<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

最近作ったもの61

ボーダー天竺で、とてもシンプルなAラインワンピースを縫ったら
どういうわけかものすごく短いものが出来た。
チュニック丈で裁断をしてしまったようです・・・

そのまま着たら、ちょっとした拍子に尻丸出しな出来栄えなので
ペチコート的なものを縫って重ね着することにした。
a0107982_22535384.jpg

a0107982_22561581.jpg

これに真っ赤とか、派手色タイツを合わせて着ます。


ここ数日、美味しいもの三昧で明らかに食べ過ぎ。
a0107982_22544057.jpg

食欲の秋もいいけど、ダラダラに弛みきった体を今年の秋こそはどうにかしたい。
毎回口だけですけど、本気で頑張ったら、誰か褒めてくれませんかね??

a0107982_22553258.jpg

パグも私もちっとも減量できません。だって、美味しいもの、我慢したくないんだもの。
[PR]
by nakashik3 | 2013-09-30 23:05 | ソーイング・ハンドメイド | Comments(0)

妄想2

今猛烈に香川県へ行って本場の讃岐うどんを食べたい。
一鶴の親鳥も食べたい。
高松港の北浜地区の倉庫のカフェに行きたい。
欲を言えば島巡りだってしたい。

夫は連休がないので今行くなら一人旅。

名古屋駅⇔高松駅は、夜行バスがいくつかあって
大体どこの会社のバスも夜中の23時ごろ出発して、朝7時~8時ごろに到着。
帰路はほぼその反対。
運賃は早割なら片道¥5000、通常でも¥7000弱。

夜出て朝着いて、一日食べ歩いて、仏生山温泉のオシャレな風呂に入ってちょっと休憩して
また夜行で名古屋に戻る。少々ハードだけど、すごい充実の弾丸一人旅。

こんな旅を結構リアルに妄想中。
グーグルマップでレンタサイクルの場所とかチェックしちゃたりして。
もうそれだけで楽しくって楽しくって。


実行に移すのを何とか抑えているのは、
夫がこれから繁忙期に突入で、休みなく働くのでなんだか申し訳ないのと
せっかくならもう少し計画を温めて、島巡りも含めた数泊の旅にした方がいいかもと迷ってるから。
それなら夫とパグと一緒に楽しみたいなぁと思うから。


でも、うどんを食べたいのは今なのよねぇ。
弾丸ならではの小気味よい疲労もちょっと欲してるしね。



DJパグ。
a0107982_045563.jpg


もういいですか・・・
a0107982_052281.jpg

眠いと抵抗するのも面倒なようで、ヤラセに付き合ってくれます。
うちのパグのいいところ!!
[PR]
by nakashik3 | 2013-09-24 00:13 | 日々あれこれ | Comments(4)

妄想1

昨日は中秋の名月。
今年はすっきりと晴れて、きれいに見られましたね。


月もいいけど団子もいい。
a0107982_18585324.jpg



今ちょっと本気でほしいものがあります。


それは、ピザ釜。


色々調べると、自分で組み立てて作るキットが5万円くらいで売っているようです。

しかも岡崎市に販売店が!!どうしよう!!
昔3年くらい住んでた街だから場所も判るし、一人でも軽トラ飛ばして買いに行けちゃうよ。
このお値段5万円ってのも、ちょっと頑張れば私にも手の出せる金額よ。諦められないわ!
(でもこの借家は、庭はあれど四方が住宅にびっしり囲まれてるから設置するのはちょっと無理かなぁ・・)

HP見ると、パンとか焼きリンゴとかすごく美味しそう!!
アツアツパリパリの窯焼きピザ、作ってみたいなぁ。
もしかしてこれがあったら、台湾の胡椒餅も焼けるんじゃないの??嗚呼、胡椒餅!


