち米を増やした方がいいのかなぁ。
握り方、力の入れ加減も甘かったかなぁ。
御飯と具材のバランスも悪すぎる!米、多すぎ!もっと薄くするべきでした。
全体的に、なんだかとってもぼやけた味のおにぎりになってしまって、
よほどのことがないと「不味い」と言わない夫も私も(私は不味いという言葉が好きでない)
「・・・おいしくない・・・っていうか不味いね・・・」
とこぼしてしまった。

初めての飯糰、大失敗です。もう、涙出そうよ~。
干したり焼いたり揚げたりいろいろやったのに~。

でも。
ローマは一日にしてならず。飯糰も一日にしてならず。
美味しいおにぎりへの道は遠いのです。
失敗は成功のもとと信じて、いつかきっと大満足の飯糰を作り上げるぞ!!
次回台湾へ行ったらじっくり見て食べて、しっかり脳に焼き付けたい。
こんな課題を持つことも、私の旅を楽しくしてくれます。

パグはテーブルの下で「美味しくないんなら、私が食べましょうか?」って言ってるみたいだった。
a0107982_97130.jpg

そうは問屋が卸さないのよ。
[PR]
by nakashik3 | 2014-05-15 09:13 | 異国料理を作る | Comments(0)

久し振りにチャー・カー

庭のディルが立派に育ってきたので、久しぶりにチャー・カーを作りました。
ベトナム北部で100年以上にわたって名物とされるお料理です。

本場では雷魚を揚げ焼きにするのですが、我が家では安いタラの切り身で。
本当は鯛にしたかったんだけど・・・
a0107982_17444812.jpg

ココナッツミルクや刻んだ香味野菜、ターメリックや魚醤などで下味を付けた魚を
米油でカラッと揚げ焼いて、ねぎやディルを加えたら、
ブン(断面の丸い米粉麺)の代わりの稲庭うどんに載せ
刻んだパクチーやピーナッツをまぶし、ヌックマムやレモン汁、グラニュー糖などで
更に自分好みの味に仕上げます。

本当は、ブンをちょこっとずつ取って、チャー・カーを乗せて頂くのですが
わが家は一気にどーんと乗せてガツガツと頂きます(まったく情緒なし)。
それでも、ディルやパクチーは、お料理を一気に異国風にしてくれますね。

飲める人ならば、きっとビールが進むメニューです。
夏の暑い日にフーフー言いながらひと口、続いてビールを・・なんてのがよさそうです。

a0107982_17453068.jpg

ディル、水やりさえ忘れなければ、放っておいてもぐんぐん育ってくれています。
ピクルスやサーモン料理に、またじゃがいもやヨーグルトともとても相性がいいので
さまざまなメニューが楽しめそうです。
ディルと言えばポーランド料理、と言われるほどポーランドでは多用されているそうで、
確かに、現地で食べたジューレック(シチューみたいなスープ)にも入っていました。
色々調べて、こちらにも挑戦してみたいな。
また、種子もカレーやピクルスなどに使えるようなので収穫したいです。

最近、珍しいハーブや野菜を育ててみたくて(というか食べてみたくて、が正しいかも)
種や球根をあれこれ探して、通販で購入しています。
最初は花を植えていた花壇も、今では「食べられるもの」がほとんどになっています。

年々一人家遊びの時間が増え、独り言も増え、時々なんだか隠居老人みたいではないかと心配に・・・
適度に外出もして、いろいろな刺激を取り込まなくちゃいけませんねぇ。
ねぇ、パグさん。
a0107982_17501067.jpg

・・・盗み飲みしないでよ。
[PR]
by nakashik3 | 2014-05-11 17:53 | 異国料理を作る | Comments(2)

おにぎりへの道

台湾風おにぎり「飯糰」への道のりは遠い・・・

今、肉でんぶ(肉鬆)に続く欠かせない具材、「菜脯」を作っています。

菜脯は、日本でいう漬物のような切り干し大根です。
塩に漬けたカット大根を、天日で干して乾燥させます。

なかなかレシピが見つからなかったのですが、
1月の台湾旅行の際にマキちゃんが私に現地で買ってプレゼントしてくれた
台湾のレシピ本に載っていました!!やったーー!


中国語をグーグル翻訳を使って訳し、完ぺきではないけれど、なんとなく作り方を把握。
他にもネットで見つけた数少ないレシピを参考にしました。

今日が乾燥一日目!だいたい4~5日で完成のようです。
上手くいくといいな~。
a0107982_9571239.jpg


住宅街の庭でこういった作業をしていると、空気の綺麗な田舎で暮らしたいなぁと思います。

この干し大根があれば、本格的な「菜脯蛋」が作れます。
これは台湾風オムレツみたいなもので、水でもどし塩抜きして刻んだ菜脯や、ねぎを卵で閉じたもの。
台湾の代表的な定番家庭料理なのだそうです。
日本では切り干し大根と塩、もしくは沢庵で代用しますが、一度菜脯で作ってみたかったので
こちらも楽しみです。

