カテゴリ:異国料理を作る( 95 )

台湾料理 芋圓と清蒸魚

昨日の晩御飯は「清蒸魚」。

週末、義実家にお邪魔した際に、お義父さんが釣った大きなイサキをたくさんいただきました。
そこで早速このメニューに挑戦。

手順は意外と簡単で(でもきっと本当は奥が深いのだろうけど)、
魚を丸ごと蒸し器で蒸して取り出し、白髪ねぎ、千切り生姜、パクチーをのせ
台湾しょうゆなどで作ったタレを回しかけ、仕上げにアツアツに熱した油をジャーと掛けるだけ。
a0107982_11343270.jpg


夫はかなり気に入ったようで、とっても喜んでくれたのでよかったです。
まだあと5匹もあるので、もう一回このメニューで頂きましょう。

レシピは「Winnieの台湾キッチン」から。こちらのレシピ本も作りたいモノだらけです。
a0107982_1138231.jpg


そして、芋圓も作ってみました。
一度に作ると膨大な量になりそうだったので、
今回はさつまいもはやめて、これまた義実家から頂いた里芋を使うことに。

台湾ではタロイモを使うのですが、日本では手に入らないので
里芋を代用して作るレシピがたくさんありました。

こちらは茹でた里芋をつぶし、粉類や砂糖、水を加えて混ぜ
ひも状にした生地を切って熱湯でゆでます。
a0107982_1140476.jpg



粉は台湾で買ってきた地瓜粉、砂糖もせっかくなので台湾の黒糖で。
a0107982_11382878.jpg

a0107982_11383528.jpg


暖かい蜜で豆類と一緒にお汁粉風に食べたり、冷やして蜜を掛けたり
豆花やかき氷にトッピングしたりと、好みに合わせて頂けるお団子です。
今回私は、氷水で冷やし、てんさい糖で作ったシロップをかけました。
a0107982_11411013.jpg


仕上がりはつるつるもちもち、でも甘すぎず、とーってもおいしい。
白玉系のおやつが好きな方は絶対にお気に召すはず!

去年の春、九份で食べて感動し、絶対に家でも作ろうと思っていました。
思い通りにできて、とっても満足!

さつまいもバージョンも作って、2色揃った芋圓も楽しみです。

案の定、パグは夢中でした。
丸飲みするので、もうちょっと味わって欲しいです。
[PR]
by nakashik3 | 2014-04-01 11:43 | 異国料理を作る | Comments(2)

滷味 グロくたって平気!

私は本当に食べることが好きで、アレルギー以外のものは何でも貪欲に食します。

例えばそれが、一般的にあまり体に良くないと言われるものであっても
(マックみたいなジャンクフードとか、高カロリーのお肉とか)極度に採り過ぎなければ
それで良し!というアバウトな人間です。夫も同様。

近年いろいろな情報が錯綜して、食べ物についてもついつい神経質になりがちですが、なにより
美味しい!!と感謝し喜びながら食べ物を頂けば、脳も体も心も喜んで、それでいいんじゃないか、と
とても都合のいい信条を掲げ、いろいろなものを食することにしています。
(ただ単にストイックになれない言い訳かも)

もちろん体にいいと言われるものは、バランスよく取り入れて食べるようにしているし
材料は国産を使うように、そして地産地消に取り組もうとはしていますが・・・


さて、そんな私が今日作っているのは台湾の庶民料理。滷味(ルーウェイ)。
漢方や香辛料の効いた醤油ベーススープの煮込み料理で、台湾版おでんみたいなもの。
お店によっては汁気が無くなるまで照り照りに煮込むところもあるようです。
現地の屋台では様々な具材が煮込まれ、並べられ、独特の香りを放っています。
色味が茶色一色なので何とも地味なのですが、老若男女にとっても人気なのだそうです。

a0107982_21503698.jpg


実は私、未だ本場の滷味は未体験!
毎回気になりつつも、他に気になるものが多すぎていつも後回しなのです。
豆腐とか内臓とか、美味しそうだなぁ。次回は絶対に食べよう・・・