実家の庭ならすごい田舎だし、みんなが集まれるスペースもあるから設置できるな・・・・
何の相談もしてないけど、いつか設置する事を勝手に企んでいます。私の家じゃないのに。

みんな、あっつあつのピザパーティーするから、楽しみにしててねーー!!(妄想)


パグは散歩の後は疲れるからか、バタンと転がって呼んでもあまり反応しません。
a0107982_1953679.jpg

でも昨日、団子をすこしあげたので「団子」と言ったらガバっと起き上がりました。
パグも飼い主同様、年中食べ物の事ばかり考えています。
[PR]
by nakashik3 | 2013-09-20 19:09 | 日々あれこれ | Comments(6)

喫茶店

私は生まれも育ちも結婚後も、ずーっと愛知県で暮らしてきた人間なので
喫茶店文化がとても身近です。

愛知県は、諸説あるものの一般的にモーニングサービス発祥の地と認知されていますし
人口に対する喫茶店の数も日本で第三位です。
(意外だったのですが一位は高知県!二位は岐阜県です。)

私たち愛知県民にとっては当たり前の、
「コーヒーの料金だけで朝はトースト&卵、サラダ、店によってはもっと色々付いてくる」
「お昼以降は豆菓子などの小さなお菓子が付いてくる」
というサービスも中京圏以外ではあまり一般的ではないそうですね。
最近は他県でも増えつつあると聞きますが。

以前「餃子の王将」でもモーニングを見かけました。
珈琲に中華丼とか普通のメニューが付いてて400円くらいだったような・・・コーヒー、美味しいのかな・・・
他にもうどん屋さんとか、もはやコーヒーがサービス!みたいなモーニングもたくさんあります。

私自身も学生の頃から喫茶店でコーヒーを飲むという行為が好きなので
ふらりと一人で仕事帰りなどに立ち寄りますし
日曜の朝には、夫が休みを取れたら一緒に「コメダ珈琲」のモーニングに出掛けます。

最近は近所に住む友人に教えてもらった喫茶店がお気に入り。
店内にはアンティークの時計がいっぱいあって、レジなども骨董品を現役で使っています。
a0107982_10133015.jpg

a0107982_10125482.jpg

Jazz喫茶でもあり、店内には心地よい音楽が流れているのですが
20年以上地元で愛されている喫茶店で、気取った感じがないところが気に入ってます。
お客さんも地元のおじさんおばさんで、誰もjazzに耳を傾けてない様子も悪くありません。
店主とお客の「○○さんとxxさんは元気にやっとるのかね?」などといった会話もほのぼのします。
a0107982_10135598.jpg

おまけにここはモーニングの時間が過ぎてもトーストが付いてきます(笑)
豆菓子やバターピーナッツももちろんついてきて、コーヒーのおかわりは100円。
コストパフォーマンス良過ぎです。

おいてある雑誌も旅関連が多いので、私はコーヒーをお代わりしてのんびりゆっくり
ページをめくって、気になる情報を手帳にメモします。
自分では買わないちょっとおじさん向けの旅雑誌などは、新しい発見があって楽しいです。


最近は情報も豊富で、こだわりの豆屋さんもたくさんあるので、自分好みの豆を買って
自宅でも美味しいコーヒーを手軽に飲めますが、あの喫茶店という空間で時間を過ごすのが好きで
街の小さなお店についつい足を運んでしまいます。
平凡主婦の小さな贅沢です。




パグはお義父さんが作ってくれた干し芋が欲しくて欲しくて、一時間くらいずっとクンクンアピールしていました。
a0107982_1095825.jpg

人のことは言えないけど、いやしすぎるって!
[PR]
by nakashik3 | 2013-09-18 10:19 | 日々あれこれ | Comments(6)

最近作ったもの60

多分もうすぐ秋がやって来るので、秋用のパンツを縫いました。

真っ青ツイルと紺色の麻混で。パターンはいつものEvan.
a0107982_12133275.jpg
a0107982_12134357.jpg


青色はやっぱり夏向きだったなー。緑とかくすんだピンクでも縫ってみたい。柄物も!
(以前からそう言いながら結局縫わずじまい。)


