<< 麺線を作ってみた 台湾旅行記⑥ >>

最近作ったもの55

先日、昭和テイストのいでたちでお出かけしたいイベントがあったので
あわてて手元にある昭和の布でワンピースを縫いました。


数年前の有松のお祭りの時に、路面にあったお店で買った古いカーテン生地。
(以前にも同じ布で一着ワンピースを縫ったけど洗濯したらギュウギュウに縮んだので捨てた)
確か、50円とかすごい値段だった記憶があります。
私が子供の頃、実家のリビングのカーテンもこんな感じの色違いでした。

a0107982_16172665.jpg
a0107982_16173581.jpg

時間がないのでファスナーも裏地も省略。後ろ開きのかぶりタイプのAラインワンピースです。
袖は7分、丈は膝上。
これにマスタード色のタイツ&アンクルストラップのヒールパンプス。ラクチンスタイルです。

でも、さすがカーテン生地。着心地はよろしくありません。
ちょっと踊ると、ものすごい蒸れるよ!

たぶん今後このワンピースをお出かけ着として着る機会はないと思うのですが
こんなふうにイベント用の服を縫うのも楽しいです。
普段着られないような色や柄で遊べるからね。歳も忘れて、面白い。


実はこの前にもう一枚、古着屋で買った(おそらく)昭和の布で同じパターンで縫いました。
布が違うだけで随分雰囲気が変わるのがよくわかりますよね。
a0107982_16181293.jpg

思った以上に地味で、数色のカラータイツを合わせみてもパッとしないので没。
着てみても楽しくないのです。

もうこの歳になると、いっそ思い切ってはじけた色使いの方がいいのかも。
古着テイストで地味色だと、ほんとにオバサン臭が漂います・・・

イベントでは私より少し若い世代の男女が様々な古着スタイルで音楽を楽しんでいて
それを眺めるのも楽しかったです。
「昭和古着」とひとことで言ってもそれぞれ取り方はいろいろで、ヒッピー、モッズ、サイケ、
ツイギー風、ミニスカート&ホットパンツ、お着物、意味不明etcいろいろあって面白い。

また機会があれば、こんな服を縫いたいです。
[PR]
by nakashik3 | 2013-05-01 16:25 | ソーイング・ハンドメイド | Comments(6)
Commented by iomlove at 2013-05-01 21:48
こんばんは。
同じパターンでも 柄が違う事でこんなにも違う雰囲気が出るんですね
勉強になります。

あのーどちらの柄もとっても素敵で 歳なんて関係ないですよ!!!
 いくつになってもレディーはレディーですから~ほんとに!!

有松って あの有名な絞りの有松なのかしら??
Commented by さとみ at 2013-05-02 10:13 x
ワンピースかわいい!!でも確かに、実家のカーテンもそんなだった(笑)
そうそう、そうだよー。
最近ナチュラルカラーな服を着ると、
東南アジアの農家のおばさんみたいになるから、
ひとつでも差し色に鮮やかな色を足さないと・・・と思っています。
若いときは体からフレッシュさが出せたけどねーー。
欧米のおじいちゃんおばあちゃんってかわいいなぁっていつも思うのは
すごく鮮やかなブルーのセーターや赤のワンピースなんかを着ちゃったりするからだろうね。
日本のジジババ様は小豆色とかグレーが多いもんね。
Commented by nakashik3 at 2013-05-02 21:19
★iomloveさん
そうですね!年齢なんて気にしないで好きなものを選べばいいんですよね!
どうせ80年くらいの命なんだから服ぐらい好きなものを着たいですね。
年々派手目なものに目が行ってしまいます。まだ多少ためらいますが。
この調子だと60歳くらいで毒蜘蛛みたいなファッションになるかも・・・

有松、そうです!有松絞の有松ですよー。名古屋市の緑区にあります。
総絞りの振り袖、ものすごく素敵ですよー。お値段もすごいですけど(笑)
Commented by nakashik3 at 2013-05-02 21:26
★さとみさん
わかる!!ナチュラル系ってちょっと間違えるとものすごく野暮ったくなる!
私もなんだか手を抜いてる人っぽくなっちゃうよ。
さとみさんの赤いコートあれいいね。一気に華やか&可愛い❤

私も日本のおじいさんおばさんにもっとかわいい色を着てもらいたい。
似合うと思うんだよ、シワシワで無駄のそぎ落とされたお顔にカラフルな服って。
ヨーロピアンのおばあちゃんはスカートとかエプロンとか頭の三角巾とか
本当にカワイイの身に着けてるよねー。
私もばぁさんになったら絶対かわいいヤツ着る!!
Commented by iomlove at 2013-05-03 00:08
こんばんは!
あの絞りの有松に着物を買いに行った事がありました。
展示会の為 全ての着物がなかった(涙)ので現物をみるチャンスも
購入もできずじまいで 辻が花に変更した思い出の場所でした。

機会があったらまた行ってみたい有松です。
教えてくださって ありがとう!!
Commented by nakashik3 at 2013-05-03 13:55
★iomloveさま
えー!はるばる名古屋までいらして無かったって!それは大変なご足労でしたね。
でも辻が花も若い御嬢さんに可愛い着物ですよね。お値段は可愛くないけど(笑)
私もメキシコの美術館にフリーダカーロの絵を見に行こうと張り切って出かけたのに
チリの展覧会にに貸し出し中とかでほんのちょこっとしかなかったことが・・・
ものすごい落胆でしたよー。
有松、もしいらっしゃる機会があったら、名古屋の変な食べ物も是非お試しください♪
<< 麺線を作ってみた 台湾旅行記⑥ >>