カテゴリ:taiwan( 20 )

4回目の台湾旅行③

荷物を置いて小腹を満たしたら、もう一度台北駅周辺へ繰り出します。

こちらで足を運びたかったのは、「瓶瓶缶缶容器」というお店。
台北地下街の「Y13出口」からほど近いところにあります。

地上に出ると、ここも旧正月の飾りがたくさん売られていて、なんだか別世界!
a0107982_1129045.jpg


名前の通り、あらゆる瓶や缶などの容器を取り扱うお店です。
見るだけでも面白そうだし、異国料理パーティーなんかをするときに使える
使い捨て容器があるといいなと思って。
a0107982_11301879.jpg
a0107982_11302733.jpg
a0107982_11303980.jpg
a0107982_11304732.jpg
a0107982_11305691.jpg
a0107982_1131482.jpg


実験道具とか、化粧品容器、薬瓶など本当に種類豊富!
いろいろな瓶缶容器があって面白かったけど、食品用紙容器はほとんどありませんでした。残念。
次回は食品容器の卸問屋みたいな場所を探して訪れたい。

その後お土産を買うべく台湾駅や三越の地下でパイナップルケーキを試食しつつぶらぶら。
お土産を購入したら、台鉄に乗って一駅の松山駅を目指します。
a0107982_11354029.jpg

座席指定で10分ほど乗って23元。100円しない・・・台湾は移動費が安くて嬉しいです。
a0107982_11383774.jpg

車内のデザインもちょっとレトロで可愛い。


さて、台湾へ来たら絶対に外したくないのが「饒河街観光夜市」。
a0107982_11402026.jpg
a0107982_11402957.jpg

ここでのお目当ては何と言っても「福州世祖胡椒餅」。
夜市の派手な門をくぐると、すぐに目に入る大行列。この夜市で一番の超有名店です。
a0107982_11434964.jpg

お店の人が生地をこねたり、餡を包んだり、釜に貼り付けたりと、分業制で作業をこなします。
その手際の良さに見とれて、行列待ちも退屈しません。
a0107982_11405270.jpg
a0107982_1141079.jpg
a0107982_1141859.jpg
a0107982_11411865.jpg


焼き上がりは一度にたくさんできるので、一気に列が進みます。
メニューは胡椒餅45元のみ。
a0107982_11414322.jpg

カリッと香ばしい皮に、ジューシーなアツアツの餡。やはりここが一番おいしい!
私はお酒は飲めないけど、コショウがぴっりと効いて、きっとビールに良く合う味付けなので
入口手前のコンビニでビールを買っておくといいんじゃないかと思います。

そして今回は女子旅っぽいことも!
といっても私はヘタレで挑戦しなかったのですが・・・

マキちゃんが挽面に挑戦!糸を使った美顔術です。
夜市のストリートにお店が二軒あります。
なんでも以前アジア放浪中に見かけて以来、是非やってみたいと思ったそう。
今回念願かなっての挑戦というわけで、すっぴん粉まみれになるだの、痛くて涙が出ちゃうだの、
人によっては腫れあがるだのといった前評判も気にならない様子で躊躇がありません。
さすが!カッコいいよマキちゃん!
(でも施術してくれるお店のおねえさんの顔がなぜが真っ赤でもしや・・・と直前にちょっとビビった)
a0107982_1234688.jpg

約30分、二種類の糸を用いてリズミカルに顔の産毛を抜いていきます。それほどの激痛はない模様。
この挽面、産毛だけなく老廃物も取り除き、血の巡りもよくなりいいことだらけらしい。お肌すべすべ。
何だか見ているうちに私もやりたくなってきた(笑)次回は絶対にやるぞ!!
お値段は200元。もう一つのお店でも250元です。


その後アラフォー女の疲れ切った足を癒すべく足マッサージへ。
(こちらでも挽面をやってくれます。こっちの方が有名店かな?)
10分ほどの足湯の後、30分間先生がマッサージしてくれます。
a0107982_12365210.jpg


激痛を覚悟していたけど実に気持ちがいい!疲れが吹っ飛ぶ~♪
a0107982_12361893.jpg

でも油断すると時々激痛が!のけぞる!!
a0107982_12363243.jpg

先生によっても違うのか、はたまた疲労度が異なるのかは不明ですが
マキちゃんはすごい激痛だったらしい!!
a0107982_12371858.jpg

「何をされてもイタイ!」と悶絶しておりました。

マッサージの後の脚は本当に軽く、疲れがとれ、逆に上半身の疲労を強く感じるほどでした。
いいね~、いつか全身施術も受けてみたいよ!

その後雨が降ってきたので、タクシーを捕まえてホテルに戻りました。
マキちゃんは帰りしなに、もう一回あの胡椒餅を買って食べていた!分かるよ~、美味しいもんね。
二日目もよく食べ良く歩き充実の一日でした。


最終日三日目はあいにくの雨模様。ホテル近場で最後の食べ歩きを。
まずは初日の夜にふらりと立ち寄った近くの食堂で朝ごはん。人気店のようでお客さんががいっぱい。
a0107982_12511213.jpg

a0107982_13583986.jpg

a0107982_12512859.jpg

暖かい豆乳と葱油餅を。ほっこりします。
このスタイル、日本の朝ごはんにも取り入れられそう。健康的だし、真似したいです。

その後前日に感動&興奮したあのサクサクドーナツを再度購入し、ホテル向かいのコーヒー屋さんで
台湾の物価にしてはちょっと高価なコーヒーを購入し、楽しみました。
a0107982_1253511.jpg

これで最後!12時のチェックアウトまで本当に食べっぱなしの幸せな時間でした。

いや、それでもね、小龍包もたべてないし、魚丸湯も牛肉麺も肉粥も割包も油条もかき氷も臭豆腐も・・・・
まだまだ食べたいものがたくさんあったのですよ。
私はすごい大食いだけど、それでも二泊三日じゃやっぱり無理があって、不完全燃焼!
なんどでも訪れて、美味しいものを食べつくしたいです。
また行くねー台湾!

そして今回も、台湾の皆さんの優しさに感激しました。
ガイドブックを眺めて立っていると、何人もの人が「お手伝いしましょうか?」と声を掛けてくれました。
タクシーやお店でも正規の料金だし、治安も良くて安心。
私はこの国が大好きです。

一緒に旅を楽しんでくれたマキちゃんにも感謝!ありがとう!
私と同じく食に対する好奇心が旺盛な彼女なので、とっても楽しかった。
お揃いで買った、まな板と包丁、いい思い出になりました。
空港で、最終日が誕生日だった私に台湾のお料理本を買ってプレゼントしてくれたこと、忘れません。

最後に私の大切な夫にもありがとうを。
この旅は夫からの誕生日プレゼントでした。
空港への送迎からパグの世話まで至れり尽くせり。
お蔭で思う存分楽しめました。本当に感謝しています。


今回もオシャレ情報一切なしのオバサン食い倒れ旅日記、お付き合いいただきありがとうございました!

