カテゴリ:国内プチ旅行( 28 )

8人で金沢へ

金沢出身の友人の企画で、金沢へ一泊旅行へ出かけました。

大きなレンタカーを借りて、職業も個性も様様な男女8人が集い、まるで修学旅行のようです。
おしゃべりのネタも尽きず、渋滞知らずの道中からもうすでに楽しい旅の予感!!
音楽好きなみんなが一枚ずつセレクトしたCDを聴きつつ、サービスエリアでは、はしゃいだり食べたり。
約4時間の道のりもあっという間でした。
a0107982_1222327.jpg

a0107982_12223929.jpg
a0107982_12224620.jpg
a0107982_1222546.jpg


宿泊先は予約しておいて頂いたゲストハウス「shaq big house」さん。
HPはこちら
今回私たちは8人だったのでドミトリーを貸し切り。二段ベッドが4つです。
中心地から徒歩圏内ですが住宅街の静かな場所に立地していてます。
設備も一通り揃っているし、オーナーさんも優しくて居心地の良い宿です。
外国の旅行者さんも沢山いらっしゃいました。また是非利用したいです。

宿に荷物を置いたら、中心部を散策。
古本屋さんや古道具屋さん、カフェやレコード屋さんなど、みんな各々楽しみます。
a0107982_12302266.jpg

a0107982_12303462.jpg

collabonさんにて。

金沢は駅から徒歩圏内にいくつかの観光エリアがあります。
こじんまりとして、風情もあっていていいですね。

さて、金沢と言ったらお魚!!
みんなが楽しみにしていた晩御飯は、居酒屋割烹のお店「源左ェ門」さんです。
こちらも予約してくださってたのですが、周りのお店もこちらも気候のいい時期の週末とあってか、
どこもすごい人!満席だらけです。(蟹の解禁の時期だからかもしれません)

お通しからとても美味しくて、テンションが上がります。
そして、お刺身の舟盛りが素晴らしかった!みんな我を忘れて突進!
だって、美しくておいしいんだもの!!
a0107982_1238063.jpg

a0107982_1238101.jpg

加賀野菜のてんぷらやその他の魚料理も期待を裏切らずとても美味しかった。
お酒もいろいろあって美味しそうでしたよ。大満足の夕食でした。

その後はジャズ喫茶で飲む男性陣と銭湯組に分かれ、それぞれの時間を楽しみました。
お風呂屋さんは、昔ながらの銭湯で、お湯も熱めで疲れがいやされました。
懐かしいお釜式のドライヤーがあったので試したら、前髪がトルネードされました。面白かったです。

再度バーに集合。ここでしばらく軽食を頂いたり写真を見返したりしてワイワイやったあと宿に戻りました。
a0107982_14113291.jpg



翌朝はみんなより少し早起きした私とナオティンで宿周辺を散歩し、マラソン大会を応援したり、
ドトールでモーニングコーヒーを飲んだ後、支度の整ったみんなと合流。
a0107982_14143089.jpg
a0107982_14144767.jpg




宿を後にしたら、新鮮な魚介の並ぶ市場へ出かけました。
a0107982_1415821.jpg

a0107982_14152586.jpg

a0107982_14155627.jpg


ここで買い食いや、おいしいお寿司や海鮮丼を食べ、お土産を物色しつつ散策。
こちらも沢山のカニを目指す人でごった返していました。活気にあふれ楽しかった。
a0107982_14195169.jpg

a0107982_14164315.jpg

a0107982_14235290.jpg

a0107982_14171934.jpg


そしてむさしエリアの金沢表参道で、たまたま催されていたマルシェ(?)のようなイベントがあったので
そこでもパンなどを買い食いをし(美味しいものが沢山あった!)手作り作品などを眺めました。
a0107982_142539.jpg

小雨降る中でしたが、こちらも金沢の若い人たちのパワーを垣間見ることができてとても楽しかったです。
試食させていただいた「森の実ボーロ」がとても美味しくてかわいくて、
ギフトを用意する機会があったら、利用したいなぁと思いました。HPはこちら


そして金沢と言えば21世紀美術館。こちらもゆっくり一つずつ観賞し楽しみました。
今回の企画展は「ジャパン・アーキテクツ1945-2010」と「3.11以後の建築」。
一流の建築家の緻密な設計図面を目を凝らして眺めていると、頭がくらくらしてきましたよ。

美術館を後にしたら、セレクトショップや雑貨屋さんを覗いて、リーダー新田君が高校生の時に、
おやつ代わりに食べていたという巻きずしのお店へ。ちくは寿司さんです。
a0107982_1421841.jpg

a0107982_14203052.jpg


1本120円くらいからの細巻きで、具材はタコやげそから、たこ焼きまでとさまざま!
私はオーソドックスなタコマヨをチョイス。
小さな小さなお店ですが、これまたとても手軽なうえに美味しくて、とっても嬉しかったです。
ああ、今すぐにでもまた食べたい!!