で、今日の食材は鶏の脚先。もみじと呼ばれる部位です。

私は、国によって違いこそあっても、そこで一般的に食べられているものであれば
(昆虫系以外なら)何でも食べてみたい人間なので、これくらいは余裕です。
でも、人によっては無理かもしれませんね。(私もトサカはきっとちょっと躊躇する。だって色が・・・)

a0107982_22545534.jpg

a0107982_22551876.jpg


グロくってごめんなさい。(でも無駄にせず隅々まで頂くことって大事よね。)
これを求めてあちこち足を運んでみたけど見つけられず、隣町のブラジルショップで購入。
国産の冷凍ものです。
日本でも食肉メーカーが普通に扱っているのですが
そのまま食べるというよりは、ラーメンスープなどに使う「ガラ」扱いなのでしょうか、
大手業務用スーパーにもありませんでした。
ネット通販、もしくはお肉屋さんにキロ単位で取り寄せを依頼すればいいのかもしれませんね。

良く洗った後、爪や残っている外皮を取り除き、さっと茹でこぼして臭みを抜いたら
以前買ってきた、スパイスや漢方がパックされている滷味の元のようなものと
醤油・砂糖・塩などの調味料を足してコトコトと煮込むだけです。
台湾独特のスパイスが苦手じゃない方なら、食べられると思います!
プルプルホロホロのゼラチン質で、豚足みたいな感じです。
見た目?大丈夫、見続ければ慣れるって!
a0107982_22535483.jpg

これは一時間ほど煮込んだものですが、残りは一晩冷蔵庫で寝かせて
明日また照り照りにしてみようと思います(多分こっちの方が好み)。
皮が所々破れてしまったのが次回の課題。火力が強かったのかなぁ。
滷味は、冷まして冷えた状態で食べる「冷滷」も一般的なのでそちらも試してみたいです。

ある筋からの情報で、もみじは現地と同じようにもう少し脛部分の長いものがあるとか・・・
次回はそっちを手に入れたい。食べられる部分が少なすぎるもの!

こんなグロい見た目のもみじですが、台湾では大量に消費されているそうです。
調理法も揚げたり蒸したり煮たりと様々。
コラーゲンが豊富でお肌にいいので、若い女性にも大人気なんだとか。
台湾美女が鶏の脚にかぶりついている姿はなかなか想像しづらいかもしれませんが
タイなどでも普通に見られる光景だったような記憶があります。

コラーゲンたっぷりのもみじ。私のほうれい線もこれでどうにかならないでしょうか。



パグは今日、フィラリアの検査を兼ねた健康診断をしました。
すべて異常なしでした。よかったよかった。耳も絶好調。

4月はパグ大出費月間です。フィラリア薬6か月分・狂犬病予防接種・ワクチン接種・保険支払!
a0107982_22575340.jpg

元気でいてね、頼むよパァちゃん!!
[PR]
by nakashik3 | 2014-03-23 23:07 | 異国料理を作る | Comments(2)

クラゲのような一品

先日わが家で台湾料理パーティーをしました。

何度か作ったことのあるものばかりを用意しましたが
ひとつ、ずっと作ってみたかったものに挑戦しました。
(と言っても私はレシピと材料を用意してたれを作っただけで、実際に調理してくれたのは友人!)

それは肉圓
台湾の九份の名物料理としても有名です。
そうそう、ジブリの「千と千尋の神隠し」で千尋のお父さんが食べていた
プルプルしているあれ、とも言われています。

去年、九份で初めて食べたのですが、見た目はクラゲのようだし
ほんのり赤い色がなんなのかわからないし
(のちに紅糟と言う、もち米に、紅米、麹を加えて酒を作った時に出来る酒粕だと知りました)
味も全く想像がつかなかったのですが、想像よりもおいしく
なによりそのインパクトのある見た目が面白く、ずっと作りたいなぁと思っていました。
a0107982_18341582.jpg

a0107982_18342587.jpg


レシピによると、片栗粉や上新粉などで外側の皮を作り
中にエビや豚やタケノコなどを味付けした餡を包み、蒸して作ります。
(地域によっては油で揚げるとかいろいろある模様)
わくわくしながら出来上がりを見ると・・・

おお!!それっぽい!!でもパクチー乗せるの忘れた!!
a0107982_18351810.jpg


現地で食べたもののように紅糟が入っていないので
色も香りも少し違いますが、充分満足!
(個人的メモ:少し硬いような気もするので次回はもう少し水分を多めにしてみる)

食べることや料理が好きな友人と、ワイワイやりながらお料理するのは本当に楽しい!