おわり。
[PR]
by nakashik3 | 2014-01-19 13:58 | taiwan | Comments(4)

4回目の台湾旅行②

二日目は豆乳の朝ごはんを食べようと華山市場2階にある阜杭豆漿へ。
私の大好物です。

しかーし!息を切らして上った階段の先、とっても静か。
なんとお休みでした・・・
ガイドブックには定休日は書いてなかったんだけどなぁ。どうやら月曜休みとの情報も。
鹹豆漿(塩味の豆乳)と薄餅油條(揚げパン入り薄焼き餅)を食べたかった・・・
残念だけど、次回までお預けです。


そのまま龍山寺近くの胡椒餅屋へ向かいます。
駅横の公園の細くて薄暗い路地にそれはあります。
a0107982_1285238.jpg
「福州 元祖胡椒餅」
店を構えて50年以上の人気店です。
店の中ではおばちゃんたちが手際よく作業しています。台湾のこういうところが好き!出来たてほやほや!
a0107982_12101441.jpg

大きな釜の中は炭火で加熱されています。
a0107982_12114543.jpg
a0107982_12115599.jpg

その壁面に、胡椒餅をぺたりと貼り付けて焼き上げるのです。ここの焼き時間は30分ほどだとか。
a0107982_12163945.jpg

ここの胡椒餅は生地が厚めで、形はぷっくり真ん丸。
外はカリッとしていて中は柔らかいタイプ。餡もそれほど辛くなくやや甘めで非常においしい!
並んで待った甲斐がありました~!やっぱり胡椒餅は美味しいなぁ。
a0107982_12165466.jpg
a0107982_1217438.jpg


龍山寺辺りには薬草街や屋台やいろいろなお店が並んでとても賑やかです。
a0107982_12234637.jpg
a0107982_1223575.jpg
a0107982_1224617.jpg


お寺の中は熱心に参拝する地元の人々と観光客で大賑わい。
a0107982_12261480.jpg
a0107982_12262367.jpg
a0107982_1226323.jpg
a0107982_12264031.jpg

私も、心優しい台湾の人々とこの国がずっと平和でありますようにとお願いしました。



さて、タイペイ市内にはビルケンシュトックが数店舗あり、日本より格安で購入できます。
サイズがあれば大変にお得!
マキちゃんが日本未発売の色のサンダルがあれば購入したいとのことだったので
近くの西門のお店まで歩いていくことにしました。

途中で粽を買いました。前回のホテルのすぐそばの同じ店で。夫の大好物です。
a0107982_1251261.jpg

もっちりしていて具材ゴロゴロ。ボリュームたっぷり!


サンダルを無事購入したら、西門駅を越えて「阿宗麺線」へ。
a0107982_12521031.jpg

かつおだしの効いたモツ入り素麺です。ちょっと辛くするとますます美味しい。パクチーとも好相性。
a0107982_12514832.jpg

ここのモツは全く臭くなくてやわらかくて他と比べると美味しさがよくわかります。
テーブルや椅子はないので、みんなお店の周りで立ち食いです。
a0107982_12535741.jpg

お供に金柑レモンジュースを。さっぱりしていて美味しいよ。
a0107982_1254932.jpg



その後は今回の旅の目的の一つでもある、屋台調理器具ストリートへ。

台湾は屋台文化が盛んで参入も比較的簡単なので、そのための道具や器具も豊富です。
淡水河沿いの環河南路一段辺りには、そんな屋台グッズなどを扱うお店が並んでいます。
私、ここで中華で使う丸くて厚いまな板と、四角くてでっかい包丁を買いたかったんです。
a0107982_1324591.jpg

↑これね!すっごく重くて荷物の重量オーバーにドキドキだったけど無事持って帰って来たよ!
ちなみにお値段も手ごろで、まな板350元・包丁150元でした。安い~!大事に使うぞ~!
料理人マキちゃんも嬉々と、同じものを購入。
OL友達とかだったらこんなところに長々と付きあわせられないけど、趣味が合ってよかった!
屋台グッズもいろいろで眺めるだけで楽しかったです。

そんな観光客ゼロの場所でも地元の人で行列のできる店が!
鶏肉とご飯とスープのお店です。すごく地味なんだけど、出入りも激しくて期待できそう!
座ると勝手に料理が出て来ます(笑)
a0107982_13123052.jpg

a0107982_1313494.jpg

a0107982_13124026.jpg

これが、すごく美味しかったー。台湾は見た目がとっても地味なお料理が多いんだけど
ほんとうにどれもしみじみ美味しいです。
この付け合せの「下水湯」ってまるで美味しそうじゃない名前のスープも、
具材も何も入ってないんだけどものすごく美味しかった!お代わりしたいくらいだったよ。


さすがにまな板やら包丁やらサンダルやらを抱えての食べ歩きは、ちょっとしんどいので
ここからタクシーを捕まえて一旦ホテルに戻りました。
台湾のタクシーは安全で初乗りも70元ととっても安いので利用価値はとても大きいです。
台鉄の松山駅の観光夜市から中山國小のホテルまででも200元。ありがたいですね。



そして荷物を置いたら真っ先に向かったのがホテルすぐそばの晴光市場!
ここでの目的はサクサクドーナッツ「脆皮鮮奶甜甜圈」!
a0107982_13325161.jpg

以前に教えてもらってずーっと行きたかったんだけど前回は場所も遠かったので断念したのです。
念願のドーナッツ!!オリジナル味の脆皮鮮奶(20元)です。
a0107982_13331950.jpg

見た目はドーナツというより揚げ物っぽいのですが、不思議とくどくなくサクッと軽くてすごく美味しい。
もう、10個くらい食べれると思ったよ、本当に。
これ、どうやって作るんだろう・・・再現できたらいいのになぁ。
いいなー台湾の人はこんなにおいしいものがいつも食べられて!

