カテゴリ:laos( 11 )

24時間!バス移動

小康状態のおなかをいたわりつつ、ネットでこのバスの評判を調べたり
(ここヴィエンチャンのネット屋さんの相場は1分1円=1時間で60円です)
バスの中で食べるための軽食などを買ったりしていたらあっという間に、17時。
ゲストハウスにピックアップのトゥクトゥクがやってきました。ターミナルまでまで20分位。
町外れのバスターミナルには、ハノイ行きのバス3台のほかにも沢山のバスが
乗客を迎える準備をしていました。
a0107982_1520781.jpg

出発は19時。早い時間に着いたので、前回の最後尾のつらさを思い出し
真ん中より少しだけ後ろの席を確保。現地人のスタッフは、何かというと外国人旅行者を
後ろの席へ送り込もうとするのですが、私は絶対にいやだったので動きません!
負けるもんか!
(現に出発時には、真ん中より後ろの座席はすべて西洋人でした。
空いている席に座ろうとしても後ろに行けといわれるのです。)

乗客がそろったところで予定時刻をそれほど狂わせずに出発です。
ほっと、一安心。ちょっと眠くなってきたなぁ、なんてウトウト…

と、その時!!

スピーカーの音が割れるほどの音量でダンスミュージックビデオが流れるのです!!

タイのあちこちのレストランや街角で、あんた、日本だったら絶対大問題だよと
言いたくなるような爆音BGMを聞いたので、これもこっちの文化なんだ…と
ここヴィエンチャンでも思いたいのですが、それにして大きすぎるよ!
後ろ半分の外国人はみな困惑顔です。
 
でもこれはもしかしたら日本の観光バスが映画を流すように
客に対するサービスのつもりかも…なんてポジティブに考えていたのですが
その音楽が終わると、今度は吉本新喜劇のこちら版みたいなコメディが始まりました!
これがまた変な効果音やら、大げさな笑い声やら、たいそううるさいのです。
おまけに喜劇女優の声がキンキンで頭が痛くなってきます。
何言ってるのかさっぱり分からないので面白くもなんともなく外国人には苦痛なだけ…
絶対サービスなんかじゃない!見たくない場面は早送りとかしてるし!家かよ!
おまけに、スピーカーは車体の真ん中にひとつあるだけなので前のラオ人には
聞こえにくいのか時々ボリュームを上げなおしたりするのです!!
ああああああ!!うるさいいいいい!!なんだ、このバスーーー!!
と思っていたら、我慢の限界を超えた西洋人が前方スタッフに駆け寄りボリュームを下げろと
指示し、なんとか我慢できる普通音量になりました。
んが!スタッフは少し時間を空けると、何食わぬ顔でまた上げ直すのでした。
これが夜10時以降まで何度か繰り返され、翌日の昼間にもまた揉めるのでした…

このバスは24時間かけてベトナムのハノイへ到着するのですが
その道中ずっと走るわけではなく、実際には2時ごろ国境近くのパーキングで停車し、
国境の開く朝6時まで動きません。
みんな眠るのですが、私たちは鼾やら暑さやらで寝られませんでした。
国境到着後2時間半ほどかけて出入国手続きをし(これが本当にしんどくて泣きそうだった)
夜7時ごろハノイのバスターミナルへ到着しました。

爆音やら、イミグレでのベトナム人の横入りやら、鼾やら、本当に疲れました…
ただ、道は舗装されているのでそれほど揺れないし、シートも普通でした。
ベトナムの田舎の景色も楽しめました。
どちらかと言うと、最後尾で峠道を移動したルアンパバーン→ヴィエンチャンの
10時間方が体力的にはしんどかったかなぁ。

長々と記しましたが、私たちがまたアジア周遊をするチャンスをもらったとしても
次回は迷わず空路にします!!三十路越えにはちょっときつい!そんな感想でした。
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-27 15:24 | laos | Comments(0)

懲りない二人

調子に乗って暴飲暴食を繰り返したら、また下痢がぶり返してきました!
毎日暑いから飲み物の量も半端じゃないしね。少し自省しなければいけませんな。

正露丸は効いてくれないし、この後、ベトナムへの24時間バスの旅が控えています。
ものを食べなければ大丈夫なんだけど、さすがに24時間はつらい…
ラオスの下痢には現地の薬を試してみようと思い、ミニマートで下痢止めを買ってみました。
4錠入って45円くらい。なぜか宇宙飛行士の絵が…分かりづらいよ!
a0107982_1415016.jpg

一回に2錠です。一応薬の種類を調べてみたら、よく使われているものだったので安心。
飲んでみたけど今の所効果のほどは不明。効いてくれるといいんだけどなぁ。

今日移動するベトナム・ハノイへ向かうバスのチケットは、宿で手配してもらいました。
定価で20ドルだと、何かで見たんだけど、ピックアップつきで18ドルでした。
24時間乗って1800円って・・・どんなバスなんだろう。
噂は怖いものばかりで、気が重いんだけど、これを嫌がるようではいけないと
気合を入れて出発を待っております。
ああ、どうか荷物の上に寝っ転がるような座席じゃありませんように!!