翌日、パーティーの際に友達が作ってきてくれた美味しいケーキの空き容器を
パグがゴミ箱から引っ張り出して、隅から隅まで舐めていました・・私、洗ったのかと思った!
a0107982_1835548.jpg

a0107982_18362387.jpg

「これ、誰がやりましたか??」と私が怖い声で聞いてもしらばっくれます。目をそらして知らん顔です。
そしてベッドに入り、素知らぬ顔でボーンを噛み始めました。悪いやつめ!
しばらくはパグの事を〝パグラゴウチ”と呼ぶことにします。
a0107982_18492399.jpg


そうそう、食用として買ったベルギーエシャロット、植えてみたら順調に育っているようです。
a0107982_18371698.jpg

どなた様かのブログで、10個が80個になったとあったのですが、そんなふうになったらすごいなぁ。
プランターだからそんなわけにはいかないと思うけど、今からすごく楽しみです!
(お義理父さんにも育ててくださいと押し付けた!私ったら図々しい嫁!)
[PR]
by nakashik3 | 2014-03-18 18:40 | 異国料理を作る | Comments(4)

ふすま貼りと胡椒餅

わが家は築50年以上の平屋。
現状入居の代わりに、格安で借りている一軒家の借家です。

リフォーム可ということだったので、
入居時にキッチン・リビング・客間・寝室に使う部屋は業者さんに頼んで
床から天井まで綺麗にしてもらいましたが、水まわりと細かな部分はそのままです。


そのまま部分の一つ、ふすま。
昔のつくりなので、部屋の仕切りはふすまですし、押し入れも多いです。

ずっと日に焼けて穴の開いているふすまを眺めては、貼り換えないとなぁと気になってましたが
道具もいるし、うまく出来るのかどうかわからないし、
夫はこういったことは大の苦手なので戦力外、一人でこなさないといけないので
うーん、どうしよう・・・と思っているうちにあっというまに6年目を迎える季節になりました。

随分前に、旅友さとみさんの自宅にお邪魔した時に、すごく素敵にセルフリフォームをしてるのを見て
すごーく感心し、材料の揃うお店を教えてもらいました。

そのお店のHPを熱心に眺め、それからさらに一年越しでようやく取り掛かりました。

今回使ったのはふすま紙ではなくて、生糊のついた壁紙。
壁紙をきれいに貼るための道具もついている初心者セットを購入しました。

壁紙の剥離紙には、5cm単位で目盛が付いているので、カットも簡単。
今貼ってあるふすま紙の上にそのまま貼ったので、思った以上に簡単でした。
HPにも貼り方や、実例がたくさん紹介されていたのでスムーズでした。

でもなにせ18枚!休み休み、ズボンを糊だらけにしながら3日ほど掛かりました。

ビフォー&アフター❤

a0107982_10361681.jpg

ビフォー



a0107982_1036592.jpg

アフター

穴はホームセンターで買った茶ちり紙でふさぎました。
あたりが出ることもなく綺麗になりました。

費用は一万円とちょっと。安い糊付き壁紙と道具5点の費用です。
私は2種類の壁紙を使いましたが、一種類なら更に安くなるかな。

正直なところ細かな部分でああ、素人仕事だなぁと思うところもありますが
コストを抑えて綺麗になったので良しとしましょう。

お世話になったお店はDIY好きには有名な(?)壁紙屋本舗さんです。
ここのHP見てると、何でも自分でできそうな気になって楽しいです。
洗濯機置き場の床がべコベコなので、いずれ直さないといけない状態です。
またその時にお世話になるでしょう。


もう一つちょっと熱心に取り組んでいるのが胡椒餅づくり。
人気台湾グルメです。

色々なレシピを探して挑戦しているのですが、いまだ一度も満足できず。
餡はそれなりのものが出来るのですが、皮がどうにもパンの様になってしまって
あの香ばしくカリッとしたものになりません。
a0107982_10534093.jpg
a0107982_10535271.jpg


今回のも、もう一息な感じ。
皮を薄くした方がそれっぽくなりますが、でもやっぱり違う・・・油かなぁ?
オーブンじゃなくて、炭火の窯で焼かないとダメなのかなぁ。粉物は難しいですね。


パグはひづめを噛んでご機嫌。私が羨ましいふりをすると、ものすごく得意気です。
見せびらかすかのような表情をします。
a0107982_1101215.jpg

一通りカミカミしたら昼寝。
a0107982_11031100.jpg

今日は暖かくて気持ちがいいね。
[PR]
by nakashik3 | 2014-02-26 11:05 | 異国料理を作る | Comments(2)