そのまま晴光市場へ進み、これまた楽しみにしていた「晴光意麺」へ行き卵入りの乾意麺を頂きます。
a0107982_1342278.jpg

a0107982_13424794.jpg

これは汁無しの麺で、すき焼きのような甘い香りのするたれを混ぜ混ぜして頂きます。
これも派手さは全くないのだけどしみじみ美味しい。
a0107982_13434019.jpg

余裕があるのならお豆腐も食べたかったけど、この後夜市へ行くので・・・

胃袋が無限でないことを悔しがりつつ、再び台湾駅方面へ向かいます。

続く。
[PR]
by nakashik3 | 2014-01-17 13:49 | taiwan | Comments(2)

4回目の台湾旅行①

先週末から友人と二泊三日の台湾旅行へ出掛けました。
相変わらず、ひたすら食べ続ける「食い倒れの旅」です。

小食の方や食に興味のない方にとっては、ひたすら胸焼けしそうな旅の記録ですが
よろしければ暫しお付き合いくださいね。
私にとって旅の記録を残すことは、旅の一部であり、のちに振り返ってその時の記憶を呼び起こし
再度幸せな気分を味わうためにも不可欠なのです。


今回もフリープランのツアーをチェックしたら、出発から一か月切っていたこのツアーが激安に!
急だったので無理かなぁと思いつつ友人にメールしたら、「行く!」とまさかの二つ返事だったので
すぐに申し込みました。

飛行機は中部国際空港/午前発:夕刻帰国のJAL。

ホテルはガイドブックにも載っている統一大飯店(ユナイトホテル)。
すぐ近くにスーパーやコンビニはもちろん、一日中店が並ぶ屋台街や晴光市場があり、
食べることに最重点を置いている私たちにとって最高の立地でした。駅も近い!
a0107982_10592515.jpg
a0107982_10593696.jpg

古いホテルですが改装しているので綺麗です。清潔で、ベッドもダブルが二つで申し分ない。
隣の部屋や廊下の声が、部屋まで少々届いてしまいますが、許容範囲かな。
日本語を話せるスタッフもいて、みなさん親切です。
朝ごはんは他で食べたかったので飲み物しか頂きませんでしたが、
ビュッフェ形式で和洋いろいろありました。
評判はイマイチのようですが、美味しそうなものもありましたよ~。
前回同様、バックパッカー経験者にとっては豪華ホテルの部類です(笑)

到着するなり食べ始めます。(当然、空港内のカフェでの朝食も、機内食も完食)

すぐ近くの雙城街の屋台で行列を発見し、並びました。
経験上、行列のできる店はハズレがありません。
a0107982_11292893.jpg
a0107982_11293735.jpg

卵入りの葱抓餅(台湾風クレープ)35元。(1元=約3.6円)。
二本のヘラのようなもので何か所か切り目を入れ、そのまま揉むようして、空気を含ませるように焼いていました。
こうするから層が出来てサクッとしているんでしょうかね。作るとき、真似してみようと思います。
すっごく美味しかったです。
このお店、もう一度行きたかったのですが、朝昼晩と何度か探しても日曜のこの時だけしか見かけませんでした。
また行きたいな~。
a0107982_1130493.jpg

他にも麺線(モツ入り素麺)を頂きました。

地下鉄に乗って、古い町並み&乾物で有名な「迪化街」を目指します。

途中、有名な人気老舗甘味処「雙連圓仔湯」で燒麻糬2つ65元を購入。
a0107982_11582019.jpg
a0107982_11583175.jpg

油でおもちに火を通し、ピーナツとゴマの粉をまぶしたもの。日本のきなこ餅に似ています。
油を使ってるのに、それほどヘビーじゃないのが不思議!

今回は旧正月前ということで、迪化街は以前とはまるで別の場所のような賑わい!
日本の暮れの上野・アメ横といった感じでしょうか。
乾物やお漬物、小吃屋台から正月飾りまで様々なお店がストリート沿いに出展していて
ものすごい人でごった返していました。
a0107982_11563639.jpg

小吃屋台もたくさん出ているうえ、あちこちで試食もできるので、
見たことのないものを試すことが出来てとっても嬉しかったです。
a0107982_12292486.jpg
a0107982_12293626.jpg
a0107982_1229479.jpg
a0107982_1230082.jpg
a0107982_123095.jpg
a0107982_12301897.jpg



花枝丸(イカ団子)もぷりぷりで美味しい~。
a0107982_12125753.jpg


賛否ある腸詰はジューシーで独特の甘さがあって私は大好きです。
a0107982_1220760.jpg


アジアではよく見かけるアナログ絞りのフルーツジュース。
a0107982_12221229.jpg

この時期、残念ながらフルーツは旬のものがすごく少ないのだけど、ミカンは豊富みたい!
ミカンジュース、程よい甘みと酸味で、ものすごく美味しかった!
お店のお父さんと娘さんは控えめに御商売をなさってる風だったけど
おばあちゃんは「オイシイヨ!ミカンジュースヤスイヨ!」となかなか商売上手(笑)
a0107982_12251137.jpg

可愛い笑顔のおばあちゃんと一緒に記念写真。後ろのお兄さんもいい笑顔(笑)

途中、友人マキちゃんは縁結びの神様が祀られる霞海城隍廟に参拝。
a0107982_1244587.jpg

日本語の話せるおじいさんに説明を聞いて、現地の人と同じようにお参りすると
香炉の周りをぐるぐる回ったり、お線香をもって三回お辞儀したり、あちこち移動したりといろいろやることがある模様。
a0107982_12424765.jpg
a0107982_12425690.jpg
a0107982_1243789.jpg

最後にお守りを頂いて終了。これで良縁がやって来るに違いない!!楽しみだね!

迪化街は端から端までどこまで行っても人だらけ―!
a0107982_1254291.jpg

a0107982_12402257.jpg

今回、こんなことになっているとはつゆ知らず出かけたのですが、思いがけない体験ができ良かった!楽しいー!

その後迪化街北方面にある桶屋さんや竹細工の店でショッピングしたら、
すぐ近くにある「寧夏路夜市」へ足を運びます。
ここは下町的な場所で、夕方から深夜2時ころまで営業しているそうです。
今回初めて足を運んだのですが、地元の人に愛されている庶民的な夜市で、
台湾好きリピーターの多くが「一番好きな夜市」と言っているのを見てとても楽しみでした。

その前に入口すぐそばの「賴鶏蛋蚵仔煎」へ。ここも行列の絶えないお店なのですぐにわかります。
ここでのお目当ては鶏蛋蚵仔煎(65元)。牡蠣オムレツです。
お店の方々は非常にてきぱきと仕事をこなします。
a0107982_1313061.jpg
a0107982_13141428.jpg

今まで食べた牡蠣オムレツの中で一番美味しい。行列は嘘をつかない!
本当は蛤のスープも飲みたかったけど、残念ながら胃袋は一個しかないんだよね・・・次回のお楽しみに!

