<   2008年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

カオソーイ

北部の名物、カオソーイ。
カレー味のスープ麺の上にさらに揚げ麺が乗っているというもの。
チェンマイ、チェンライと北上して、何度か屋台で挑戦してみたけど
いまいち「うまい!!」と思えるものに出会えませんでした。
麺とスープが作り置きでなんだかパッとしなかったのです。

ですが、昨日のツアーのお昼ご飯で寄ってもらったお店(ツアーに料金込み)でついに
美味しいカオソーイにありつけました!!有名店のようで店内はいっぱい。
a0107982_1355156.jpg

麺にコシもあるし、スープも熱々。ピリッと来る刺激がたまりません。チキンも美味しい。

a0107982_1361162.jpg

そして目からうろこだったデザート。
イチゴシロップ&練乳のカキ氷に、とうもろこし、クルトンみたいなパン、ゼリー、
角切りのメロンが入っていました。
とうもろこし??パン??これはなくてもいいんじゃないのか??と思って恐る恐る一口。
・・・美味しい!!とうもろこしもパンも合うのです!びっくりしたなぁ。
これを日本でやったらおいしいと思えるのかな?きっと現地だからなんだろうなぁ。
あ、だれか日本で試してみます??
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-12 13:17 | thailand | Comments(2)

ツアーに参加

貧乏旅行の私たち、時間はあるので基本は全部自分たちで調べ、足を使い観光するのですが
たまには専門の人に助けてもらいながらお勧めのスポットに連れて行ってもらおうと
宿の催行するツアーに参加してみました。

ツアーの内容は、エアコンの効いた荷台つきの四駆に、日本語の話せる女性と
安全運転をしてくれるドライバー役の旦那様と一緒に、

象さんに乗って1時間山里を散歩。
少数民族の住む村を見学。
タイ、ラオス、ミャンマーの国境「ゴールデントライアングル」へ。

これがね、本当に良かった!!
私たちの滞在している街からはかなり距離があるし、今はピークシーズンじゃないから
きっと交通の便もそれほど良くなく、自力で行くにはとても骨が折れたと思います。
あらゆる疑問質問には日本語で教えてもらえるし、いちいちボラれる心配もしなくていいので
気分的にとても楽で、十分すぎるほど楽しみました。

タイの金銭感覚に慣れてくると、ツアーと言うのはどうしても高く感じてしまいます。
屋台や食堂なら、ご飯や麺は25~30B。日本でも使えそうなチュニックは300Bくらい。
ミネラルウォーターは5~15B程度。ダブルのファン付きの安宿なら1部屋200~400Bほど。
そんな国で一人1700Bのツアーって、一瞬、高っ!!って思っちゃいました。
でも、参加してみて、その価値はあったなぁ、そう思っています。
何度も利用するのは無理だけど、旅にメリハリも付くので今後も一国一回くらいは
参加してみようと思います!

a0107982_1217246.jpg

象乗り体験、想像以上に楽しかった。象の可愛さ&賢さに驚き!

a0107982_1221416.jpg

バナナやパインの木が茂る小道をゆくと、3つの民族の住む村に出ます。
カレン族のこの女性は有名な方みたい。顔が小さいのが美人なんだって。
隣の子供も首に輪をしてますが、皆がやるわけじゃないんだそう。
男の人はしないし、女の人も選ばれた人だけなんだって。

a0107982_12285257.jpg

ケンカしながらも仲良くゴム跳び。どこも一緒だね。
彼らはずっと離れることなく、この村で生きていくんだそうです。

a0107982_12421886.jpg

こんなところまで来ちゃったよ。目の前にはラオスとミャンマーが。
海に囲まれた日本じゃ国境を強く意識す機会は少ない。
川の向こうや門の向こうが言語や文化の異なる別国。
これなら隣国も身近に感じられそうですね。

この週末から15日までタイは旧正月のソンクラン。
町中無礼講で水を掛けまくる「水かけ祭り」の真っ只中です。
帰りはトラックの後ろの荷台に乗せてもらって、バケツ30杯分くらいの水を
頭から浴びる体験もしました!全身水浸し!
今日も朝からあちこちで盛大に行われています。
この模様はまた後日、報告できたらと思いまーす!