パグヤマは脇とお腹、耳がちょっとブツブツしてます。シャンプーで乗り切ります。
a0107982_121492.jpg

鼻水出てるよ!
[PR]
by nakashik3 | 2013-09-14 12:16 | ソーイング・ハンドメイド | Comments(4)

ロモ・サルタード

今日の晩御飯はロモ・サルタード「Lomo Saltado」。
ペルーの代表的な料理です。

a0107982_0271577.jpg

クミンを効かせた牛ステーキ肉を1cmほどの細切りにして
たまねぎやトマト、フライドポテトなどと一緒に炒めます。

豪快でご飯に良く合う日本人好みの一皿だと思います。

具材を炒めて調味料を加えたら、フワーっといい香りが立ち込めて、一気に旅の記憶が甦りました。
私には、これが異国料理を作る醍醐味なのです。
何年も前の記憶を呼び起こすというおまけを貰えるのは、とても贅沢で嬉しいことです。

現地の庶民的な食堂でも何度か食べました。
a0107982_0142912.jpg
a0107982_0144057.jpg

どのお店もてんこ盛りでお腹いっぱいでした。
物価も安くて200円くらいで食べられたような記憶があります。

あぁ、また行きたいなぁ。でも遠いね、南米。


去年の今頃のパグは、形質細胞腫の手術をして毎日通院していました。
その後肥満細胞腫の再発もあってハラハラの秋冬でした。
最近は皮膚の調子がいまいちの時もありますが落ち着いています。
a0107982_0374535.jpg

パグも他の子たちもみんな元気でいられますように。
[PR]
by nakashik3 | 2013-09-11 00:39 | 異国料理を作る | Comments(4)

貝原の棚田

日曜日、私のお昼過ぎまでの仕事を終えた後、
岐阜県揖斐川町美束地区にある貝原の棚田へ行ってきました。
(私が仕事に行っている間に、棚田狂の夫がネットで調べてくれていました)

この貝原の棚田、「日本の棚田100選」には選ばれていないけれど
「 ぎふの棚田21選」に指定され保存会の方に守られているようです。

自宅近所のカレー屋さんでランチを済ませた後、
夫の仕事道具の木鋏を買うために津島市に寄り道したので、日暮れまであまり時間がありません。
まだ夏日が続いていますが、秋は確実に近づいているようで日の入りも少しずつ早くなっていますからね。

西濃の山間を走る県道32号を進むと、知らなければ見落としそうな入口があります。
この日は猪除けの門が閉めてあったので、最初、開けて入っていいのか少し悩みました。
a0107982_21444057.jpg

この門、押さえていないと閉まってしまうので、履いていた靴を脱いで噛ませている夫(笑)
a0107982_2145826.jpg


思ったより大きくて立派です。
a0107982_21454886.jpg
a0107982_2146937.jpg

中腹あたりには樹齢600年といわれる杉の大木があります。
a0107982_21563859.jpg

所々田ではなく畑になっていたり、放置されていたり、廃車や廃犬小屋が置いてあったり。
a0107982_21465222.jpg

a0107982_21494757.jpg

だから100選に選ばれないのかな?でも、そのラフさもよかったです。
あぜには百日草がのびのびと咲いていました。

こちらの棚田もオーナー制度を採用しているようで、
先月にはボランティアの草刈りもあったようです。

夫は友人がプレゼントしてくれた「棚田靴下」を履いて棚田巡り!イカす!
a0107982_2157856.jpg
a0107982_21571887.jpg

今回も隅々までテクテクと散策し、大満足です。

三重の熊野の丸山千枚田もすごく綺麗みたいだから訪れたいなぁ。
[PR]
by nakashik3 | 2013-09-02 22:09 | 日々あれこれ | Comments(0)