さて、そして夜市へ。
a0107982_13181891.jpg
a0107982_13182948.jpg

ここでのお目当ては「方家」という屋台の鶏肉飯。
芸人の渡辺直美さんも(彼女のお母様は台湾人だそうです)絶賛しているそうなので楽しみでした。
ここもすごい人。さっそく現炒青菜35元と鶏肉飯30元を注文。
a0107982_13365398.jpg
a0107982_133758.jpg

確かにうまーーい!
すでにお腹いっぱい気味なのに、それでも美味しいと感じちゃうんだから本当に美味しいんです!
もう、大満足。思い出すだけで腹が減る!!

そのまま有名店の「鬍鬚張魯肉飯」でも魯肉飯(小)33元を注文。
a0107982_13374447.jpg

a0107982_13372627.jpg

さすがに満腹状態だったので脂の多いこちらは少し重かった~。次回は是非空腹で食べたいね。

そして初日を締めくくるのはデザート。別腹!
「古早味豆花」、こちらも有名店で大行列です。
a0107982_13382075.jpg
a0107982_13384379.jpg
a0107982_13385564.jpg

タロイモの団子の乗った芋圓豆花(35元)を注文。豆花自体は甘くないのでさっぱり。
芋圓がものすごく美味しくてもう一杯食べれる勢いだった。ああ、幸せ~~❤

こうしてまた地下鉄を乗り継ぎ宿に戻ったのですが、その途中でまた小腹が空き
近くの食堂で私は肉まん、マキちゃんは野菜のラップサンドを食べました・・・
a0107982_1345249.jpg
a0107982_13453528.jpg

恐るべし私たちの食欲・・・でもね一品当たりが小さいからそうでもないのよ(言い訳)

そして二日目だって食べまくるのです。
続く。
[PR]
by nakashik3 | 2014-01-16 13:49 | taiwan | Comments(6)

台湾旅行記⑥

こうして楽しかった二泊三日の台湾旅行はあっという間に終わってしまいました。

空港でまた腹が減り、バーガーキングでセットを食べ、機内食も完食し
文字通り食い倒れの旅となりました。
a0107982_1724559.jpg


友人との海外旅行は学生時代以来でずいぶん久しぶりでしたが
本当に楽しくて、たくさん笑いました。
誘ってくれて本当にどうもありがとう。おかげで楽しい旅でした。
a0107982_18205171.jpg



こんなに食べても、まだ食べ損ねたものがいくつかあって(どう考えても全部を食べるなんて無理な話!)
とくに出発前に聞いたサクサクドーナツ「脆皮鮮奶甜甜圈」を食べ損ねたのが残念!
小龍包の「小上海」も豆漿も鴨肉扁も葱餅も・・・挙げたらキリがありません。

でも名古屋から飛行機で3時間の台湾。また行けばいいね。
a0107982_17591597.jpg
a0107982_17592382.jpg
a0107982_17593439.jpg
a0107982_17594631.jpg
a0107982_17595660.jpg


台湾の御飯を家でもたべたい!と沙茶醤など調味料をいくつか買ってきました。
それだけでは飽き足らず、料理本と台湾しょうゆなども最近入手。
すでに麺線などを作りました。また追々紹介できればと思います。

相変わらずの長い旅の記録となりました。
読んでくださった方、ありがとうございました!



おまけ:パグの事
パグが我が家にやってきて、三日も離れるのは今回が初めてでした。
いつもべったりのパグなので、旅の間、実家に預けるのも心配してました。
捨てられたと思わないかとか、いつもと違う環境でストレスになって体調を崩すんじゃないかとか。

実家に着いて、いつものように玄関までお迎えに飛び出してくると思ったので、
感動の再会を動画に収めようと思いました。私はドキドキしていました。
カメラをセットして、玄関で大きな声で「ただいまパァちゃん!!」と言いました。
でもパグはお迎えに出て来ませんでした。寝てました。母に促されてようやく・・・
パグは実家で甘やかされ、十分に構ってもらい、なんだかとても満足げでした。
母は「あなた達がいないことを寂しがってる様子はまったくなかったよ」と・・・マジか、パグ。

犬は意外と適応する。私は学びましたよ。
しかも口の中の潰瘍が実家にいる間に綺麗に治ってた。よほど居心地がよかったのね。
a0107982_18315318.jpg
a0107982_18314994.jpg

でもストレスフリーでいてくれたのなら何より。飼い主孝行だね。
[PR]
by nakashik3 | 2013-04-30 18:41 | taiwan | Comments(4)

台湾旅行記⑤

士林夜市はMRT剣潭駅から徒歩すぐのところにあります。
人の流れが夜市に向かっているので、初めてでもたぶん迷いません。

ここでもいろいろ食べます。(温泉後に食べたものはもう消化したわよ!!)

雨がまた大降りになってきてしまい、傘が手放せませんが、美味しい食べ物屋台がぎっしりの
「美食広場」は大きな建物の屋内にあるので安心です。
この美食広場、数年前にリニューアルされたらしく、以前のごちゃごちゃ感は薄れていました。

屋内は週末で雨模様も手伝ってかものすごい人!!ぎゅうぎゅう!
時に人ごみをかき分け、美味しそうなものを目指して進みます。

生煎包。肉汁がすごくて、服にダラッダラにこぼしました。でもすごく美味しい!
a0107982_1438775.jpg

台湾は粉物が本当においしいですね。

あまりに人が多くて食べ歩きは難しそうなので、テーブルのあるお店で注文。
おなじみの蚵仔煎(牡蠣のオムレツ)、天婦羅(魚のすり身フライ)。
a0107982_14484795.jpg


別のお店でも蚵仔煎。こんなふうに食べ比べるのも面白い。こっちのお店に一票!
どんな食べ物でも、一番の売りにしていたり、専門店だったりするお店の方が大抵美味しいです。
蚵仔麵線(牡蠣入り素麺)。鶏肉飯も。
a0107982_14531816.jpg

牡蠣入り素麺はあっさりしているけどダシがよく効いてとっても美味しい!