こうして新田君のおかげで金沢の一泊二日旅行、大満足で帰路につきました。
おとなの修学旅行、いろいろなメンバーが揃ったので、面白い話も沢山聴くことができて、
食はもちろん、あらゆる面で刺激的でした。とにかくよく笑いました。

旅が好きで、夫や一人で出かけることはあっても、
なかなかこんなふうに同世代で沢山集まって旅行する機会はないので、
今回参加させてもらってとっても嬉しかったです。
予約や段取りに奮闘してくれた新田君に感謝です。ありがとうございました!
a0107982_13203724.jpg

またいつかこんなふうにどこかへ行けたらいいなぁ。

あ、次回は夫も一緒にね!(超繁忙期突入でお休み取れず!)
[PR]
by nakashik3 | 2014-11-12 14:25 | 国内プチ旅行 | Comments(0)

高松・女木島へ②

翌日一番に向かったのは、またうどん屋さん。
「中西うどん」さんです。朝早い時間なのに、すでにお客さんが沢山います。
a0107982_1248279.jpg

もちろん美味しいです。お出汁と麺の相性も最高!!トッピングした甘い揚げもしみじみ美味しい。
(夢中になりすぎて写真はございません)
朝早くからオープンしているうどん屋さんが当たり前のように普通に存在する香川、さすが「うどん県」ですね。
愛知県民には「朝からうどん」は新鮮です。少し車を走らせれば、数え切れないほどうどん屋さんがあるし。
愛知県民にとっての喫茶店みたいなものなのかしら??

さらに友人と合流して、「うどんバカ一代」さんへ。(ここにも曽我部氏のサインがあってニンマリ)
麺の量も多く、大喰らいの私、大満足。同じ冷かけでも、お出汁や麺にそれぞれ特徴があって面白い。
a0107982_11194121.jpg

ここは釜バターなるものが名物のようですが、今回は冷かけで。お出汁、美味しいかったなぁ。
次回は名物の釜バターを食べよう。ああ、明日にでも食べたい・・・



腹ごしらえの後に向かうのは、瀬戸内生活工芸祭が開催されている「女木島」です。
高松港から約4キロ、フェリーで20分の小さな島です。
パグは無料でした。この旅行のために買ったスリングに入れて、夫が運びます(激重!)
a0107982_11244637.jpg

連休はお天気がよく気温が高かったので、潮風が気持ちいい~♪

芸術祭、会場の雰囲気と相まって、素敵でした。都市部のように人が多すぎてぎゅうぎゅうじゃないのもいい。

a0107982_12112174.jpg

a0107982_12582029.jpg

a0107982_12584134.jpg

a0107982_1259019.jpg

a0107982_133230100.jpg

a0107982_12592896.jpg

a0107982_1311857.jpg

a0107982_139031.jpg
a0107982_13114768.jpg

a0107982_13325230.jpg


廃校になった学校の中庭を会場とした、大竹伸朗氏の「女根」のトンチキ極彩具合が面白かったです。
a0107982_13162218.jpg

a0107982_13163089.jpg
a0107982_13164353.jpg
a0107982_13172092.jpg

a0107982_13213473.jpg

a0107982_13215811.jpg

a0107982_1330334.jpg

a0107982_1331073.jpg




彼が作詞をしたEGO-WRAPPIN'「女根の月」のPVはロケ地が女木島なので、これをみると
島の雰囲気がよく伝わるのではないかと思います。



同じ場所で写真を撮ってみたけれど、私たちは垢抜けない夫婦なので、しゃれた感じになりませんでした。
無念・・・・
a0107982_1314484.jpg
a0107982_13145640.jpg




島を満喫したら、高松に戻り、またうどんを食べます。
この旅最後のおうどんは、上原屋さんです。
ここはうどんも出汁も美味しいのですが、天ぷらもすごくおいしいです。コロッケも美味!
a0107982_13353324.jpg


その後、友人がオープン予定のゲストハウスを案内してもらったり、
(立地は最高、とってもおしゃれなゲストハウスになりそうでわくわく!)
周辺の古着屋さんや古道具屋さんを教えてもらってすごーく楽しかった。

お世話になった友人御夫婦とお別れしたら、この旅最後の目的地、仏生山温泉へ。
a0107982_13583090.jpg

前回の高松に来た際に教えてもらって、お気に入りとなったので、再度訪問です。
パグがいるので、先に夫が入って交代し、私の入浴中に夫は帰路の体力補充のため、仮眠をとります。
a0107982_135957.jpg

ここは本当にシンプルで無駄がなく、落ち着きます。かけ流しのお湯もお肌がつるつるになって嬉しい。
a0107982_13591136.jpg
a0107982_13592392.jpg


すっきりした気分で帰路につきました。
三連休最終日なので、渋滞は覚悟していましたが、やはり吹田周辺で10キロほどの渋滞がありました。
でも私とパグは途中からいびきをかきながら寝てしまったので、気づきませんでした。
夫は、長時間の運転も絶対に文句を言わずこなしてくれるのでありがたく感謝してます。