夫の一言
「二人ともずいぶんと宿の便所に世話になりました。ありがとう」
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-23 14:24 | laos | Comments(7)

ヴィエンチャン観光

見所が少ないと言われるヴィエンチャンですが、パリの凱旋門を模した
未完の戦没者慰霊塔があります。自転車を借りて行ってみました。
a0107982_1452812.jpg

その名はパトゥーサイ。
a0107982_144140.jpg

街が一望できます。なんだかラオスじゃないみたい!
a0107982_147931.jpg


その先1.2キロほどのところにはきんきら光るタート・ルアンがあります。
a0107982_1474573.jpg
 
ラオスは日陰が極端に少ない気がします!暑すぎます。この日は35度。
完全防備で挑みましたが、あまり意味を成しませんでした…
a0107982_1482450.jpg

この3週間でずいぶん日に焼けました。もう、日焼けを気にしてもしょうがない感じ!
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-23 14:11 | laos | Comments(0)

ヴィエンチャンもやっぱり美味しい

下痢が治まったところで、ようやくラオス料理に舌鼓です!
といっても私たちが食べたのは食堂の一般的なお食事。
ラオスは岩塩が豊富とのことで、確かに塩気が効いていてコクがあります。
ちょっとしょっぱいと思うこともありました。でもやっぱりおいしい。
野菜がたくさん取れるのも嬉しいところです。
a0107982_13445528.jpg

あんかけ揚げ麺。
a0107982_1345494.jpg

きしめんの5倍くらいの幅広麺。胡椒が効いてて美味しい。
a0107982_13471681.jpg

ここはフルーツジュースもあって凄く美味しかった!50円から120円くらい!幸せ~!
私たちはパイン、スイカ、バナナなどを頂きました。ドラゴンフルーツも試せばよかったな。
a0107982_13483367.jpg

ミックスベジタブルと牛肉炒め。ヤングコーンの風味が濃い!
a0107982_1350631.jpg

牛肉のジンジャー醤油炒め。生姜がちょっと強いかな?でも美味しい。
a0107982_13523867.jpg

アジアではすっかりおなじみの揚げ春巻き。今のところはずれなし!
a0107982_13534476.jpg

下戸だけど、たまにはビールもね。ラオスのビール、ビアラオ。

このほかにもカオニャオと地鶏の串焼きや、インドカレーなども食べました。
カレーは日本で食べるインドカレー屋と同じで非常に満足。しかも250円くらい。
ちょっと食べすぎかしら??
なんだか最近、ブログのタイトルを「いろんな国でこんにちは」より
「いろんな国でいただきます」にすればよかったかなと思います。
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-23 13:59 | laos | Comments(0)

つらいバス移動

ルアンパバーンからラオスの首都、ビエンチャンへ移動しました。

バスで峠道を越える10時間の移動です。VIPバスで115000KIP(1300円くらい)。
ラオスは山岳の国。なんとなく想像はつきます。
チェンライの宿で会った、私たちと逆ルートで旅をしている女の子がこのバス移動を、
「100万円積まれても二度と乗りたくない!」と言っていたのでかなりの覚悟で挑みました。

しかもこの日の朝まで下痢続き。おまけに雨まで降ってきました。
うう、不安だ。
お腹に何か入れるとすぐに出てくるので、夫と
「つらいけど10時間、飲まず食わずで頑張ろう」と決め乗り込みました。
幸いバスにはトイレもついている!どうにかなるよ!

