<< 感激・興奮★アンコールワット プノンペンを歩く >>

ついに憧れの街シェムリアップへ

お城&遺跡好きな夫が、アジアで一番楽しみにしていたのが世界遺産、アンコール遺跡。
5月10日ついにその街、シェムリアップへやってきました。
プノンペンから、キャピタルツアーで手配したバス(一人5.5ドル)で約6時間。
今回は大きなトラブルもなく到着。よかったよかった。

ここシェムリアップの繁華街はプノンペンよりもずっとずっと小さいです。
北にあるアンコール遺跡群以外はそれほど見所もなさそうです。
あちらこちらでたくさんの大型ビルが建設中で、今後まだまだ発展しそうな感じがします。

こちらで暮らしてる方によるとカンボジアはこの一年で、物価がかなり上がったそう。
1年前には50円くらいで出来た食事も今では倍になってるそうです。
そういえばバスも2007年のガイドブックより2ドルも値上がりしてたなぁ。
私達は過去を知らないから、そんなふうに感じないけど、ここカンボジアでも
年々、拝金主義的な人々が増えてきて、残念だという人もいらっしゃいました。
これからも今までのカンボジアならではの良さが減ってしまわないといいのにね。

今回の宿は超有名日本人宿、タケオゲストハウス。
ツイン・ファン・トイレ、ホットシャワー付で7ドル。
毎日無料で洗濯をしてくれるのと、個室利用者には朝ごはん(コーヒー・パン・玉子焼き)が
つくのがうれしいです。
共通部分の廊下は少しざらつくけれど、部屋は掃除が行き届いており綺麗です。
ただ隣が工事中で朝と昼間が少々うるさいのが玉に傷。我慢できるけどね。7ドルだしね。

日本人だらけかなと思ったけど、GWを過ぎてすぐの為か、お客さんはそれほどいない様子。
いらっしゃってもみなさん2~3泊ほどで次の目的地へ移動されるようです。
私達は今までで最長の、10日間滞在する予定です。一週間有効の遺跡入場券を購入して、
毎日少しずつ、ゆっくり思う存分遺跡観光をしようと思っています。
[PR]
by nakashik3 | 2008-05-17 13:15 | cambodia | Comments(0)
<< 感激・興奮★アンコールワット プノンペンを歩く >>