食べ物ばかりでなく一階にはお店や懐かしいゲーム屋さんなども並んでいます。
a0107982_162822.jpg

オジサンたち、いい顔してますねぇ。これは輪投げ屋さん。
a0107982_1536857.jpg


美食市場を出たら、士林市場で一番有名と言っても過言でない「鶏排(フライドチキン)」を求め
「士林豪大大鶏排」を目指します。

すぐに場所がわからなかったのですが、あちこちでこれに噛り付いている人がウロウロしているので
「それってどこに売ってるの??」と指をさして聞く、とあっちだよって教えてくれました。
お蔭でスムーズに見つけたよー。
a0107982_1554380.jpg


毎度結構並びますが、行列の先には美味しいものが待っています!
並ぶと先にビニール袋を渡されるので、順番が来たらそれの口を広げて
アツアツ揚げたての鶏排を入れてもらいます。一個55元。人の顔より大きいです。
他のお店は、言えば大抵一口サイズにカットしてくれますが、ここは不可です。よけいに混んじゃうよね。
a0107982_1585216.jpg

雨の中、並んで手にしたフライドチキン、この表情です。いいね~!
a0107982_1514756.jpg

クリスピーでスパイシー!次に行く時もきっと食べちゃうよ!

さてお腹も満足してきたところで、お次は別腹のデザート。
これも絶対はずせない有名店、「辛發亭」へ。かき氷のお店です。創業40年の老舗です。

このかき氷は普通の氷ではなく、牛乳で作った氷を削ったもので、キメが細かくフワッフワ。
メジャーどころのマンゴーとタロイモのかき氷を注文。
a0107982_1545858.jpg
a0107982_15452449.jpg

マンゴーかき氷の美味さはもちろんですが、タロイモの乗ったかき氷もかなり美味しい。

このお店、新鮮な材料にこだわり、防腐剤や人工色素を使わないそうです。お子様にも安心ですね。
他にもコーヒーやピーナツ味、数種類の煮豆とフルーツの乗った「蜜豆冰」なんてのもあって
いつか全種類制覇したい!なんて思います。
a0107982_1548296.jpg

海外のスイーツって、なぜにこんなに・・・って思うほど甘いものが結構多いと思うのですが
台湾はむしろ日本より甘さ控えめというか、あっさりしているものが多いような気がします。

しばらく路地に並ぶお店を冷やかしながら散策していましたが、雨足は強くなる一方で、
おまけにすごく寒い。退散することにしました。

2日目もよく食べました!


さて最終日3日目。お昼過ぎにはホテルを出なくてはならないので
ホテルで朝ごはんを頂いた後(結局2日目もしっかりと食べた)
前日の朝に行った市場にまたぶらぶら出かけました。
a0107982_1654535.jpg


昨日と同じお店で、昨日食べたお肉をまた買おうか・・・と立ち寄ったら
地元の先客のお姉さんが何やら大量にまとめ買いしていて、興味津々。
なんだろう、あれ。なんだか美味しそうだね、なんて言ってたらお店のおばさんが
あごの部分だよってジェスチャーで教えてくれました。
a0107982_1625983.jpg

一番手前のやつね。言われてみれば確かに魚のあごっぽいね。

熱っつ熱の焼きたてを買ってみました。路上で食す私達。
a0107982_1635565.jpg
a0107982_16459.jpg

脂がのっててほくほくで、塩加減も丁度良くてとっても美味しかった!!

その後友人夫婦はコーヒーを欲し喫茶店へ。
私たちは引き続き、気になる食べ物を食べることに。(ここら辺で胃袋の大きさの違いが分かります・・・)

偶然ホテル近くだった「祖師廟原汁排骨大王」へ。
ここは旅の前に人様のブログで絶賛されているのを見かけて、ぜひとも行きたい!と思ったのです。
豚のスペアリブと大根のスープが有名なお店です。あわせて肉そぼろごはんも。
a0107982_1638766.jpg
a0107982_1638359.jpg

これ、めちゃくちゃ美味しかった。あっさりしてるんだけど、うまみがじわーっとやって来ます。
(台湾って、塩加減が絶妙だと思う。今回の旅はそれをすごく感じました。)
肉そぼろごはんも皮付き肉を使っているみたいでものすごくジューシーで美味しかった!

つぎは西門の超有名店で台湾のソウルフードともいわれるらしい「阿宗麺線」。
店の周辺は立ち食いのお客でいっぱいなのですぐにわかります。
a0107982_16413238.jpg

以前食べた時にはなぜかそれほど感動しなかったのですが、今回は唸ってしまいました。
a0107982_16392284.jpg

カツオとホルモンのダシが効いていて、とろとろの麺に絡んで超ウマイ!!パクチーもよく合います。
(前回は後入れの調味料を入れすぎて、辛くし過ぎたんだと思う)
a0107982_16394679.jpg

れんげで食べるのが台湾っぽくていい。

そして道中気になった魚丸のおみせ。迪化街で食べ忘れたのでここで食べておきました。
a0107982_16431519.jpg

a0107982_1954746.jpg

もっちもちぷりっぷりでおいしい。人がたくさん入ってるお店はハズレなし!
a0107982_164529100.jpg

約100円で食べられる幸せ。台湾ったら本当にステキ!!

そして最後にホテル近くの交差点の角にあるお店で肉ちまきを。
お店女の子がね、はにかみながら「オイシイヨ」って。可愛いったら!!
で、ほんとうにすごく美味しかった。ボリュームもすごい。お肉とかぼちゃとシイタケが入っていました。
a0107982_16483215.jpg

a0107982_16484070.jpg

あー、さすがに朝からお腹いっぱい!!満足満足。

あ、あとね、ヤクルトとお茶を混ぜた飲み物があったんだけど、これも意外と美味しかった。
a0107982_1752653.jpg

一番下の「養楽多(ヤクルト)緑茶」ってやつ。
お茶はジャスミンのようなちょっと香りのあるお茶だと思うんだけど、
ヤクルトのあの喉に着くような甘さを和らげてくれてすっきりした飲み口になってます。
これもひそかに家でやってみようと思ってます。

そうこうして膨れた腹を抱えて友達夫婦と再度落ち合い、空港へ向かったのでした。


ラストその⑥へ!
[PR]
by nakashik3 | 2013-04-30 16:11 | taiwan | Comments(2)

台湾旅行記④

迪化街は台北で最も古い問屋街。
歴史を感じさせる沢山の建物と、乾物・漢方・布などの問屋が集まっていて
散策するのに楽しいストリートです。
a0107982_21225599.jpg
a0107982_21231480.jpg

(↑2枚の写真はウィキペディアから拝借)