今回も旅友さとみさんには大変お世話になりました。ありがとうございました!
ゲストハウスの完成が待ち遠しいです。

うどんにアートにおふろにおしゃべり!とても充実の一泊二日、弾丸旅行でした。
a0107982_14142798.jpg

おわり。
[PR]
by nakashik3 | 2014-09-19 14:16 | 国内プチ旅行 | Comments(0)

高松&女木島へ①

週末の日曜と祝日の二連休に、夫とパグと四国・香川県へ出かけました。

今回も犬連れなので、車中泊です。
夫の車がハイエースに変わったので、なかなか快適。
前日から掃除機をかけて、水ぶきして、マットレスを敷いて、寝袋や布団、パググッズを積み込みます。
カーテン代わりの布も忘れずにね!!

3連休のなか日なので渋滞を考慮して、夜中の3時には出発。
おかげで混雑もなくスイスイ道中でした。
パグは11キロもあるくせに、私の膝から一歩も降りず、足がしびれました...

来たよ~明石海峡大橋!ここは何度通っても「わーーー!」って気分が盛り上がりますね!
a0107982_1304669.jpg


津田の松原SAでは、前回の旅で食べ損ねた「うどんバーガー」を食べなくては!
a0107982_1392672.jpg

a0107982_1384465.jpg

本当にうどんだよ~。ちゃんと和風だしの味がするよ~。美味しい!

「さっきーちゃんバーガー」なる新作も登場してました。メンチカツの中にうどんが入ってます。
a0107982_1391136.jpg

どちらも結構なボリュームです。満腹の朝ごはん!

パグもここで散歩&朝ごはんです。
a0107982_1310585.jpg

a0107982_13101362.jpg

ドッグランもあって沢山の犬連れ家族で賑わっていました。
 


今回の旅の目的の一つに、高松の港近くで開かれる台湾イベントがありました。
a0107982_13195983.jpg

エッセイストの青木由香さんやミュージシャンを招いたり、写真展や講演会もあったのですが
残念ながら私たちが訪れたのは日曜だったので、目玉イベントは終わってしまっていました。
でも雑貨屋さんが出ていたり、ワークショップをやっていたり、茶葉卵が売っていたりして面白かったです。
全国でこんな台湾イベントが沢山開催されたらいいなぁ。
だれか、名古屋で大々的に主催してくれないかしら??

さて、香川に来たらうどんです。
ネットで美味しそうなところを探すと少し離れた場所に評判の良さそうな店が。
さっそく車を走らせます。
到着したのは「一福」さん。細めでコシのある麺が有名だそう。

到着するとすでに長蛇の列。駐車場も満車!美味しいお店はどこも混雑しているんですよね。
パグは入れないので私と車で待って、夫と交代で並びなおして食べる覚悟でいましたが、
夫がお店の方に「犬連れなので車の中で食べてもいいですか?」と聞いてくれました。
そしたら店主さんがオッケーをくださいました。嬉しかったなぁ。ありがとうございます!
a0107982_13332125.jpg

麺は評判通り細め、そしてもっちもっち。ここは冷かけうどんが絶対に美味しい。
食べ比べたかったので暖かい釜たまうどんも食べましたが、軍配は冷や!
釜たまももちろん美味しかったですけどね。

その後夫は栗林公園で大名庭園を見たいということで、私とパグは車で昼寝。
犬連れはいろいろ不便ですが、臨機応変ですごします。
夫も庭を満喫し、私も睡眠不足を解消しました。

高松の港周辺を散歩したり、商店街をぷらぷらしてお土産を買ったり、
まるっと忘れてきた私の着替えを無印で調達したりして高松市中心部を散策しました。

さてさて、そうして日が沈んだ頃、今回の旅の一番の目的、旅友達のさとみさんと再会!
距離の割には結構な頻度で会ってるような気もしますが、毎回いろいろな刺激を頂けて楽しいのです!
チキングリルのお店の犬OKのテラス席を予約して下さってて(もう、いたれりつくせりよ!)
美味しい料理とおしゃべりを大いに楽しみました。ああ、幸せ~。

翌日の待ち合わせを約束して、私たちはこれまたさとみさんが調べて教えてくれた道の駅へ。
ここ「道の駅 香南楽湯」はその名の通り温泉施設が併設されています(夜11時閉館)。
ここでお風呂に入って、夜を過ごします。
トイレや洗面もきれいで数もあるので快適でした。
100台ほど駐車場があるのですが、私たちと同じような車中泊も多いようで、
大型車が30台ほど夜を過ごしていました。
車中泊は人気が少ないと夜中のトイレなど、ちょっと怖いので、心強かったです。
早朝には、小さなテーブルを出して慣れた手つきでモーニングコーヒーを入れる年配のご夫婦もいたりして
ほっこりしました。年をとったらこんな風に夫婦二人で全国津々浦々するのもいいですね。
疲れも手伝って、二人と一匹、朝まで快適快眠。香南楽湯さん、ありがとうございました。