毎朝8時と9時に出発予定のバスは、なぜかこの日7時に出ると言います。
乗り込んだバスはVIPと言うけれど普通の古い観光バス。なぜかエアコンは効いてなく
みんな窓を全開にしていて埃っぽい・・・
私たちの席は一番後ろでダイレクトに揺れを感じます。ついてない・・・

乗ってまもなく、確かに、つらい・・気持ち悪くなりそうだ・・・
「気持ち悪い」と思うと蟻地獄のように「気持ち悪い」に引きずり込まれる気がして
気持ち悪くない、と念じ、レモンのカキ氷を思い浮かべ、夫のお母さん持たせてくれた
梅エキスを舐め、音楽で気を紛らわせ10時間を乗り切りました。
特につらいのは、うねうね道の続く前半の5時間でした。
覚悟したのが良かったのか、飲み食いをしなかったのが吉と出たのかわかりませんが
私たちは「ものすごく疲れた」と言う感想で終わる事ができました。
せっかくの車窓もすばらしい景色が広がっていたのに、見ていると気持ち悪くなるので
見れずじまいなのが残念でした。

そしてぐったりくたびれ果てて着いたビエンチャン。
今のところ何にもないね、と言う感想しかもてません。
物価も高く、屋台も川沿い以外あまり見かけません。どうなのかなぁ。
お寺はいくつかあるけど。ここはのんびりしておこうかなと思います。

宿は1600円ほどでWベッド・ホットシャワー・エアコン・TV付き。きれいです。
でも私たちには少し高い(!)ので隣の宿に移りました。
そしたらそこは1400円くらいで上記設備がついてもっともっと綺麗でした。
あしたかあさって、ベトナムのハノイに向けて出発しようかと思ってます。
が、これまたバスで24時間・・色々調べてるけど、これもキツそう・・・
飛行機は5日先まで満席だって言うし、いま、情報収集しながら悩んでるところです。
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-21 15:40 | laos | Comments(3)

アジアで初★下痢

噂通りと言いますか、ついにといいますか、夫婦そろって下痢になりました。
(食前食後の方、すみません、一応記しておきたいのです)

フエサイからのスローボートで一緒だった一人旅の女の子が
前日におなかの調子が悪いと言っていて心配してたのですが、
まったく同じような症状が私たちにもやってきました。

その女の子も言っていたのですが、心当たりがありすぎて原因はわりません!
食べたものはどれも美味しく、変なにおいのものなどはなかったけど
何せ屋台料理だしハエだっているし日本の環境に比べたらどれもあやしい。
わたしはなんとなーくミネラルウォーターではない、安い精製水が合わなかったのかなと
思ってますが…

3日間下痢は続きましたが、猛烈な腹痛などはないのでホテルでのんびりしてました。
宿がきれいなところで本当によかったよ。
正露丸飲んで、消化のいいものを食べて今は無事回復しました!
先を急ぐ旅ならこんなハプニングは本当につらいだろうなぁ。
症状が重篤じゃなくてよかったです。

今日の夫の一言
「すごい液体でした!」
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-21 14:47 | laos | Comments(2)

ラオスの美味しいもの

食いしん坊夫婦、ラオスでもひたすら食べまくっております!
タイの各地に比べてここルアンパバーンは屋台は少なめ。
麺屋台、串焼き屋台、おかず屋台、フランスパンのサンドイッチ屋台などがあります。
朝ごはんにはサンドイッチ、豆乳&揚げパンなどをいただいております。
a0107982_122470.jpg

熱々の豆乳を袋に入れてストローをさしてくれますが、熱くてやけどしそうです。
a0107982_123199.jpg

ラオスのカオソーイはタイのそれとは違いミンチがのっていてトマト風味。美味!
ベトナム風麺「フゥー」もあっさりしていて美味しいです。
a0107982_125342.jpg

麺を注文するとつけあわせで野菜がついてきます。これも癖が無くおいしい。
a0107982_12773.jpg

おかず屋台で好みのおかずを買ったら、こちらの主食であるもち米、カオニャオを買って
一緒に食べます。歯ごたえのあるもち米はほんのり甘く日本人好みだと思います!
どんぶりにしっかり二杯くらいの量で60円くらい。
ラオスの料理はタイよりもより日本人の口に合いやすい味付けで、量も多い。
ああ、やばい。美味しすぎて止まりません・・・1日3食にとどめられないのです。
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-18 12:12 | laos | Comments(6)

のんびりまったり

世界遺産の街、ルアンパバーン。
すっかりこの街がお気に入りの私たち、ひたすらのんびりしています。
この街はいくつかのお寺、街を見下ろせる小高い丘、博物館がひとつ、と
そんなに見所があるわけではないのですが、のんびりした空気に包まれ
リピーターが多いと言うのにも頷けます。
人々もそれほど商魂たくましい感じがせず、客引きもしつこくない。
にぎやかなバンコクから旅を始めたから、特にほっとするのかもしれません。

a0107982_11371268.jpg

プーシー(丘)からの眺め。数百の階段を登るのは結構大変!
a0107982_11375639.jpg

ユーモラスなお顔の仏像。誰かに似てるなぁ・・・
a0107982_11411085.jpg


夜になると博物館の前の通りが車両通行止めになり、ナイトマーケットが現れます。
価格も手ごろで、ついつい欲しくなるものも。荷物は増やせないのでぐっと我慢。
Tシャツは意外と使えそうなデザインが多くてかわいい。
a0107982_114455.jpg
a0107982_11444262.jpg

同じようなものが同じような価格で売られてるんだけど、それでも不思議と飽きない。
ちょっと贔屓目に見すぎかしら??