今日の夫の一言
「首長族といわれるカレン族、TVの世界だと思ってたけど、本当にいるんだなぁ。」
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-12 12:57 | thailand | Comments(6)

タイの女の子

毎日街歩きをしていると、いろんな事に気がつきますが
最近はタイの若い女の子のスタイルのよさに驚くことが多いです。

日本人より全体的に小柄で、細い子が多い気がします。
肩幅なんかも華奢で、足もほっそり長く、腰も細くて…
なんて書き連ねると見過ぎ!と思われるかもしれないけど、美しいので
ついつい「ほー」と眺めてしまいます。
(タイでTシャツを買おうと思ったけどイカリ肩の私にはどう見ても小さいので
 いまだ買えず。メンズもしくはボーイズを購入するのかなぁ・・・)
タイってちょっと歩けば屋台がいくらでもあるし、
なんだかみんな、いつも何か食べてるようなイメージすらあるんだけど
何であんなにほっそりしてるんだろう。唐辛子効果なのかしら??
それとも日本人以上に美意識が高くて、日々努力してるのかな??

日に焼けてはいるけど、お肌の綺麗な女の子も多いし、
歯列矯正をしている子もたくさん見かけました。
私なんかは、強烈な日差しに汗だくになり、もはやメークも放棄気味だけど
こっちの女の子は汗粒も見せずきっちりメークをして、細身のブラウスなんぞを着てる。

うーん、ぜひその美の秘密を知りたい!!
33歳、妻はシミに悩んでおりますので!!

今日の夫の一言
「綺麗な足だなぁと思ったら、ニューハーフさんでした。声聞かなかったら気付かないかも」
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-11 00:25 | thailand | Comments(2)

バスに揺られて

チェンマイのアーケードバスターミナルから、チェンライへ出発です。
エアコンバスのチケットを購入して、出発は2時間後。3時間40分の旅です。
チケット代金は一人175B。
座席は日本の観光バス程度のもの。布張りじゃないけど。
舗装されてない道やカーブの続く山道もあるので、多少の揺れはありますが
思ったよりも快適でした。お菓子、お水、お絞りのサービスもありました。
a0107982_032372.jpg

今夜のお宿は、有名な日本人宿で、とっても居心地がいい!
日本語の書籍がたくさんあり、NHKも見られ、お客さんにも日本の方が!
久々のほっとするかんじです。ここを訪れた方が居心地がいいって言う理由がわかりました!
wベッド、お湯のシャワー、ファン、窓が二箇所で風通しも最高。250B!
なんだか長居しそうな予感です!
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-10 00:07 | thailand | Comments(4)

チェンマイからチェンライへ

チェンマイでは3泊して、有名なドイステープという山の頂にあるお寺やら
王族の避暑に使われる宮殿を見て回りました。

a0107982_23492338.jpg

タイはいたるところに立派なお寺があり見ごたえがあるのですが
実はそろそろキンキラ光るお寺にも食傷気味だったり・・・毎日だからね。
バチ当たりなセリフですが、正直な感想です。

宮殿の庭は実に手入れが行き届き、すごく素敵でした。
バラやラン、季節の花々が植えられ、ゴミひとつない美しい場所でした。
a0107982_23522041.jpg

こーんなでっかいビッグバンブーが!

のんびり楽しんだチェンマイの後はチェンラーイへ。
今度はエアコンバスで3時間40分の旅です!
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-10 00:03 | thailand | Comments(0)

リクエストにお答えして

夫の小さなお友達、りょうちゃんのリクエストにお答えして。
a0107982_23311466.jpg
一等コンパートメントに大はしゃぎ♪
りょうちゃん、小学校は慣れたかな??
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-09 23:37 | thailand | Comments(1)

初めての寝台列車

ロッブリーの駅から予定時刻を50分遅れでチェンマイへ出発しました。
初めて乗る寝台列車にドキドキ。

一等はコンパートメントの2段ベッド。冷房は効きすぎなくらいキンキンです。
枕もシーツもタオルケットも清潔そのもので、寝心地もばっちり。
さすが一等でした!10時間以上の移動でしたが本当に楽チンでした!
明け方に見た窓からの景色はほんとうにのどかでバンコクの喧騒がうそのようでした。

駅についてからは、しつこい客引きを振り払い、親切な運転手のトゥクトゥクに乗って
ホテルを探しました。
今回のホテルはエアコンなし、ツインベッド、ホットシャワー、テレビつきで350B。
オーナーが日本人だからでしょうか、とても清潔です。
このあたりはバンコクに比べると宿泊費は安く、同じ値段ならよりよい条件の宿に
宿泊できるようです。
気温も多少低くなるので、すごしやすくエアコンがなくても大丈夫です。