その2へ続く・・・
[PR]
by nakashik3 | 2014-09-18 14:04 | 国内プチ旅行 | Comments(2)

丸山千枚田と熊野本宮大社

海の日の7月21日、久しぶりに休みが取れた夫と、毎日が日曜日のパグと一緒に
日帰りで熊野方面へ出かけました。

お目当ては夫の熱望で丸山千枚田。
残念ながら7月6日の虫送りには間に合いませんでしたが、その分渋滞や混雑もないので良しとしましょう。

私の希望は熊野本宮大社。ここでカラスの絵の付いたお守りを買いたいのです。
カラスの教科書を読んでから、すっかりカラス好きに!)
朝6時過ぎに支度を済ませて、二人と一匹、ご機嫌で出発です。

途中、道の駅に寄り道して、地元の野菜を買ったり、買い食いしたり。
犬連れは、こまめに寄り道をします。
パグは11キロもあるくせに、助手席の私の膝から降りようとしないので、お尻がすごく痛くなります・・・
重いよ!!


丸山千枚田ヘ向かう途中、世界遺産の一部となった海岸景勝地、鬼ケ城へ立ち寄りました。
a0107982_102482.jpg



遊歩道を抜けた先にある鬼ヶ城は、素晴らしい自然の造形美!
a0107982_191178.jpg

a0107982_194168.jpg

なんだかちょっとぺトラ遺跡を思い出します。
日陰に入って潮風にあたると気持ちがいい!!

この日も天気が良く暑かったので、パグは保冷剤を首に巻いていましたが、
日陰を選んで歩いても、案の定すぐにハァハァです。顔が壊れます。
a0107982_120512.jpg

熱中症も怖いので(パグのような短頭種は暑さに非常に弱い)
夫が抱えて、アップダウンのある道を歩きますが、なにせ11キロ・・・
夫の方がはるかにハァハァです。
こういう時にも彼は絶対に文句を言わないので、心底尊敬します。
a0107982_1101795.jpg

a0107982_1103457.jpg

a0107982_1104948.jpg


散策の後は、ここで売られている名物さんま寿司をお昼ごはんに。
a0107982_1115484.jpg

ひと口頬張ると、ほのかにゆずの香りが鼻に抜けて、すごーく美味しかった!!
お値段も予想以上にリーズナボー!

神さんまはしっかりした味付けで、おつまみって味わい。
車の中でモシャモシャ食べるようなものではないですね・・

その後、山道を抜けて、たどり着いた丸山千枚田!ドドーン!
a0107982_122370.jpg

立派です!!
a0107982_1222691.jpg

a0107982_1224167.jpg

a0107982_12314.jpg


千枚田で一番小さな棚田。
a0107982_124578.jpg


棚田を見渡せるポイントが何か所かあるのですが、そのすべてを廻り、
夫はたいそう満足そうでした。よかったね!
a0107982_1243731.jpg

本当は、棚田のベストシーズンは、春と秋なんだそう。
水を張った田は、空を写しより一層素敵らしいのです。
秋の収穫後もこれまた素敵で、写真を撮りに来る人たちは春夏!と相場が決まっているそうです。
確かにこの季節は苗が伸び、あぜの草も伸びるので棚田の輪郭は少々ぼやけます。
またベストシーズンに来て、別の顔も見てみたいな。


そしてさらに車を走らせ、熊野本宮大社へ。
a0107982_125672.jpg


ここはありがたいことに、ペットを連れての参拝が可能です。
a0107982_1253143.jpg



家族揃ってお参りをして、カラスのお守りも無事購入。
a0107982_1261117.jpg

a0107982_1265439.jpg

他にも赤と青があったよ。


帰り道、道の駅「奥熊野古道ほんぐう」に寄り道をしてお土産を買ったり、ご飯を食べて帰路につきました。
a0107982_133302.jpg

古道弁当。ほかにも、めはり寿司などもありました。
a0107982_1354048.jpg

外にもイスとテーブルがあったので、パグがいても大丈夫!

久し振りのちょっと遠出、派手さは全くないけれど、とても楽しかったです。


今回、道の駅や無人販売所で買った野菜。
a0107982_1391218.jpg

初めて見た野菜、「金時草」。
a0107982_139471.jpg

a0107982_140933.jpg

ネットで調べると加賀野菜で、沖縄などでも割とメジャーらしい。
クックパッドのレシピでナムルにしてみました。
a0107982_1411830.jpg

ぬめりがあって、ちょっとつるむらさきに似てるかな??
独特の風味があって、美味しかったです。

次回は是非、輪島の白米千枚田へ行きたいなぁ。
これまた少々遠いけど、重いパグも連れてね。
[PR]
by nakashik3 | 2014-07-27 01:46 | 国内プチ旅行 | Comments(2)

長浜 鯖そうめん

火曜日、友人と滋賀県長浜市で待ち合わせをして、散策を楽しんできました。

残念ながらこの日はあいにくの雨で、気温もこの冬一番の寒さでは・・という気候。
でもいいんだー。彼女と一緒にブラブラモグモグおしゃべりできたらそれでいいんだー!
お店も火曜定休が多いんだけど、それでもいいんだー!