さて、すっかり過ぎ去ったGW、
わが家は友人家族&妹家族と一緒に、陶器祭りに出掛けました。
毎年恒例になりつつありますが、毎回とっても楽しいです。
来年もみんなで行けるといいな。

パグが我が家にやってきたのがGWなので、お祝いを兼ねて甘やかします。
特別に柏餅だよ~!元気でいてね~!
a0107982_1015788.jpg



a0107982_1021031.jpg

でも、網戸を突き破るのはやめてほしいよ・・・
[PR]
by nakashik3 | 2014-05-08 10:06 | 異国料理を作る | Comments(2)

肉鬆(肉でんぶ)を作ってみた

台湾風おにぎりを再現したくて、黒米などを入手したのですが、
まずは何が何でも外せない具材、肉鬆(肉でんぶ)をつくりました。
お肉のふりかけのようなものです。

おにぎりの他に、お粥やパンなどのトッピングとして広く使われているようです。
そういえば、タイでも同じようなものを見かけました。

この肉でんぶ、日本ではお目にかかったことがないです。
日本のでんぶは魚ですよね。

色々レシピを調べてみると、面倒くさそうではあるけど自作できるよう。

まずは豚のブロック肉(脂がない方がよさそうなので今回はひれで。)を
葱やしょうがと一緒に圧力鍋でやわらかく煮ます。

それをフライパンに移し木べらなどを使って、ほぐすのです。
調味料を加えたら、焦がさないように水分を飛ばしながら、ひたすらひたすら。

ある程度肉の形が無くなったら、FPでさらにほぐせば完成。
私は完全に粉状にはせず、触感も欲しいので、少し繊維を残しました。
時間はかかったけれど、ホワホワの肉鬆が出来ました。
a0107982_1362151.jpg

Wikiによるとは台湾では肉酥、肉脯とも呼ぶらしい。
買って帰って来たかったけど、残念ながら肉やその加工品は、日本への持ち込みが禁止です。
レシピがあって本当に良かった!
これでおにぎりが作れるぞー!!(まったく、この情熱を他でも生かせたらいいのに・・・と思うよ)

飽きもせず、他にもいろいろ作ってます。

米粉湯(汁ビーフン)
a0107982_13102294.jpg


炒鷄胗(砂肝のラー油炒め)
a0107982_13135428.jpg


炒米粉(焼きビーフン)と搾菜豆腐湯(搾菜と豆腐のスープ)
a0107982_13143919.jpg


芋圓&緑豆糕(芋団子と緑豆のあんこ)とタピオカのデザート
a0107982_13174956.jpg

a0107982_13213447.jpg

芋圓、どう考えても、作り過ぎ・・・


パグも肉鬆のにおいが気になるようで、調理中ずっとソワソワ。
a0107982_13214854.jpg

でも葱と一緒に茹でてるから、あげられないよ。オレンジで我慢してね。
[PR]
by nakashik3 | 2014-05-02 13:24 | 異国料理を作る | Comments(2)

生煎包と豆花

昨日の晩御飯のメインは、台湾夜市屋台でおなじみの「生煎包」。
肉まんを香ばしく蒸し焼いたもの、と言ったらいいのでしょうか。
(もしくは中華版お焼き?)

私は粉物が苦手なのですが(室温とか水温とか捏ね具合とか、一筋縄でいかないし・・・)
レシピを見る限り難しそうではなかったので作ってみました。

色々なレシピがありますが、薄力粉に少し強力粉を加えて生地を作りました。
餡は豚ミンチ、蔥、たけのこ。(本当はキャベツを入れたかったけどなかった。)

しかし、生地を麺棒で丸く延ばすのって、難しい!
a0107982_1514454.jpg


皮を閉じるのも、職人さんなどはヒョイヒョイっとすごーく簡単そうに仕上げるけど
素人の私は、とても手間取って形が定まらず、いろんな風貌に仕上がります。
ヒョイヒョイっと手早く綺麗に仕上げられるようになりたいなぁ。

これをフライパンで香ばしく焦げ目がつくまで焼いたら、水をジャーっと加え
蓋をして、水が無くなるまで4~5分程度蒸し焼きにします。
a0107982_1524872.jpg


見た目は不格好だけど、美味しく出来ました。夫と二人で12個食べました。
たくさん食べたい時には自分で作るに限るね!


豆花を寒天を使うレシピで作ってみたら、カッチンカッチンになった(涙)
さつまいもバージョンの芋圓を添えて、シロップやはちみつをかけて食べました。
カッチンカッチン豆花は、やはり美味しくありませんでした・・・。
あれは、ふるふるだから美味しいんですね。
a0107982_15123587.jpg

さすがの私も食べきれませんでした。
でもパグヤマが大喜びで全部食べました。えらいぞ!


ムスカリの花が咲き揃いました。
a0107982_1513483.jpg


暖かくなってきたらパグが庭で活発に遊ぶようになりました。
芝生に身を任せる。
a0107982_1541299.jpg

a0107982_1543070.jpg


顔の皺の間にまで、細かな芝が入り込んでいるので、風呂に入れます。
パグー、大好きなお風呂だよー!
[PR]
by nakashik3 | 2014-04-11 15:15 | 異国料理を作る | Comments(0)