迪化街に入ってすぐの建物の一階の看板犬。
a0107982_2142440.jpg

控えめに甘えて、本当に可愛い子でした。御主人の言うことをよく聞いてえらいよ。

この建物の2階には美味しいコーヒーを飲めるカフェがあります。お店の名は「爐鍋咖啡」。
オーナーこだわりのコーヒーを飲めるのですが、確かにおいしかった。
ホットコーヒー200元(600円)~と台湾の物価からすると少々高価なコーヒーなのですが
カフェ自体もお洒落でのんびりできる空間なので、散策の途中の休憩にぴったりです。
a0107982_21435670.jpg
a0107982_21442290.jpg
a0107982_21442844.jpg
a0107982_21444979.jpg
a0107982_2146253.jpg
a0107982_21455227.jpg

フリーペーパーや書籍もありましたよ。ゆっくりのんびりさせてもらいました。
一階のお店も可愛い雑貨が売っていて楽しいです。私はカバンを買いました。


a0107982_21473849.jpg
a0107982_2149880.jpg
a0107982_21494862.jpg

引き続きお茶を買ったりしながら歩くのですが、なにせ雨。晴れてたらよかったのになー。
民生西路より向こうに、行こうと思ってた魚丸のお店があったけど
カフェで満足して行くのを忘れてしまいました。
隣のストリートにも足を運べばよかったなぁ。

双連駅へ行くべく民生西路をてくてく歩きます。途中で有名店「古早味豆花」へ。
フルフルの豆乳でできたあっさりプリンです。甘さ控えめなシロップをかけて
甘く似たピーナツや豆、芋団子などを好みでトッピングして食します。
a0107982_224763.jpg
a0107982_2242183.jpg

これも大好きなんだけど滞在時の台湾は肌寒いことが多く
冷たいデザートやフレッシュジュース、フルーツが思いのほか楽しめなかったのが残念!
暑い時期にぜひともリベンジしたいものです。
(その時には芋団子をてんこ盛りにしたい!!)


a0107982_22514875.jpg

さて地下鉄に乗って45分ほどかけてやってきたのは新北投という町。
ここは日本統治時代に日本人が作った温泉街があるのです。
地下鉄でササッと行けちゃうならいってみよう!というわけです。

ホテルの高級スパから日本式銭湯、公共風呂まで様々なのですが
水着で気軽に試せる親水公園露天風呂へ。混浴なのでみんなで入れるしね。
(写真は遠慮しました。興味のある方は台北ナビのこちらのページが参考になります

ここ、雰囲気があっていいなぁと思うのですが、入浴にあたってルールがあるみたいで
湯船で体をちょっと掻いたり、タオルを持って入ったりすると係の人から注意を受けます。
(タオルを浸けようとした地元のおじいちゃんもあちこちのひとから叱られていていました)

どうやら多くの人は善意から注意をしてくれるようなのですが、私たちは中国語がわからないから
何かする度に叱られんじゃないかとビックビク。・・・くつろげない(笑)
ほら、中国語ってちょっと怒ってるみたいに聞こえるしね。台湾の人はとても優しいんだけどね。
観光客は楽しみに来るけど、地元の人は湯治みたいな感じでものすごく静かに浸かっていました。
なんとなく落ち着かないので早々に切り上げました。

なかなか日本ではできない温泉体験だったのでこれはこれで面白かったけど
次に行くなら家族風呂みたいな個室でまったりしたいな。温泉にビクビクは似合わないからね。
(でもお湯はいいし面白体験だったから、百戦錬磨の旅友達にはオススメします!)

お風呂を出ると、ビクビクして落ち着かなかったとはいえ体はスッキリ、足が軽くなりました。
そしたらまたすごくお腹が空いてきたので、駅近くの食堂に適当に入って間食。

ここでもお店のおばちゃんが観光客用の英語のメニューを持ってきてくれたり
身振り手振りで説明をしてくれたり。本当にみんな親切❤
a0107982_22475915.jpg

頼んだものも全部すっごく美味しい。台湾サイコ―!!黙々と食べます。
a0107982_22481169.jpg

本当はもっともっといろいろなメニューを楽しみたかったけど、
今夜もこのあと士林夜市に行って屋台料理を楽しみたいのでグッと我慢。

地下鉄で台北駅まで戻り、駅構内&向かいの三越でお土産のパイナップルケーキを物色。
a0107982_22563033.jpg

あーだこーだと試食で食べ比べをし、両手の荷物を置くために一旦ホテルへ。

ちょっと休憩して身軽になったところで、士林夜市へ繰り出します。

その⑤へ続く
[PR]
by nakashik3 | 2013-04-26 23:04 | taiwan | Comments(2)

台湾旅行記③

さすがに色々興奮し、よく食べ、よく歩き、よく笑ったのでホテルでは一度も目を覚まさずに熟睡。
翌朝、いつもと同じ6時前にはスッキリ目が覚めました。

ホテルの朝食は、外でいろいろ食べたいのでパスしよう、って言ってたけど
コーヒーを飲もうと食堂に行ったら、素朴ながらおいしそうな台湾のお惣菜が並んでいたので
ついつい食べてしまいました。
a0107982_2293363.jpg
a0107982_22115599.jpg

暖かい豆乳やお粥があってお腹にも優しい朝ごはんが頂けました。
(カレーや食パンもありますよ)
スタッフの皆さんもすごく親切にお世話してくれて、朝からとってもいい気分。

さて空はあいにくの雨模様ですが、今日は歩いて1738年建立の龍山寺へ。
ホテルからの道中も、古い建物やお店がたくさんあって、楽しい散歩です。
a0107982_22242980.jpg

a0107982_22274830.jpg
a0107982_2228117.jpg


途中にローカル市場があったので行ってみた。
フルーツから野菜、惣菜、魚介、お洋服から下着、金物まで何でもござれ。
a0107982_22383832.jpg
a0107982_22393899.jpg
a0107982_22391489.jpg
a0107982_2240437.jpg
a0107982_22394051.jpg
a0107982_22403460.jpg
a0107982_2240166.jpg


お肉の総菜屋さんで美味しそうな豚バラのグリルを見かけたので買った!
a0107982_22505239.jpg

a0107982_22511560.jpg

お店のお母さんがひと口サイズにカットしてパックに詰めてくれました。
a0107982_22513666.jpg

これがニンニクと胡椒が効いていて本当にジューシーで美味しかった。
90元(270円)。4人で食べてちょうどいい感じ!結構なボリュームです。

龍山寺に到着。
a0107982_22562449.jpg

ポツポツだった雨もお寺に入るころにはどしゃ降りに!寒い!
a0107982_23453832.jpg

a0107982_22574826.jpg

でもさすがの古刹ですね。人々の熱気が伝わってきましたよ。
私も世界中の人々が陽気に暮らせますようにとお願いをしました。
記念にキーホルダーと交通安全のお守りを買いました。