赤肉羹と油飯

今日の晩御飯も台湾ご飯。

赤肉羹。五香粉香の豚肉大根スープ。
a0107982_23132578.jpg

本当は「赤肉羹」と言うくらいだから、本当は豚の赤身を使うのだろうけど
バラ肉のブロックを買って来てしまった。でもそのまま作っちゃった!
あらかじめお肉に五香粉や台湾しょうゆ等でしっかり下味をつけて煮込みます。
レシピはこちら。Cpicon 五香粉香の豚肉大根スープ★(赤肉羹) by ☆♪(^▽^)♪☆秀子
すごーく美味しい。大根、ホロッホロでお箸でスッと切れちゃう!
大根も旬だし、温まるし、今の季節にピッタリです。


油飯。なんだかものすっごくクドそうなネーミングですが台湾版のおこわです。
色々なレシピがあるけど、今回はうるち米ともち米半々のレシピで作りました。
a0107982_2314085.jpg


色々なレシピに使える鶏のスープストックから作ります。
a0107982_23141615.jpg

干しエビ、にんにく、生姜、ネギなどを加え、煮立たせないように弱火で
じっくりゆっくり煮込みます。手間はかかるけど、美味しいごはんのためなら惜しみません!

手切りのミンチをベルギーエシャロットとともに香油で炒めて干しシイタケを加え
お米に干し椎茸の戻し汁と、鶏のスープ、調味料とこの具材をを加えて炊き込みます。
底にはほんのりとおこげが出来て、食欲を刺激します。
お肉はロースなので名前ほどギラギラしていません。でもカロリーは高そうだね。

今日もがっつりといただきました。ごちそうさま。
調理中、パグはずっとキッチンの私の横から離れませんでした。でもおこぼれはナシ!
a0107982_2316232.jpg


お風呂に入ったら、居眠りを始め一向に出ようとしないので、寒い浴室で私は冷え切ってしまいます。
a0107982_2317352.jpg

パグさんー!もう出ようよー!
[PR]
by nakashik3 | 2014-02-15 23:20 | 異国料理を作る | Comments(0)

辛くて楽しい「味仙」

名古屋名物の一つ、台湾ラーメン。
a0107982_18174078.jpg

                       (写真は味仙のHPから借用)


名前に台湾とつくものの、本場台湾には存在しない激辛ラーメンです。
名古屋の今池にある「味仙」の台湾人店主が考案したために、台湾ラーメンと呼ばれるそう。
(ベースは担通麺らしい。でも担通麺は全く辛くありません。)

味仙は名古屋では有名店ですので、私が「台湾料理が好きなんだー」と言うと
この辺りの方には、「辛いお料理が好きなんだね」などと返されてしまいます。
でも本当の台湾料理は、それほど辛いものはありません。おもしろい誤解ですよね。

味仙のメニューにはラーメン以外にも激辛のものがたくさんあって
本当の台湾とはすこし違うのですが、それでも美味しいので時々訪れたくなります。

そんな味仙で、先日新年会。

友人が予約を入れてくれていたので、行列を横目にすり抜けて、個室で宴会スタート!
回る円卓に一同興奮、ワイワイヤイヤイ大騒ぎです。
a0107982_18275064.jpg

激辛料理に汗を迸らせ、ビジネスから下らない話まで、みんなよくしゃべり、よく食べ、よく笑う!

みんな個性的な人たちなので、集まると本当に濃いと言うか、面白いのです。
話題の種類もいろいろで、受ける刺激も多く、いつもとっても楽しいです。
そんな仲間に夫婦で混ぜてもらって、私たちは幸せ者です。

そんな中、一月生まれの加藤くんと私にサプライズケーキを用意してくれていました。
嬉しくなっちゃう!どうもありがとう!
a0107982_18292855.jpg
a0107982_18293789.jpg

a0107982_18521845.jpg

a0107982_1975584.jpg

30代最後の一年、突っ走りたいと思います!頑張るぞ!!