今日の夫の一言
「今日、二本目のタイパンツ(本当の名前は分からないけどウエストをうしろから紐で
 結ぶゆったりとした薄手のコットンのズボン)を買いました。300円。涼しくてすぐ乾く。
 日本でも活用できそうです。」
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-18 11:49 | laos | Comments(0)

ルアンパバーンへ

恐怖の宿をチェックアウトし先日と同じような景色を眺めながらスローボートは進み
全く癒えない疲労感を抱えたままようやく5時過ぎ、ルアンパバーンへ到着しました。
凄く疲れたけど、やっぱりボートの旅、良かったです!

まだ到着して一日も経っていないけど、ルアンパバーンはのんびりしていてすごくよさそうです。
苦労してたどり着いたからなおさらそう感じるのかもしれません。
食べ物も美味しいし、人々も穏やかな感じ。

今回の宿は100000KIP(約1150円)でものすごく綺麗。過去最高です!!
wベッドでファン・トイレ・バス付き。どこもかしこもぴかぴかで文句なし。

ここを拠点にしばらくのんびり過ごそうと思います!
a0107982_13264996.jpg

a0107982_13271412.jpg
a0107982_13275947.jpg

[PR]
by nakashik3 | 2008-04-17 13:28 | laos | Comments(3)

パークベンの恐怖の宿

スローボートでのんびりメコン川を下る旅。
飽きるよ、と言う声も多いし、実際に最初は目を見張る景色にも数時間で正直飽きます。
それでもゆったりとたゆたう混濁したメコン川をのんびり下る旅は
こんな機会じゃないと出来ないので、このルートを選んでよかったなぁと思います。
a0107982_12462685.jpg

a0107982_12465822.jpg

山々と時々そこで暮らす人々の小さな村。水浴びをしている子供たちも見掛けます。
地元のお客さんはなーんにもなさそうな岸壁で下船していきます。
岩場をはだしでひょいひょいっと登り、みるみるうちに見えなくなります。
先には何も見えません。凄いところで暮らしてるんだなぁ、とびっくり。

そんなこんなで夕方5時過ぎ、中継地の村、パークベンへ到着です。
目星をつけておいた宿へ向かいます。新館が清潔でいいらしい!

が、新館は満室ということで旧館へ案内されました。
ツインベッドにトイレ・バス、ファン付き。200B。
綺麗に片付いているし、蚊帳もついてるし、問題はなさそうなのでチェックインしました。
でもこの時、宿の人が何度かドラッグを進めてきたのでちょっと嫌な気分に・・・
ラオスは「ガンシャ天国」なんて言う旅行者も多いようだけど実際に簡単に手に入るようです。
私たちはもちろんそんなものには興味がないのではっきり断ります。いらないってば!!
自分で言うのもなんだけど、私たちは極めて健全で小心者なんだから!!
もちろんラオスでもこれらは違法です。手を出しちゃ、いけません。

そのまま下のレストランへ行き、食事を済ませて部屋へ戻ったら!
なんとベッドが虫だらけ!!しかも見たことのない虫!ギィヤァァ~!!
あわててティッシュでつまみとり、虫除けスプレーを撒き、蚊取り線香を焚きました。
念入りに確認した後蚊帳をおろし、一安心もつかの間、部屋の隅にこぶし大に動くものが・・・
蟻です!蟻の大群が2塊!ゾクゾクゾク~~~!!気持ち悪い!!
列を辿って浴室を開けると・・・・アリアリアリムシムシムシ!!!
半分泣きそうになりながらシャワーでやっつけ夫がシャワーを浴びました。
その後私もビクビクしながらシャワーを浴びていたら、なんと今度は停電!
全く何も見えない状況に、迫り来る虫の恐怖、おまけに私は全裸。もうパニックです。
わめく私に懐中電灯すら探せ出せないほどの暗闇・・・夫だってあわてます。
結局15分ぐらいで復旧しその後は特に何もなく過ぎたのですが、
もう私は心底この宿がイヤになってしまいました・・・
やたら高い物価(レストランや食べ物)に虫だらけに停電。いい想い出はまったくなし。
この旅を始めて、一番悲惨な宿でした。
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-17 13:17 | laos | Comments(0)