師走は何かとやることがあり大忙しなので、休みの日は気分転換に色々なことを楽しみたい!
中でも大好きな人たちとのおしゃべりは必須なのです。

腰&背中にカイロを貼り付け、傘を片手にJRを乗り継いで到着です。

長浜は黒壁の古い建物が連なるストリートが有名で、地方の町おこしの成功例なんだそう。

駅前にはスーパーがあるくらいで特に何もないのですが、少し先を進むと観光地として有名になった
黒壁スクエア」があります。

ストリートには沢山のお店やギャラリーや宿などがありますが、古い建物をうまく利用して
とても雰囲気よく店構えしています。
(雨&寒さで写真はほとんどない・・・)

ここでとっても嬉しかったのはご当地料理の「鯖そうめん」が食べられたこと!
超有名店らしい「翼果楼」さんにお邪魔しました。ここの建物もとっても素敵!
a0107982_156941.jpg

甘辛い鯖の煮汁に素麺を放り込んだ家庭料理なのですが、これをおかずにご飯を食べるんだって!
以前TVで見て、うわー作ってみたい―!と思ったきり忘れていて、ここで奇跡の出会い!(大袈裟)
釣りを楽しむお義父さんによく鯖を頂くので、夫にも作ってあげようと思います。
鯖寿司も生姜が効いていてとっても美味しかった!ここオススメです。

散策途中にカフェをはしごして、美味しいものを食べたり飲んだりして
a0107982_15161678.jpg
a0107982_15162676.jpg

何よりわくわくする話をたっくさーんして、今回も大満足の楽しい一日でした。
何だかよくわからないエネルギーみたいなのがむくむくと湧いて、帰宅後も興奮ぎみ。
来年は私も、この興奮やわくわくを少しでも形にできたらいいんだけどな。

次回はもうちょっと温かい季節に、夫と一緒に高島市の棚田とセットで訪れよう!



留守番パグさんは昨日の夜もほっかむり。
a0107982_15185338.jpg

あんまり楽しそうじゃないね。
[PR]
by nakashik3 | 2013-12-12 15:28 | 国内プチ旅行 | Comments(2)

秋のお出掛け

先週土曜日、友人一家の行楽に私も混ぜてもらって、秋の一日を楽しんできました。

目的地は奈良県の長谷寺。
a0107982_2054452.jpg

予想はしていましたが、やはり紅葉はまだ少し早かったみたい。色付いていたのは一部。
でもその分混雑もなく、道中や駐車はとてもスムーズでした。
a0107982_19453974.jpg

今週末辺りが見頃のピークでしょうか??

この辺りの名物料理は柿の葉寿司。この時期は鯖と鮭があります。
a0107982_19463488.jpg
a0107982_1946439.jpg

a0107982_1947499.jpg

出来立てを店内で頂きましたが、すごく美味しい!!20個くらい食べれると思った。
ほかに、よもぎ餅とかとち団子とか葛菓子なんかも有名で、どれもおいしいです。


その後大阪の道頓堀でタコ焼きを食べ比べ、べとつくテーブルで金龍ラーメンを食べ、
すごい人混みにびっくりしながら、グリコの人だけ写真に収めました。
a0107982_1950513.jpg



そしてそのまま万博記念公園へ。
a0107982_19512668.jpg

太郎さーん、来たよ~!
a0107982_19541643.jpg

a0107982_19544414.jpg

EXPO’70パビリオンもずっと行ってみたかったので嬉しかった!
a0107982_1955194.jpg
a0107982_19552090.jpg
a0107982_19553575.jpg
a0107982_1955527.jpg
a0107982_19561414.jpg
a0107982_19563479.jpg
a0107982_19564869.jpg
a0107982_1957326.jpg

昭和、夢とロマンがあっていい時代でしたねぇ。
ここは大人も子供も楽しめていいですね。犬も入れたらいいのになぁ。パグと一緒に来たいよ。


時刻は夕方。しかしここで帰宅、とならないのが友人一家。子連れですがすごくタフです。


車は京都市北区へ向かいます。
目的地は、築80年の銭湯をリノベーションして店舗にしているカフェ「さらさ西陣」さん。
a0107982_2001284.jpg

長谷寺へ向かう途中の車内で出た、「いつか、行きたいんだー」なんて私のつぶやきが
「いつかで」はなく「今日」に!彼らのその好奇心に脱帽です。そして感謝!
(私信:以前ブログに素敵な記事をアップしてくれたiomloveさんにも感謝!)