相変わらず、飽きもせず台湾料理を作っています。
(以前から基本的に週に一度は「異国料理の日」を設けています。)
先日は魯肉飯。見た目地味ー!
a0107982_1853771.jpg

バラ肉のブロックを台湾で買ってきた大きなまな板と包丁で手切りのそぼろにします。
醤油もちゃんと台湾醤油で!五香粉が香る美味しいどんぶりになりました。
お漬物乗せたらもっと本格的だったなー。

扁豆炒蝦乾、いんげんと干しエビの炒め物。これ、すっごく美味しい!
a0107982_18533755.jpg

私は甲殻類アレルギーなので、干しエビでもたくさん食べるとカユカユになるのですが
これはそうとわかっていてもついつい口へ運んでしまいます。

どちらのメニューもベルギーエシャロットを使うのですが
私の近くでは売っているのを見つけられず、いつも築地から取り寄せます。
台湾に行ったときに売っているのを見たら、すごく安くてちょっとショックでした・・・
今年は食品として買ったベルギーエシャロットを発芽させて、なんとか育ててみたいです。
どうやら分葱とか、ラッキョウの育て方に準ずるとか。
とても楽しみ!上手くいくといいなぁ。

そして苦手な粉物も、少しずつ挑戦しています。
今回は葱油餅。
レシピをチェックすると薄力粉だけのもの、強力粉と半々のもの、
ショートニングを使うものといろいろです。

今のところ、これ!という仕上がりに至っていません。
まず、丸く綺麗に伸ばすことにつまずきます・・・難しい。
焼き方も油が少なくても美味しくないし、多すぎてもくどいし、要練習です。
なかなか「層になってサクッとしてくどくない」という理想の仕上がりにならない!

何枚も焼いて夫に食べてみてくれと差し出すので、最後には
「もう無理です・・胸やけが・・・キモチワルイ」と言われました。ごめーん!
でも最後の一枚は理想に少し近づいたかな。
加蛋葱油餅、卵入りです。
a0107982_18552957.jpg


まだまだ作ってみたいものがいっぱい。
私、一度ハマるとしつこいんですよ。


パグは最近耳の調子も良くて上々。ドライマンゴーの美味しさを知ってしまいました。
a0107982_1857349.jpg

シワシワすぎるよ。
[PR]
by nakashik3 | 2014-01-28 19:10 | 異国料理を作る | Comments(2)

食いしん坊って素晴らしい

台湾から帰ってすぐに台湾の香りが恋しくなって、晩御飯に作った。

a0107982_23162457.jpg

鶏のスープ。とてもシンプルな薄味のスープですが紹興酒が効いていて、ほっこり温まります。

a0107982_23163290.jpg

私の大好きな雞肉飯。鶏肉飯(ジーローハン)です。
生姜とベルギーエシャロット、茹で鶏のスープを使って作るタレが美味しいです。バクバク食べちゃう。

a0107982_23164390.jpg

この時期のきゅうりは高いのに美味しくないハズレのものを買ってしまうことも。歯触りが悪いとか苦いとか。
そういう時は迷わず炒め物にしてしまいます。
沙茶醤炒薑絲小黄瓜。きゅうりの沙茶醤生姜炒め。
味付けは沙茶醤と酒、醤油、塩。立ちのぼる香りは、いかにも台湾!
簡単なのにすごく美味しい!お勧めです。

私も相当な食いしん坊だけど、マキちゃんもすごい!!

日曜に早速胡椒餅を作って家まで届けてくれた!!
粉物って面倒なのに、仕事が早いね~。さすが!
袋まで手書き!楽しいー!
a0107982_2342640.jpg

a0107982_2344030.jpg

ご飯の後だったけどぺろりと美味しくいただきました。ごちそうさま❤

食いしん坊って素晴らしい!!

今回も食材をいろいろ買ってきた。日本でも通販で買えるんだけどね。
a0107982_23464077.jpg

これらを使っていろいろなメニューに挑戦したいな。
上手に出来たら台湾パーティーしたい!

そうそう、去年の12月に行った滋賀県の長浜で食べた焼き鯖そうめんも再現した!
a0107982_23504398.jpg

これも簡単で美味しかった。炭水化物摂り過ぎちゃうね。


御無沙汰のパグさん。元気ですよ。毎日甘えて可愛いです。臭いけど。
a0107982_23473375.jpg

寒いので家でイチャイチャしてます。
[PR]
by nakashik3 | 2014-01-20 23:57 | 異国料理を作る | Comments(0)

ミエン・ガー(鶏肉と春雨のスープ)

ベトナムの麺というと、フォーやブンが真っ先に頭に浮かぶのだけど
今日のお昼ごはんは春雨を使うミエン・ガー。
a0107982_1348429.jpg

骨付き鳥からスープを取ると美味しいのだけど、一人のお昼ごはんは簡単なほうがいいので
粉末の鶏がらスープを使いました。生姜を加えて、味付けは少しの塩とヌックマム(魚醤)。
葱とパクチーは庭から毟ってきます!パクチー、寒くなっても葉っぱを付けてくれてます。