お寺を出ると急に雨が上がりました。
途中、薬草を扱っている商店街でお茶を買ったり、蓮根茶を飲んだり、胡椒餅を食べたりしながら
a0107982_23384612.jpg
a0107982_23382412.jpg

すぐそばの肉粥のお店「周記肉粥店」を目指します。

入り口付近から店内に向かって行列ができているのですぐにわかりました。
お粥は豚とニンニクの風味が効いていて、お米は割としっかり粒が残っています。
一杯が小さなお椀なので、地元の人は最初から二杯頼んでいる人も。
a0107982_2321285.jpg


相席になった地元の若い女の子は、お粥二杯と数品のおかずを頼んでいました。
そして「紅焼肉」。

こちらはしっかりとした味付けでサクサクジューシー。
あっさりとしたお粥と好相性!とっても美味しかったです。
a0107982_23222381.jpg

a0107982_23215820.jpg

ささっと食べてお店の向かいにある剥皮寮へ。

剥皮寮は日本統治時代以前からの古い建物が保存されているところでちょっとしたテーマパークのよう。
a0107982_23393336.jpg
a0107982_2339858.jpg

レンガ造りの古い建物は素敵ですが、ちょっときれいにまとまり過ぎちゃってる気も・・・
どうも私は生活感の見えるごちゃごちゃの裏路地の古い建物の方に興味があるみたいです。

さてお腹も満足したところで、タクシーを捕まえて迪化街へ向かいます。

その④に続く。
[PR]
by nakashik3 | 2013-04-25 23:48 | taiwan | Comments(6)

台湾旅行記②

観光客にとって、おそらく士林夜市に次いで有名な夜市「饒河街夜市」。
台湾鉄道・松山駅徒歩3分のところにあります。
a0107982_14121686.jpg


何と言ってもここの名物は胡椒餅!!門をくぐってすぐのところに屋台があります。
過去にも並んで食べましたが今回もやっぱり行列。
屋台ではお兄さんお姉さんがものすごい勢いで胡椒餅を作っています。
冷凍品や作り置きを焼くんじゃなくて、その場でせっせと包んで作るってのがいい。
a0107982_14124060.jpg

屋台に限らず台湾のお店って店先で1から作ってるところが多くて、それを見ると嬉しくなります。

並んで手にした胡椒餅、パリパリもちもちの皮から、あつあつの肉汁があふれ出て超ウマい!!
a0107982_14502134.jpg

a0107982_14171770.jpg
a0107982_14171346.jpg

特に友人は胡椒餅のうまさにヤラれ美味しい!!を連呼。
その後違う店でも数回購入。すっかり胡椒餅のとりこに!胡椒餅狂い!

その後もフライドチキンや
a0107982_142628100.jpg


三兄弟のお店の魯肉飯(ルーローファン)。ひき肉そぼろごはん。
a0107982_14264853.jpg


さっぱりゼリードリンクの愛玉。(これ大好き!もっと暑いときに飲むと最高!)
a0107982_14271281.jpg
a0107982_14272531.jpg

もちろんタピオカミルクティーも忘れませんよ。

他にも美味しそうなものがてんこ盛りなのが台湾の夜市。
a0107982_14333215.jpg
a0107982_1434846.jpg
a0107982_1433589.jpg
a0107982_1434523.jpg

a0107982_14284149.jpg
a0107982_14285023.jpg
a0107982_14291172.jpg
a0107982_14292250.jpg


さすがに朝から食べっぱなしでお腹いっぱい。タップタプ。
大満足で夜市を後にしました。
a0107982_14374134.jpg

(夫のお腹が大満足を物語ってる!!風船みたい!!)

そのあと松山駅向こうの衣料問屋街「五分埔」をひやかしたら
再びタクシーに乗って雙城街にある「勝立生活百貨」へ。MRT最寄駅は蘆洲線「中山國小」駅です。
a0107982_14453823.jpg

(写真は台北ナビさんからお借りしました)

ここは台湾のドンキホーテみたいなお店で、台湾ならではの生活用品やキッチュな雑貨、
ばらまき土産がぎっしり詰まっていてとても面白いです。

私たちも面白いものからしょうもないものまでカゴいっぱいお買いものしました。

11時過ぎにホテルに戻ろうと、大きな袋を抱えてこの日初めて地下鉄MRTに乗って帰りました。
台湾の地下鉄は初乗りが20元(60円)で、とてもきれいです。表示も漢字なのでわかりやすい。
台北市内を網羅しているので、タクシーに乗らなくても大抵の観光地に行けます。
早朝6時ごろから深夜12時ごろまで走っているのでとても便利で使わない手はないですね!

そのあともホテル横のスーパーやコンビニををうろうろしたりして煮玉子やらヨーグルトを食しました。
30も後半のメンバーですが、早朝から深夜まで、みんな意外とタフです。

その③へ続く。
[PR]
by nakashik3 | 2013-04-24 15:02 | taiwan | Comments(2)

台湾旅行記①

今回の旅行は二泊三日。

我が家にはパグがいるのですが、今回ばかりは連れていけないので
実家のお世話になりました。
いつもの動物病院のホテルに預けようかとも思いましたが
実家の母が連れておいでと言ってくれたので、お願いしました。本当にありがたい。

前夜にパグとともに実家へ行き、そのため出発は豊川市。

朝6時、車で中部国際空港へ向かいます。高速道路で1時間半くらい。
電車でも行けるのですが、帰りの荷物の事と時間を考えると車の方が便利なので・・
ちなみに中部国際空港の駐車場は一泊1500円です。

7時50分の待ち合わせ頃には空港に到着。無事友人夫婦と合流。
早めの集合で時間があるのでスタバでコーヒーを買ってしばし予習タイム。これも楽しい。
a0107982_21355942.jpg
a0107982_21362130.jpg


そして、行って来まーす。チャイナエアライン CI151便 9:50分発 台北行
a0107982_2141613.jpg

GW前の平日朝だからか、空港はとっても空いていて出国手続きもスムーズ!