店内は古いタイルに囲まれ、ところどころに銭湯時代の名残が見られ楽しい。
a0107982_19583098.jpg
a0107982_19584385.jpg
a0107982_19585677.jpg
a0107982_1959797.jpg

そしてオシャレカフェメニューと言えば「ちょっぴりごはん」が定番で、私はいつも足らないのですが
ここの照り焼きチキンサンドはポテトやサラダもついていて、食べごたえ十分でした。
a0107982_19593236.jpg

そして珈琲がとっても美味しかった。大喰らい女、満足です。

とても分かりにくそうな場所にあるので、私ひとりじゃ辿り着けなかったかも・・・
思いがけず訪れることが出来てとっても嬉しかったよ。


こうしてはち切れそうなおなかを抱えて、高速道路に乗って名古屋へ戻り
秋のお出掛けは幕を閉じました。

よくばりてんこ盛りツアー、友人家族みんなのおかげでとっても楽しかった!どうもありがとう!

秋の気候のいいうちに、もう1か所、どこかへお出掛けしたいなぁ。
できれば今度は夫も一緒に!あ、パァちゃんも一緒にね!
[PR]
by nakashik3 | 2013-11-19 20:09 | 国内プチ旅行 | Comments(2)

高松弾丸ツアー その2

a0107982_1049097.jpg

半日島を満喫し、フェリー「めおん2」で市内に戻ったら、レンタサイクルを利用します。
身分証明書を提出すると、利用者カードを発券してくれるので、自転車を借りたら
カードをゲートの機械に通して利用開始です。
a0107982_1182560.jpg

料金は6時間で100円。24時間で200円。利用者にやさしい価格設定でありがたい。
(カードの下にある高松市街地の“ちゃりんこマップ”は、高速バス待合室で頂きました)

さて、自転車で市内を颯爽と走り向かったのは2杯目のおうどん屋さん。

ガイドブックにも載っている有名店「さか枝」さんでかけうどんとかしわの天ぷら。
300円以下で食べられる幸せ♪
a0107982_10483661.jpg

さか枝さんは完全セルフのお店で、自分で湯がいてトッピングしてお出汁を注ぎます。
旅行者にとってはこういった体験も面白く、思い出になりますよね。

食後のコーヒーは1962年オープンの元祖デザインカフェ「城の眼」へ。
a0107982_11131011.jpg

(写真は香川県公式観光サイトさんからお借りしました)
とても大人な空間。さすがといった感じです。素敵!
この日は夏日の様に暑くて、お店の室温が高く、アイスコーヒーを頼んでしまったのですが
次回は是非ホットコーヒーでまったりしたいです。

お腹が満足したところで高松丸亀商店街を散策。オシャレな雑貨屋さんやお土産屋さんを楽しみます。
アーケードは天井が高すぎるほどに高く、さまざまなお店が並んでいます。

その後は近年開発され活気づいているという北浜地区へ。
ここにもお洒落な雑貨屋さんや飲食店が並びます。
なかでも有名なカフェ「umie」さんへ。
a0107982_11493375.jpg

古い倉庫の空間をおしゃれなインテリアでまとめています。
カウンター席からは海が見えますよ。
ここで食べたポテトとチーズのピザも大変美味でした。
a0107982_11494664.jpg



ここでしばし一服したあとは、また商店街でお土産屋さんなどを見て回り、
あっと今に夕ご飯の時間です!

今回の夕ご飯は超有名店、骨付き鳥の「一鶴」。
a0107982_1150512.jpg

おやどり、ひなどり、とり飯を頂きます。ジューシーでスパイシーでおいしい。
高松のお店もモダンでちょっとした高級感があります。
入った時には空席のあった店内も、出るころにはお客さんでいっぱいでした。
さすが有名店ですね。

ここでお世話になった旅友達とお別れ。彼女は7時半のバスで関西へご帰宅です。
彼女に琴平電鉄の駅まで送っていただいて、私は住宅街にある仏生山温泉へ向かいます。
a0107982_11512553.jpg

a0107982_1150459.jpg


今回の旅は、私のふとした妄想から始まったわけですが
旅友の彼女が、私の希望をばっちり取り入れたコーディネート&エスコートをしてくれたのです。
どこへ行くにも地図をささっとチェックし(超方向音痴の私からしたらスゴイ神業!)
非常にスムーズに無駄なく旅を満喫させてくれたのです。
そんな風に一日お世話になったので、見送ってくれた彼女の背中が駅のホームから小さく見えた時
40間近ですけど、まるでシンデレラエクスプレスの主人公の様に(若い人は知らぬか?)
センチメンタルな気分でした。旅の終わりと友のありがたさを感じて。
こういった柄にもない感情も、旅ならではの醍醐味。みなさん、旅はいいですよ。


話はそれましたが仏生山温泉。
a0107982_11522231.jpg

琴平線仏生山駅から10分ほど歩くと住宅街に現れます。
本当にこの道で合ってるのかしら?と一瞬不安になるような通りにありました。
a0107982_11524053.jpg
a0107982_11525225.jpg

噂通りモダンシックで素敵なお風呂屋さんです。見た目だけではなく、なんと源泉かけ流し。
フロントや休憩所も素敵ですが、お風呂もとっても素敵でした。オススメです。
a0107982_11531013.jpg
a0107982_11531967.jpg
a0107982_11533311.jpg



そうして一日の疲れを癒し、高松駅に戻り10:10発の夜行バスに乗って、翌朝名古屋へ戻りました。


少々ハードスケジュールの高松弾丸旅行でしたが、翌日も普通に過ごせる体力は残ってました。
スムーズな旅と、温泉、夜行バスで眠れたことがよかったのかな。
意外とタフな自分にちょっと嬉しかったです。とても楽しい旅でした!