ベトナムの麺はどれもおいしいけれど、私はダントツでホイアンで食べたカオ・ラウが好きです。
これは比較的コシのある米麺で、甘いたれを和えて食べるタイプ。
a0107982_13445834.jpg

すっごく美味しくて何度か食べたけど、未だ一度も作ったことがないので近いうちに挑戦したい!
a0107982_13525243.jpg

ホイアンは昼も夜も美しい街でした。また是非訪れたい。


ああ今年も食べたいもの、試してみたいものがいっぱいだよ~~。
誰か、一緒にいろいろ挑戦しません??


a0107982_13535710.jpg

パグは年が明けてもいつもと変わらず。
私がキッチンに立つと、ずっと足元にいます。危ないよ!
[PR]
by nakashik3 | 2014-01-06 13:55 | 異国料理を作る | Comments(4)

台式腸詰餅

今日の晩御飯は台湾風。
友人に会って、久しぶりに台湾の事が話題にあがって、食べたくなった!

台湾屋台料理ファンにはおなじみですが、台湾の腸詰(ソーセージ)って甘いんですよね。
ですので好き嫌いがあるようなんですが、私は大好き!
a0107982_21385750.jpg

さすがに腸詰に仕立てるのは大変なので、つくねスタイルのレシピで。

そのままでも美味しいですが、ケチャップに沙茶醤と豆板醤を混ぜたソースをつけて食べてもおいしいです。
五香粉と紹興酒がホワンと香って、いかにも台湾のソーセージ風!といった具合でうれしくなります。


スープは夫の好きな酸辣湯。
具材はタケノコ・にんじん・セロリ・きくらげ・しょうが・豆腐に溶き卵。
a0107982_21392062.jpg

台湾でも手軽に頂けるメニューですがあまり辛くないです。
好みでラー油を加えて。私は結構たくさん入れる派!
この季節、具だくさんスープは体が温まっていいですね。


もう一品は小魚花生。じゃことピーナッツの炒め物です。
じゃこをカリカリに揚げ焼きして、ニンニクと鷹の爪で香りを付けた油で炒めたピーナッツに合わせます。
ビールのおつまみって感じですね!でもごはんにも合いますよ。
a0107982_21393694.jpg


レシピはすべて内田真美さんの「うちで食べる台湾式ごはん」から。
今回もおいしくいただきました。

ドラマチック・パグ

[PR]
by nakashik3 | 2013-11-30 21:54 | 異国料理を作る | Comments(0)

インドネシア風の里芋料理

ELLE onlineのグルメページに枝元なほみさんの
「鶏肉と里芋のピーナッツバター風味」というインドネシア風料理レシピがありました。

インドネシアと言えば多民族国家なので、お料理も地域・島によって特徴が異なるようです。
ナシゴレン、サテーなどは、今では日本人にもよく知られていると思いますが
私には、全体的にスパイシーなものが多いイメージです。

今回のこのレシピは
「ピリ辛味とピーナッツバターのこってり風味がインドネシアっぽい味わい」
とあるので枝元なほみさんの創作レシピかな?
インドネシアには温野菜をピーナッツソースで食べる「ガドガド」という料理もあるしね!

材料はすべてそろっていたので(パクチーもまだプランターで頑張って葉を付けてくれています)
さっそく作ってみました。
a0107982_22355290.jpg

鶏モモ肉を焼き、ぬめりを取った里芋を投入。普通の煮物のような調味料を入れ煮込み、
里芋が柔らかくなったら、ここでピーナッツバターと豆板醤を加え
仕上げに砕いたピーナッツとパクチー、カイエンペッパーをトッピングして完成!

a0107982_223613100.jpg

こうして見ると全然異国料理っぽくない晩御飯ですけどね。普通の日本の御飯だ。
お味は予想通りこってり濃厚。ピリリと効く唐辛子とパクチーが異国感を押し上げます。
ただ鶏を焼いた時に出る油を、しっかり取り除いておいた方が良かったかも。
冷めたら恐ろしい様子に・・・鍋を見て仰天。スゲー油ダヨ・・・


パグは最近爪切りを嫌がって、切らせてくれません。無理に切ろうとすると怒ります。
いままでそこまで拒絶されたり威嚇されたりしたことがなかったのでショック。
4歳を目前にして反抗期でしょうか・・・
a0107982_22511831.jpg

パァちゃん、爪、切ろうよぅ。
[PR]
by nakashik3 | 2013-11-20 22:55 | 異国料理を作る | Comments(0)