機内食は、まぁ、普通。
a0107982_2143243.jpg
a0107982_21432099.jpg


そして現地時間11時55分 台北桃園国際空港着。

ホテルは新仕界大飯店(ニューワールドホテル)。

西門駅徒歩5分で、隣には24時間営業のスーパーがあり、
食べるところも朝から夜まで沢山ありとても便利です。
人通りも多いので夜ウロウロしても全然大丈夫。
龍山寺にも歩いて行けますし、国鉄台北駅も頑張れば徒歩圏内です。

エコノミーランクのホテルなので、カビ臭さとか、うるささなどもあるかなぁと覚悟していましたが
館内はとてもきれいで、周りにも恵まれたのか静かで、個人的に不満は全くありませんでした。
部屋はとてもコンパクトで、日本のビジネスホテルといった感じです。
(口コミなどを見ると星ひとつの評価の方もいらっしゃるので、当たり外れはあるのかもしれませんね)
a0107982_223752.jpg
a0107982_223240.jpg

とにかく、バックパッカー&安宿宿泊経験者には十分すぎる宿です(笑)
セイフティーボックスあるし、NHK見れるし、ちゃんとお湯出るしね!

ホテル周辺を散策したりスーパーを覗いたりして3時のチェックインを待って部屋に荷物を置いたら
タクシーを拾って、大急ぎで台北駅へ行きます。

観光名所、九份へ行くために、3時55分発の瑞芳行きのチケットを買います。

窓口はこんなふう。週末はすごく混んで大行列になったりすることもあるそう。
a0107982_2234136.jpg

余裕をもって行った方がいいかなぁと思いましたが私たちは5分くらいで買えました。
a0107982_2234191.jpg


座席指定の特急で、40分間乗って230円くらい・・・安いねぇ。
a0107982_23211815.jpg


瑞芳の駅の看板、可愛い。
a0107982_2292459.jpg


駅前はわりと賑やか。
a0107982_22212489.jpg

バスもありますが、タクシーで九份まで行きます。九份までは定額制で180元(約540円)。
乗り場に価格表の看板があるので、確認するだけで交渉をしなくてもいいのが気楽。

あいにくの雨でしたが、夜の九份は提灯が灯り美しかったです。
さすが名所ですね。
a0107982_2395567.jpg

a0107982_23104114.jpg
a0107982_23105350.jpg
a0107982_2311387.jpg


もちろん名物を食べることも忘れませんよ。

これは一見鬼まんじゅうみたいなんだけど、全然甘くなくてグニャグニャで、なんだか不思議な味。
a0107982_22262932.jpg


フルフルのクラゲみたいなのは肉圓。中にお肉とイカが入っていて美味しい!!
(肉圓のレシピをネットで見つけたので、いつか絶対作りたい!!)
a0107982_22305671.jpg

このお店、有名店のようです。
a0107982_22313090.jpg


こちらも有名店、頼阿婆芋圓の芋圓(芋ダンゴ)。
a0107982_22401671.jpg

タロイモやさつまいものもっちもちのお団子が入ったお汁粉のようなデザートです。
あっさりと甘さ控えめなので、男子でもペロリ。お団子なので、結構お腹が膨れます。
a0107982_22401572.jpg

これ、美味しかったなぁ。また食べたいなぁ。自分でも作りたいなぁ・・・

甘いものの後はしょっぱいものが欲しくなるよね♪
牛肉麺やワンタン麺もいただきます。ホロホロの牛肉が美味!
a0107982_2246574.jpg
a0107982_22472183.jpg

アジアって麺でハズレってめったにないと思う。美味しい。
a0107982_22464470.jpg


本当はもっともっと食べたいものがあったけど、この後夜市へ繰り出していろいろ食べるため
グッと我慢してくねくねの基山街を降りました。
a0107982_23114694.jpg

ああ、今写真を見直してもやっぱりうまそうだ・・・これも食べちゃいたかった!!


ここからタクシーで一気に台北市内まで戻ります。
日本だったらものすごい贅沢なので、絶対に電車で帰りますが
台湾のタクシーは安いし、さらに4人なので、ここではちょっと贅沢気分を味わいます。

価格は交渉ですが、相場は市内までで1000元(3000円)程度。
事前に調べていきましたが、運転手さんも「台北市内まで1000元です」と最初から言ってくれます。
本当に正直でいい国だ・・・観光地でもぼったくられず安心。
タイのバンコクの運転手さんなんて、40バーツ程度の距離をぜーったいに
「200バーツね!」っていってくるんだもん。
わたし、何度も「いいからとにかく、メーターを倒せ!!さもなくば降ろせー!!」って怒ったよー。
(でもそういうのがおもしろかったりもするんだけどね)

40分くらいで松山駅近くの「饒河街夜市」へ到着。
さぁここでも美味しいものを食すぞー!!

その②へ続く。
[PR]
by nakashik3 | 2013-04-23 23:43 | taiwan | Comments(4)

台湾旅行記 プロローグ

週末に2泊3日で台湾に行ってきました。
私は3回目、夫は2回目の台北です。

今回は友人夫婦と一緒の旅。楽しいに決まってる!!


友人夫婦にどんな旅にしたいか聞いたら
美味しいものを食べることと、古い町並みを見られたら満足との事。
台湾にぴったりの要望!!楽しめる事これまた間違いなし。


飛行機はチャイナエアライン 往路/名古屋9:50発  帰路/台北17:05発
2泊3日ですが、めいっぱい楽しめるようにこのフライトをチョイス。
(名古屋発は他にキャセイとJALがあります)

ホテルはエコノミークラスの ニューワールドホテル(新世界大飯店)西門駅徒歩5分の立地。


お天気は残念ながら雨が降ったりやんだりで、日本と同じように寒気が流れ込み
台湾と思えないほどの寒さでした。

でも本当に楽しい旅でした。

台湾は、大震災の際、世界でダントツ一番の義捐金を寄付をしてくれた親日国。
とにかく人が本当に優しくて、治安もいい。中国語がわからなくても全然大丈夫。
裏路地はなかなかのディープさで異文化を感じられるし
何を食べても本当においしいし、物価も日本よりずっと安いので散財できます。

何度だって行きたくなる大好きな国です。

帰ってきて、もう屋台の美味しいご飯が恋しい。

台湾の匂いのする荷物を開けて、買ってきたプーアール茶とお菓子で残り香を愛おしんでいます。
a0107982_13343687.jpg


なんとかあのおいしいものたちをうまく再現できないものかと
台湾料理レシピのサイトなどを見まくっています。
それだけでは物足りず今から大型本屋へ行ってくるつもり!


ほぼ食べてばかりの旅の記録になりそうですが、忘れないうちに綴っておこうと思います。
よろしければお付き合いくださいませ。
a0107982_13582116.jpg

[PR]
by nakashik3 | 2013-04-22 13:58 | taiwan | Comments(8)