最後に旅友さとみさん、今回も本当にどうもありがとうございました!是非またお付き合いください!


おしまい。
[PR]
by nakashik3 | 2013-10-13 12:02 | 国内プチ旅行 | Comments(4)

高松弾丸ツアー その1

以前このブログで、高松へ旅をする妄想を記したのですが
脳内に抑え込んでおくことが出来ず、現実のものとなりました。

だって、大好きな旅友達が合流できるって言うんだもん。
そりゃもう、行きますって。


そんなわけで、軽快なフットワークとワンツーステップでお互いの日程をさっさと調整し
夜行バスの切符を早割&ネット予約割引で押さえました。お値段片道4610円!安い!

何度だって言うけど、これくらいのスピードで「開かずの間」の掃除が出来たらいいと思う・・・


7日夜、超繁忙期で激疲れの夫に「パグのごはんとトイレ、よろしくね!」とにこやかに手を振り、
気ままな鬼嫁は名古屋駅から高松駅行きの夜行バスに乗りました。
a0107982_14224247.jpg
a0107982_14225090.jpg

これね。オリーブ松山号。23時出発・翌6時38分着。(実際には10分くらい遅れて到着)
日本の夜行バスはとっても清潔。私はどんなところでも大抵眠れる性分なので快適快適。
過去に海外のバスで「いびき」に安眠妨害された記憶があるので、耳栓は忘れません。

無事到着し、友人と合流。一発目のおうどんは駅前の「味庄」で。
a0107982_14233575.jpg

食べログなどでは賛否両論のお店ですが朝イチの胃袋にはこれくらいの柔らかさでもいいかも。
おじいさんとおばあさんがマイペースにやってるおうどん屋さんって感じです。5時から営業ってすごいね。


その後、高松駅のすぐそばにあるフェリー乗り場に移動し、瀬戸内芸術祭の「男木島」へ向かいます。
a0107982_1424152.jpg

女木島を経由して40分ほどで到着するとすぐにアート作品が目に入ります。
これ、テレビなどで目にした方も多いんではないでしょうか?
a0107982_14241899.jpg


少し先を行くと、民家をギャラリーにして展示された作品が見られます。
a0107982_14273312.jpg
a0107982_14274349.jpg
a0107982_14275283.jpg
a0107982_1428150.jpg


男木島は平地がほとんどない山地で、民家も坂の途中にあり、小さな道が入り組んでいるので
ヒールなど履いてくると、恐ろしく後悔しそうです。どんどん歩ける靴、奨励です。
a0107982_14243771.jpg
a0107982_14244813.jpg
a0107982_1425285.jpg



灯台を見に行く途中に小さな看板が。見落としそうなコーヒーフィルターのメニューが素敵。
a0107982_14282340.jpg
a0107982_14283314.jpg

てっきり若い女子がやっているカフェかと思ったら、気さくで素敵なおじさまのカフェでした。
週に8時間くらいしか営業してないそうなので入れたらラッキーなのかも。
a0107982_1430262.jpg


山ブドウのジュース。濃くて体に良さそうで、とっても美味しかった。
a0107982_14311025.jpg

このカフェは山というか、林というか、草むらというか、
とにかく普通の人ならば手を入れるのにためらいそうな所にあるのですが
ご夫婦で場所を切り開き、すべて手作りで建物をこしらえたそうです。すごいね。
瀬戸内を見下ろす場所で、やきものを焼いたり、木のスプーンを掘ったり、
食べ物を育てたり、住居を建てたり、カフェをやったり・・・
何だかすごく楽しそうな人生です。
a0107982_14305229.jpg




先を進んで男木島灯台を眺めます。
途中であった地元のおじさんによると、石の灯台は日本で2つしかないそうですよ。とてもきれい。
a0107982_14315248.jpg
a0107982_143218.jpg

灯台にも「日本の灯台50選」があるんだね。
愛知県だと、田原の伊良湖岬灯台が選ばれているよ!