私たちはバンコクよりもこっちのほうが肌にあう気がします。

お寺を巡ったり、おいしいものを求めたり、少数民族について調べたりしながら
のんびりしたチェンマイを楽しんでいます。
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-07 22:27 | thailand | Comments(2)

レンタサイクルで

自転車をレンタルして、朝早くから遺跡群を回ってみました。
a0107982_20121458.jpg

朝一番なら涼しいし、と期待したけど今日も8時には30度超・・・
三人の王様が眠るワット・プラ・シー・サンペットへ。
a0107982_2014413.jpg

塔の二つには登ることもできるんだけど、中から猛烈なにおいが!こうもりがいました!
a0107982_20155840.jpg

チェックアウトの時間が迫ってきたので、市場を覗いて宿に戻りました。
a0107982_2018695.jpg

その後また3等車(一人13)Bに乗って1時間半、今ロッブリーと言う街でのんびりしています。
この街はお猿さんだらけ!
20時過ぎに、今までとは打って変わって一等車を利用して(二人で2600B)
チェンマイへ向かいます。11時間の列車の旅、楽しみです!
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-05 20:24 | thailand | Comments(3)

世界遺産アユタヤへ

バンコクでの予定はすべて終了したので
ようやく楽しみにしていたアユタヤへの移動となりました。

今回も一番安い国鉄の普通列車3等での移動です。一人たったの13B(約40円!)。
列車に揺られ一時間半ほど。この間ちょこっと雨が降り、少しだけ涼しくなりました。
a0107982_1948261.jpg

到着後、アユタヤの遺跡には川をボートで渡って対岸に移動しなければならないので
一人3バーツを払い、でっかい荷物ごと乗船。数十秒で対岸に到着です。
a0107982_19484586.jpg

今回のホテルは、すっごくきれい!!初めて裸足でシャワールームに入れると思った!
(今まではぞうりを履いたまま浴びてました。あまりきれいじゃなかったので・・・)
ダブルベッド、バルコニー付き、トイレ・水シャワー、ファンで300B。
エアコンナシに耐えられるか少し心配だったけど、ファンで十分快適だった!
a0107982_195295.jpg

バンコクと違って、夜は屋台もちらほらで、とても静か。人も少ない。
皆バンコクから日帰りで訪れるようだから、こんな感じなのかな。

a0107982_19535294.jpg

まずはなんと言ってもアユタヤといえばこれと言っても過言ではないほど有名な
ワット・マハータートへ。木に取り込まれた仏頭。
a0107982_19563885.jpg

a0107982_19574355.jpg

a0107982_19584617.jpg

1767年にビルマ軍による侵略で徹底的に壊された姿のまま、遺跡はたたずんでいます。
寺院は破壊されほとんどすべての仏像の首を切り取られています。
心のよりどころをめちゃくちゃにされてしまった、当時の人々の悲しみが伝わってくるようです。
私は敬虔な仏教徒ではありませんが、それでもそっと手を合わせたくなるような場所でした。
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-05 20:10 | thailand | Comments(0)

無事、受け取った!

4月4日金曜日、日本にうっかり忘れてしまった国際免許証やイエローカード、
マイレージカード、保険証書をバンコク中央郵便局で受け取りました。

この件に関しては、本当に反省しきりです。
幸いにもバンコク中央郵便局止めで受け取りが可能と言うことがガイドブックに
載っていた上、妹が国際郵便に慣れていたおかげで無事最短期間で手元へ。

こちらでの受け取りはパスポートを提示して、手数料1バーツを払うだけ。
郵便局員に「日本からの郵便を受け取りたいんだけど」って英語で聞けば
受け取り窓口を教えてもらえます。

ついでに、持ってきたけど使いそうにない衣類と、早急に送ってくれた妹に感謝のしるしとして
バンコクで買ったチュニックを2枚送りました。
箱代は15バーツ、普通の郵便で送料202バーツでした。
400バーツくらい払うと保障されるのか、受け取り証明をもらえるのか、よく分からないけど
(局員さんの英語が超早口で聞き逃しちゃった)より確実な方法もあるみたいです。
私が使ったのは最も安く送る方法です。最悪、届かなくても困るもんじゃないから。

これでやっとバンコクから出られます!

妹よ、育児真っ只中で忙しい身の上なのに、迅速確実な行動を有難う!!
うっかりねえさん、以後気をつけます!!

夫の今日の一言
「朝一番、郵便局に向かう途中に、犬のうんこをついに踏んでしまいました。
 これで、運が付く、と前向きに考えています・・・」
[PR]
by nakashik3 | 2008-04-05 19:19 | thailand | Comments(0)