お昼ごろまでアート作品を楽しみます。楽しい!
a0107982_14353022.jpg
a0107982_1435426.jpg
a0107982_143603.jpg

a0107982_1442758.jpg

a0107982_14364062.jpg

a0107982_14361058.jpg


男木島には猫もたくさんいました。
豊玉姫神社にいたこの子はボス猫だったらしい。すごく人懐っこい。
a0107982_14414219.jpg



島を満喫したら、まためおん2にのって高松市内に戻ります。

その2へ続く。
[PR]
by nakashik3 | 2013-10-12 14:46 | 国内プチ旅行 | Comments(2)

滋賀県 畑の棚田と琵琶湖バレイ

お盆休み二日目は、滋賀県へ。

この日もパグと一緒なので、少しでも涼しいところへということで
ロープウェイに乗って琵琶湖バレイへ行く計画を立てました。
平地より5℃ほど低くて、ドッグランや犬と一緒に過ごせるテラス席が併設されたレストランもあります。

とその前に、前日の棚田に感動した夫が滋賀の棚田も見たい!と検索を始め・・・

高島市の最西部にある畑地区の棚田を見に行ってきました。
畑の棚田は一か所にまとまっている四谷の千枚田とは少し異なり
人口140人ほどの集落に棚田が点在しています。
約40戸ほどの農家さんが平均20~30枚の棚田を持ち、お米を育てているそうです。
a0107982_21453784.jpg
a0107982_2146068.jpg
a0107982_21483955.jpg
a0107982_214951100.jpg
a0107982_2149789.jpg



特産品として、棚田で作られたこしひかりなどを原料にして
昔ながらの製法で丁寧に作られたお味噌もあります。
a0107982_2150979.jpg


私も買ってきた。まろやかで評判も上々とのことなので、料理するのが楽しみです。
a0107982_21503521.jpg


一時間ほどじっくりと景観を楽しみました。とても楽しかった!
やっぱり私達夫婦は都会より田舎が好きみたい。

そして当初の計画通り琵琶湖バレイへ。
道中、琵琶湖に佇む鳥居を発見!
a0107982_21573321.jpg


駐車場に車を停めたら、日本で一番早いロープウェイにのって5分弱で到着!
a0107982_21554683.jpg

パグの運賃は300円。ケージレンタルもあります。

お盆休み真っ只中とあって、家族連れでにぎわっていました。
お天気も良く、子供が大喜びしそうなアトラクションもたくさん用意されていてみんな楽しそう!
a0107982_21592112.jpg
a0107982_21594294.jpg

甥っ子姪っ子を連れてきたら喜びそうだなぁ。

レストランでご飯を食べて
a0107982_2202699.jpg

ドッグランで少しだけ遊びました。
a0107982_2243361.jpg


平地より涼しいとは言っても、パグには少々暑いようですぐにハァハァするので移動はすべてカート・・・
パグはお犬様です。私たちは下僕。
a0107982_2252516.jpg
a0107982_2211168.jpg

坂道が続くので、パグさんより夫の方がハァハァです。

かき氷で、暫しの涼を。ただの氷と体に悪そうなシロップだけど、それでも幸せ~♪
a0107982_22115691.jpg


景色もいいし、スタッフの方々も優しくて楽しい時間を過ごせました。
もう少し涼しくなったらまた訪れたいです。


帰り道にはいつもこの辺りを走ると気になるアレ。
a0107982_22162429.jpg


今回は足元まで行ってみた。
a0107982_22164888.jpg
a0107982_2217336.jpg

さびさび。でもなんだか惹かれちゃう。

a0107982_22172369.jpg

かわいい。一個だけ欲しいな。庭に置いて楽器の練習部屋にしたい!

当初は一泊二日でお出かけしたいと思っていた二連休でしたが
棚田三昧のお盆休みとなりました。
パグはおおむねいいこでした。
a0107982_22233149.jpg



私は今日は仕事だったのですが、休みだった夫は一人でまた別の棚田を見に出かけました。
なんだかこの二日間でものすごく棚田にハマっているようです・・・


次回は石川県輪島市の棚田を見に行きたいな。
[PR]
by nakashik3 | 2013-08-17 22:28 | 国内プチ旅行 | Comments(2)

四谷千枚田

今年のお盆休みは夫が連休を取ったので、一緒にのんびり過ごしたいと思い
私も職場に無理を言って2連休を頂きました。

一日目、私の実家のお墓参りに行った足で
ずっと行ってみたかった新城市の四谷千枚田を見に行きました。

出発から少々渋滞に巻き込まれたり、実家でのんびりしすぎたせいで
湯谷温泉街をちらりと覗いたのちに千枚田に着いたのは夕方少し前でした。

テレビや書籍で何度か見ていましたが、実際に見た千枚田は想像をはるかに超えた素晴らしさでした。
a0107982_1134677.jpg

a0107982_1142529.jpg

a0107982_1151595.jpg
a0107982_1153752.jpg


手入れも行き届いていて、歩いて見学できるように整備されています。休憩スポットもあります。
人っ子一人いなかったので、水の音と虫の音だけが耳に届きました。
a0107982_118446.jpg
a0107982_1182689.jpg
a0107982_1110663.jpg


のんびり歩くと、この棚田にかかわっている人々の誇りが伝わってくるようでした。

いつまでもこの素晴らしい景色が保存されますように。
稲刈り後の様子もぜひ見に行きたいな。水だけが張られた状態も綺麗だろうなぁ。
[PR]
by nakashik3 | 2013-08-16 11:13 | 国内プチ旅行 | Comments(4)